最近よく聞く「アウトソーシング」の意味と使い方は? 例文つきで解説【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/15

ビジネス用語

■アウトソーシングの例文


ここでは、アウトソーシングという言葉を利用する場合の例文をご紹介します。アウトソーシングを行うことになった場合には、例文に従い利用してみると良いでしょう。

例文1:運用業務はアウトソーシングを依頼しましょう
例文2:アウトソーシング先を探してください

例文1では、自社で煩雑になっている業務を整理したい場合や、コスト削減を行いたい場合に用います。運用業務は定常業務が多く、マニュアル化しやすいもの。しっかりしたマニュアルがあれば、社員が行う必要もなく、外部会社に委託することが可能です。また、アウトソーシングを行うことでよりしっかりとした運用と、レポートが期待できることでしょう。社員が行うよりも、外部会社に委託する方がコストを削減できる場合が多くあることもメリットです。

例文2では、すでに自社で行っている業務を外部に委託したい場合や、新規ビジネスの立ち上げで技術や工数が自社にない場合などに用います。上手にアウトソーシング先を見つけることで、より確かなビジネスへの発展へとつながることでしょう。

アウトソーシングの意味や使い方をご紹介しました。これまで間違った理解だった人もなかにはいるのではないでしょうか。アウトソーシングはあくまでも外部会社への委託です。アウトソーシングを行う際には、NDA(機密保持契約)をしっかりと結び自社を安全に保つことが大切です。

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]