「お忙しいところ恐れ入りますが」をビジネスメールで使う際の注意点と適切な用法【例文つき】

2018/02/13

電話・メール

■「お忙しいところ」と同様の意味を持つ例文

「お忙しいところ恐れ入りますが」はビジネスメールでとても便利な表現ですが、まったく同じように使い過ぎると機械的な印象を持たれかねません。いくつかのパターンを覚えておくとスムーズにメールを作成できるようになります。覚えておきたいのは「ご多忙」と「ご多用」の二つの表現です。どれも忙しさを表す敬語表現であり、「お忙しいところ」と置き換えて使うことができます。

典型的な例文として、

・ご多忙のところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願い申し上げます
・ご多用の折、誠に恐縮でございますが、ご検討いただければと存じます
・ご多忙中とは存じますが、ご都合が合いましたらご参加いただければ幸いです

といった表現が可能です。どれも「お忙しいところ」を用いて類似表現をすることは可能ですが、「ご多忙」や「ご多用」を用いるとより敬語表現としては丁寧な印象を与えると知っておくといいでしょう。

また、「ご多忙」と「ご多用」の違いを気にかける人もいるのには注意しましょう。忙殺という表現からもわかるように「ご多忙」にマイナスイメージを抱く人もいます。それに対して用事が多いという程度の意味合いになる「ご多用」を好む人も多いため「ご多用」がより万人受けする無難な敬語です。
実際にビジネスメールを送る際は「お忙しいところ」は以下のように使います。

<ビジネスメールの例文>
-------------------------------------
○○会社
営業部
××様

平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。
△△株式会社の佐藤です。

先日はお忙しいところお時間をいただき、誠にありがとうございました。
お話しいただいた○○について、ぜひお受けしたいと考えております。
つきましては、詳細とお見積もりをお送りいただけますでしょうか。

ご多忙中恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------

■ビジネスメールでは制限・指図はNG

「お忙しいところ恐れ入りますが」と切り出して依頼をする場面はビジネスではよくあります。しかし、ビジネスメールの基本マナーとして覚えておきたいのは、相手に対して制限をかけたり、相手に指図をしたりするのはマナー違反であるということです。いくら相手を気遣って「お忙しいところ恐れ入りますが」と言ったとしても、気遣いが反映されていないメールになっていては元も子もありません。ただの定型句として利用されているとしか相手は受け取ってくれないでしょう。

メールは多くの情報をまとめて伝えられる点で会話とは違います。やり取りを簡単に済ませようと詳細な内容を一度に伝えてしまおうと考えることもあるかもしれませんが、詳細を伝えてしまうと相手が断りづらい状況を作ってしまう可能性もあります。

そのため、「お忙しいところとは存じますが、お早めのご返信をいただければ幸いです」と伝えたり、具体的に返信期日を伝えるのも少々マナー違反です。自分の都合に合わせるように指図することは望ましくありません。ビジネスメールを書く際にはうっかりこういった表現をしてしまわないように気をつけましょう。

いかがでしたでしょうか? ビジネスメールにおけるビジネスシーンにおける「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は相手を敬い、自分をへりくだる気持ちが表れる重要な表現、中でも「お忙しいところ恐れ入りますが」は相手を気遣う気持ちが表れる重要な表現です。適切に使用して、丁寧で好印象な言葉遣いをするように心がけましょう。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

電話・メールの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]