「各位」の正しい意味と使い方まとめ 「各位様」は間違い?【例文つき】

2018/10/11

ビジネス用語

「各位」の間違った使い方

先述の通り、「各位」は相手を敬う敬称の一つです。そのため、「○○各位様」のような使い方をすると二重敬語となるので注意してください。ただし、先ほども触れた通り例外があります。電車内の案内で「お客様各位にお願いいたします。」のように「様」と「各位」の両方が入った使われ方をしていますが、この場合は例外です。試しに「様」をとってみましょう。「お客各位に」だと不自然になります。

「各位」の間違った使い方例1

「お得意様各位様 
平素は格別のご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございます。」

「お得意様各位」が正解です。厳密には「お得意様各位」でも二重敬語になってしまいますが、「お客様」や「お得意様」の場合は、不自然にならないように様を入れてもかまわないことになっています。

「各位」の間違った使い方間違った例2

「各位様・各位殿」

「各位様」も「各位殿」も二重敬語になります。また、「殿」は目上の人が目下の人に向けて使う敬称です。相手に失礼にあたるので間違えないように注意しましょう。

まとめ

「各位」の正しい意味と使い方まとめ 「各位様」は間違い?【例文つき】3

「各位」という言葉の使い方について解説してきました。知らずに、ずっと「各位様」で通してきたという人はいないでしょうか。
各位の意味についても解説しましたが、言葉の正確な意味を理解すると正しい使い方ができるようになります。「○○様各位」とすると二重敬語になりますが、「お客様各位」など、例外的な使い方をすることも。厳密に言えば「お客様各位」も二重敬語になりますが、時代の移り変わりとともに不自然にならないよう、「お客様各位」や「お得意様各位」が例外的に認められるようになりました。言葉は生き物ですので、時代とともに移り変わり変化していくものですね。

・執筆:山下ユキマル
デザイン事務所などでクリエイターを務めた後、現在はフリーライターとして活動中。毎週水曜日の夜にひらかれていたH賞詩人の現代詩教室に10年ほど通い、現代詩手帖やユリイカなどへの寄稿経験を持つ。趣味は料理とランニング。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]