マーケティングでよく聞くセグメントってどういう意味? その意味とビジネスシーンでの使い方を例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/15

ビジネス用語

■セグメントを使った例文


セグメントがビジネスシーンでどのように使われるかをご紹介します。

●マーケティング
・市場の消費者層を年齢別にセグメントに分けてみる。
・顧客の種類を利用頻度ごとにセグメントして考える。
・マーケティングの分野では、市場や顧客の状況などを分けるときに、どんな軸でセグメント化するのかがカギになります。最適軸を見つけることが大切です。そのいい条件としては、4つの基準軸(優先順位、有効性、実現の可能性、計測の可否)などをもとにセグメントすることが有効とされています。

●経営・会計
・自社のWEBに事業別のセグメント情報を開示する。
・売上高の地域ごとのセグメント情報を分析する。
・数字に関わるセグメントの場合は、単に区分けするだけでなくその中にある情報が重要視されます。

マーケティングや戦略を練るときには、しっかりセグメント化して考えることが大切です。社会が多様化していく中で、必要とされるものを特定する際に役に立ちます。また、経営・会計ではセグメントの中からみる情報がどんなものなのかが重要です。このように、セグメントはビジネスのさまざまな場面で活用される言葉です。しっかり意味を押さえてビジネスマンとしての基礎知識をつけましょう!

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]