知らないと恥ずかしい? ビジネスでのサマリーの意味と使い方って? 例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/15

ビジネス用語

■サマリーの言葉が使われる例文


実際のビジネスシーンでサマリーが使われる場面をみていきましょう。

・「さっきのミーティングのサマリーを周知しておいてください」
・「先月の売り上げのサマリーはもう出た?」
・「先にご提案するサマリーだけでもお送りしますね」

「サマる」という人もいるようです。使うときには相手が理解できるか注意が必要ですが、知っておくと便利でしょう。
・「企画書をサマッといてくれる?」

サマリーは、「要約」「概要」という意味を持つことから、文章だけでなく図やチャートで作成されることもあります。サマリーには長い文章やデータを読まなくても見てすぐに内容がわかるという大きなメリットがあります。文章も短めで、箇条書きで整理されていることが多いのが特徴です。

それがサマリーとは知らずとも、ビジネスシーンで行っている資料作成や報告は多いのではないでしょうか。サマリーの意味を知っておけば、「サマリーをご確認ください」と言われたときに、すぐに何のことかがわかるようになりますね。文書作成のときなどにも、概要や要約の代わりに使える言葉ですので、この機会にしっかり憶えておきましょう。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る