「インターフェース」ってどういう意味? わかりやすい使い方と例文【スグ使えるビジネス用語集】

2018/02/16

ビジネス用語


■「インターフェース」の使い方が理解できる例文

・「ハードウェアインターフェースを改善して効率化をはかろう」

機器と機器の接点となっている部分を改善することで、作業効率をアップさせようという意味です。

・「配信用のインターフェースを用意しておいてください」

配信のために必要な機材を準備しておいてほしいという意味の例文です。


・「Webサイトのユーザーインターフェースを改善し、ユーザビリティを向上させよう」

Webサイトをユーザー(使用する人間)側の操作しやすい状態にすることで、ユーザビリティ(使いやすさ、使い勝手)をよくしよう、という意味の例文です。

■「インターフェース」の意味と使い方 まとめ


「インターフェース」の意味と使い方を解説しました。スマホやパソコンが一般的にも普及したことで、「ハードウェアインターフェース」「ソフトウェアインターフェース」「ユーザーインターフェース」のどの言葉も、身近なものになってきていますよね。特にスマホやパソコンなどの電子機器を使用している人なら誰でも「ユーザーインターフェース」を使用しています。

「インターフェース」と、いう言葉はおもにコンピューター関連の用語として使用されることが多い言葉ですが、どんな業界で働く場合にも覚えておいて損はないでしょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]