手取りの意味とは? 額面、月収との違いは? 給与明細の仕組みを知ろう

2018/02/08

給料・年収

◆手取りに関わる源泉徴収について

月給と手取りの違いを簡単に説明すると「源泉徴収を引かれる前と後」と言えるでしょう。そこで「源泉徴収」とは何かというと、社員に支払う給与から、会社が所得税を天引きをして国に収めた金額と考えると理解しやすくなります。働いている人は国に所得税を収める義務がありますが、個人ではなく会社が代わりに税金を収めてくれることを「源泉徴収」と呼びます。

源泉徴収額と年収が記載されている公的な「源泉徴収票」という明細書でいくら徴収されたかを確認できます。他にも年金受給者向けの「公的年金等の源泉徴収票」などもあります。

◆手取りと額面の違いをきちんと把握しておこう

ここまで来れば何となく手取りが理解できたと思います。もう一度確認すると、額面とは会社から雇用者に支払われた金額で、そのまま受け取って使える給与ではありません。そこから所得税や住民税などの税金、そして社会保険料を会社が天引きした後に支払われた金額が手取りです。一般的には額面の8割が手取りの金額と言われていますが、扶養家族や社会保険が完備されているかなどで金額が変わってきます。また労働組合費なども引かれる場合があるので、給与明細書を必ずチェックしましょう。

◆さいごに

給与の額面と手取りの違い、月給と月収、源泉徴収の仕組みなどをご紹介しました。額面と手取りの違いを理解すれば、『あれ? 給料が約束と違う……』という勘違いは回避できます。また自分の給与明細書を理解することは、社会人として最低限の常識でもあります。また就職した会社員だけでなく、アルバイトでも源泉徴収は行われます。月々の給与明細書と源泉徴収票は必ずチェックし、手取りや額面の細かな内容も理解できるようになりましょう。

文・学生の窓口編集部

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

給料・年収の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]