「お大事に」は敬語? 正しい意味と使い方を知ろう【定型文つき】

2018/02/13

ビジネス用語

体調を崩してしまった人に対してよくかける言葉に「お大事に」や「お大事になさってください」があります。普段から何気なく使っている場合が多いものの、その本当の意味は理解できているでしょうか。また、社会人になってからは同僚だけでなく、目上の人やお客さんとの付き合いも増えていくでしょう。その際に相手の体調を気遣う表現として、「お大事に」という言葉を使用していいのでしょうか?

「お大事に」や「お大事になさってください」は正しい理解をもって、時と場合、相手によって使いこなせるようになっておくのが賢明です。そこで今回は、お大事にの正しい意味と使い方を解説します。

■「お大事に」の意味とは

「お大事に」は省略された言葉であり、最も単純に文にするなら「お大事にしてください」の略ということができます。基本的な意味として、相手の身に起こってしまっている体調不良に対して気遣いの意味を示す言葉であると理解しておきましょう。その意味を考えればわかる通り、相手を気遣う気持ちを示したい状況なら、いつでも使用することができます。相手に対して病気や怪我を気遣って、早く治るように祈っていますという意思表示ができる便利な言葉であると言えるでしょう。

解釈の仕方によっては「お大事に」の一言だけでも、「お身体をお大事になさってください」「お大事になりませんようにお祈りしております」などと同様に、敬語表現と考えることができます。
ただし、「お大事に」はやはり省略表現ですから、解釈次第で意味が変わる言葉であり、文脈に応じた解釈が要求されるのが実情です。相手に解釈を要求するため、場合によって意図していなかった意味でとらえられてしまう可能性もあります。敬語として使用するのに問題はない言葉であるものの、他の表現が適切な場合もあると理解しておきましょう。

■「お大事に」を目上の人間に使う場合の正しい使用法

基本的には「お大事に」という言葉は敬語として使用することが可能であり、目上の人に対して使用するのは差し支えありません。しかし、省略された言葉であるのは事実です。その点を気にかけてしまう神経質な人もいるでしょう。そのため、省略せずに正しく表現するのが目上の人に対する「お大事に」の正しい使用法です。

■「お大事になさってください」は敬語として正しい? 

「お大事に」のより丁寧な言い方として、「お大事になさってください」という表現はもっとも単純明快で使いやすい敬語表現になります。会話の流れで使う場合など、口頭で伝える際にはこの表現で問題ないでしょう。

<例文>
―――――
・「お風邪を引かれたのですね。お大事になさってください。」
・「病院に行かれるのですか? くれぐれもお大事になさってくださいね。」
―――――

■「お大事になさってください」をメールで伝える場合の表現

メールなど文面で伝える際には、もう少し工夫をすると意思が伝わりやすくなります。「お大事に至りませんようお祈り申し上げます」と表現すると、病気や怪我が大事に至らずにすみやかに回復してほしいと願っている気持ちが伝わりやすくなるでしょう。このような形で敬語表現を使い分けると、目上の人からも評価を得られるかもしれません。

<例文>
―――――
〇〇様がご病気のため、来週の打ち合わせ延期を希望されるとお伺いいたしました。
日程についてはまた後日、ご相談させていただけますと幸いです。
お大事に至りませんよう、お祈り申し上げます。
―――――

次のページ「お大事に」以外の敬語表現とは

関連記事

おすすめの記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]