「報連相(ほうれんそう)」の意味と使い方は? ビジネスで報連相を実践するポイント【スグ使えるビジネス用語集】

2016/11/14

ビジネス用語

◆今すぐ実践! 報連相のポイント


「じゃあ何かあったらとりあえず報連相しとけばいいんでしょ? 」と考えたあなた、報連相にもポイントがあります。それは、「タイミング」と「伝え方」です。依頼された仕事の経過に関しては随時報告し、仕事の結果や緊急性を要する件に関してはすぐに報連相するなど、内容に応じた使い分けが大切です。また、毎回だらだらと話をされたら、聞いている方も疲れてしまいますよね。伝えるときは結論から、5W1Hを意識して簡潔に伝えることを心掛けましょう。忙しい上司に対しては、この2つのポイントをしっかりとおさえた報連相を徹底しましょう。

◆相手の立場に立って適切な報連相を

また、報連相の際には相手の立場に立って適切なタイミングで適切な内容の報連相を行うことが大切です。ポイントとしても挙げましたが、的外れなタイミングでの報連相は相手を不快にさせます。また、何を伝えたいのかわからない報連相も、相手を不安にさせたりイライラさせたりすることにつながりかねません。逆に、相手の気持ちを考えて適切なタイミングで簡潔に要件を伝えられれば、チームとしての生産性も上がりますし、信頼感も生まれます。何事も相手をおもんばかる気持ちが、相乗効果を生み出すのです。

◆さいごに

いかがでしたか? 「報連相」の大切さ、理解していただけたでしょうか。簡単なことのようで、日常を振り返ってみるとなかなか実践できていない人が多いことだからこそ、しっかりと徹底出来ている人は周りの人や上司から信頼されます。信頼が生まれることで、仕事を任してもらうことにもつながるでしょう。あなたも自分の日常や仕事を振り返り、もしまだ徹底できていないと感じたら、2つのポイントを意識して早速今日から意識して報連相を行っていきましょう!

文・学生の窓口編集部

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

新生活準備応援クーポン特集

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る