【女性】内定式にネイルアートをしていくのはOK? NG? 人事の印象は

2015/11/02

内定式

女性のオシャレとしてネイルアートを行っている人は数多くいます。それでは女性が内定式にネイルアートをしていくのはどうなのでしょうか。内定式は企業の採用が決まった後に行われる式です。その際のネイルアートについてどのように考えられているのでしょうか。あり?なし?の見解について紹介します。

【あり?の見解】

今やネイルアートは珍しいものではありません。街中を見ても、爪のオシャレを楽しんでいます。この中には学生もいますが、就職中の方もいます。企業によっても異なりますが、ネイルアートを許容している企業もあります。もちろん、シンプルなもの、単色のみ、薄いピンクやベージュのみなどの制限がある企業がほとんどです。また、爪の長さもあまり長いのは好まれないため、ある程度短くする必要があります。

爪がお手入れされていることは、身だしなみがしっかりしている印象を与えることができます。このことは内定式でも同じなので、派手でないものであれば、ありということになります。

【なし?の見解】

しかし、職種によってもことなります。飲食店などの食品を扱う会社や、いくらシンプルなネイルアートでも、全面的に禁止されます。したがって、内定式でも、なしということになります。 また、内定式は、その会社で働く一番最初の日です。そのため、あまり目立つことは避けたほうが無難ではあります。ネイルアートをしていることによって、初日から目をつけられることがないとは言い切れません。したがって、ネイルアートを行わないでいくことがトラブルを避けることになります。

【まとめ】

以上のように両方の見解があります。内定式は最初の印象を与えるものです。したがって、目立つことを避けることが無難といえます。企業によって異なる、ネイルアートのようなルールは、入社してしばらく様子を見てから行うことをお勧めします。ですから、内定式にはネイルアートは行うべきではないでしょう。しかし、どうしてもという方は、シンプルな色のネイルをしていくのは許容される範囲でしょう。

また、企業にあらかじめネイルアートの注意書きがある場合は、それに従い、その範囲内で楽しんでください。さらに、職種によって禁止されている場合、いくらシンプルなものでも行うべきではありません。企業により異なるルールは一概にあり?なし?と決めることはできません。ぜひ自分の職種や決まりなどを把握した上で、ネイルアートを楽しんでください。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]