立ち直れない! 社会人に聞いた「〇〇ロス」状態になってしまった経験「FF10ロス」「タモロス」「西島秀俊ロス」

2016/03/05

付き合い・人間関係

自分にとって大切な存在がいなくなったら、どうしたらよいのでしょう。心に空いた穴を埋めるのは、簡単ではありませんよね。喪失感から立ち直れず、ロス状態に陥ってしまったことはありますか? 社会人男女のみなさんに聞いてみました。


Q.何かを失い「○○ロス」に陥ったことはありますか。
はい……51人(11.7%)
いいえ……384人(88.3%)

はいと答えた人が約11%と、およそ10人に1人以上は経験があるようですね。それでは、どんなことでロスになりましたか?

■家族の一員でした
・「ペットロス。これはやばいです。猫が死んでから立ち直れないです」(女性/29歳/印刷・紙パルプ)
・「ペットロス。5年間一緒に生活してきた愛犬が病気で死んでしまって夜に写真を見るたびに泣いていた」(男性/31歳/運輸・倉庫)

ペットを飼うことをためらってしまう一番の理由がこれかも。お別れを考えただけでつらすぎます。

■楽しみにしてたのに
・「あまロスになって、暫くごちそうさんを見ることができなかったです」(女性/31歳/その他)
・「タモロス。毎日一人で昼食を摂りながら視ていたので番組が終わって淋しくなった」(女性/50歳/その他)

その番組を観るのが日課だったのに……。なんだか物足りなくて寂しいですよね。

■ハマっていただけに……
・「FF10。張り切ってクリアしたが、暇になってしまった」(女性/26歳/機械・精密機器)

達成感の後に訪れるのは、燃え尽き症候群? これからなにをして時間をつぶせばいいんだろう。

■いつでも一緒
・「スマホロス。無くしてしまい、しばらくスマホ無しで過ごしたがすごく心細かった」(女性/24歳/食品・飲料)

信頼のおける有能な秘書であり、娯楽まで提供してくれるスマホはもはや欠かせない存在ですよね。

■憧れのあの人が!
・「西島秀俊ロス。ブレイクする前の干されていたときから好きだったので、結婚したときはショックが大きかった」(女性/35歳/学校・教育関連)
・「景子ロス。結婚報道にショック」(男性/37歳/金属・鉄鋼・化学)

もう本当にこれで手の届かない人になっちゃったんだなあ……。もともと届くはずがないってわかっていたけどさ。

■失ってから気づいた
・「スバロス。現在のクルマの前はスバルのクルマに乗っていたが、エンジンや足回りにスバルならではの独自性が随所にあったんだなと手放してから強く感じるようになった」(男性/26歳/その他)

代わりはいくらでもいると思っていたけど……アイツ、特別なヤツだったんだなあ。まるで別れた恋人みたい。

■かけがえのない人
・「ばばロス。おばあちゃんが亡くなってもう20年近くなるが、今でも思い出すと涙が出る。自分が病院に駆けつけて手を握った瞬間に、それを待っていたかのように息絶えたと聞いたので、それが忘れられない。優しくて人格も素敵で、理想の女性です」(女性/33歳/小売店)

家族や友達とも、いつかお別れがくるものだから。生きている間に大事にしなければいけませんね。

失ったものが大切なものであればあるほど、ほかのものでは簡単に埋められません。けれども心の傷はちょっとずつ時間が癒してくれるはず。いつのまにか、心の痛みは少しずつ飛んで行ってくれるんです。

文・OFFICE-SANGA 相羽亜季実

調査時期:2015年11月
アンケート:マイナビ学生の窓口調べ
集計対象数:社会人435人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]