例文つき! 今さら聞けないBtoBの意味と使い方【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/15

ビジネス用語

ビジネスでよく使われるBtoBの意味をみなさんはご存じでしょうか。BtoBのほかに、BtoCやBtoGなどもありますよねビジネスシーンでは、頻繁に打ち合わせなどで使われる用語になります。正しい意味と使い方を理解して、打ち合わせで恥をかかないようにしましょう。例文をもとに、積極的に使ってみると覚えるのが早いかもしれません。ぜひ例文を参考にビジネスシーンで活用してみてくださいね。

▼こちらもチェック!
例文つき! 「あいみつ」の意味とビジネスシーンでの使い方【スグ使えるビジネス用語集】

■「BtoB」の意味とは?

ビジネス用語であるBtoBは、企業間取引という意味です。対法人相手の取引のことを指しています。「B」の意味は、「Business」のBなんですね。企業から企業の取引を行う場合や、サービスを提供する際に使われる言葉です。また、BtoCは対コンシューマーという意味で、一般消費者向けの取引やサービスを指して利用される用語になります。

■「BtoB」の使い方

BtoBは、企業向けのシステムや、ネットワーク、商品など、企業向けのサービスを指して利用することが多いです。また、エンドユーザーがコンシューマー(一般消費者)ではなく、企業となっている会社のことを「BtoB企業」などと呼ぶこともあります。使い方はさまざまで、企業向けの製品やサービスを作る場合などに「BtoB向けに提供しよう」などという場合や、「BtoB企業をターゲットに説明会を開催しよう」などのように使われます。

次のページBtoBの使い方を例文でチェック!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

ビジネス用語の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]