フィードバックの意味とは? ビジネスシーンでの使い方を例文付きで分かりやすく解説!【スグ使えるビジネス用語集】

2021/03/30

ビジネス用語

ビジネスシーンでのフィードバック(FB)とは、主に業務内での行動などについて評価した結果を、行動した人や対して伝え返す場合によく使われます。元々の意味とは少し違いますが、今回はそのフィードバックの意味から使い方や例文までをご説明していきます。

フィードバックの意味

フィードバックとは、業務内での行動や成果物に対する評価を、行動した人や会社に対して伝え返すことを言います。
フィードとは英語で「Feed」です。Feedの意味は食べ物を与える、つまり栄養を与えることを意味します。

「Back」は「返す」ですね。フィードバックする内容は、どんなものであっても返される側にとって活かせるもの、糧になるべきものという意識が大切です。フィードバックは評価する側が、評価される側のモチベーションを上げ、能力を向上させるために行われるものなのです。

フィードバックの使い方

フィードバックは、もともとはITや工学の世界で何らかの出力されたものを修正、調整などの改善を目的に、入力した側に返すこととして使われていました

今では上記の使い方が一般的なビジネスシーンでも活用されるようになっています。

例えば上司が部下の評価をし、それが昇給や昇進に反映されるだけでなく、具体的な称賛や指摘、改善点を与えることにも用いられます。

消費者が商品やサービス、応対の感想をメーカーや企業側に伝えたり、メディア上で公表したりするのもフィードバックです。

指摘や改善点などを活かし、より良い方向に改善、向上していくことを目的とします。

フィードバックの例文と実例

フィードバックが実際のビジネスシーンではどのように使われるか、例文を上げてみます。メールや文字として書くときはカタカナでフィードバックとする以外に、省略してFBと書かれる場合もあるため、覚えておきましょう。

例文

・お客様からのフィードバックを新製品の開発に活かす。

・〇〇さんのFBをいただけますと幸いです。

・部長のあのときのフィードバックのおかげで改善することができました。

自分の仕事での行動を振り返り、自分で評価していくことも、一つのフィードバックです。ここで実例を紹介しましょう。

実例

1.取引先のお客様に誤送信をしてしまった(事実)

2.なぜミスが起きたのか原因を分析、同じ過ちを繰り返さないための具体案を考案する(フィードバック)

3.具体案を実行する(改善)

うれしいフィードバックを受けるとき、厳しいフィードバックを受けるとき、さまざまです。ビジネスで受けるフィードバックは、どちらであっても有り難いものであることを知っていると、受け止め方も変わってきますね。

フィードバックを正しく受け取ることで、改善点を明確にし、次回以降の行動に活かすことができます。一方で、フィードバックを送る方は受け手の改善になるよう、一方的でないか、一貫性はあるか、理論的であるかといった点に注意を向ける必要があります。

▼こちらもチェック! マーケティングでよく聞くセグメントってどういう意味? その意味とビジネスシーンでの使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る