「4つの財布」を作るだけ! FPに聞いた、「なんとなく将来が不安」な社会人がやるべき貯金術

2015/09/24

貯金・節約

お金の不安は沢山あるのに、この先の景気はどうなるのか分からない……好景気を肌で感じたことがない若手社会人にとって、将来の不安は雑然としています。「将来、給料はいくら貰えるのだろうか」「消費税は今後どれだけ上がるのか」、「もし結婚したらその資金や教育資金はいくらかかるのか」などなど……「なんとなく将来が不安」になる理由は、恐らく不安が多すぎて何が一番気になる部分なのか、見えづらくなっているからではないでしょうか。

そんな人たちに気付いてほしいことは、「目的を持たず、ただやみくもに貯金をしていては、必要なときに必要なだけのお金を準備することは難しい」ということです。不安が多くて何を目的にお金を準備すべきなのか分からない人には「4つの財布 」をつくることをオススメします。

■4つの財布とは?
4つの財布とは、次に挙げる4種類の貯金を用意することです。

1.短期(すぐ使うお金)
2.中期(5年以内に使うお金)
3.長期(将来必要資金)
4.緊急(予備資金)

それぞれについて、詳しく内容を見ていきましょう。

1.短期(すぐに使うお金)
食費・家賃・生活費など、毎月必ず支出する金額をこの財布に分けましょう。毎月の飲み会代や被服費などもきちんと予算を立てて、その中でやりくりをすれば、毎月「お金が無い!」という事態には陥りませんし、計画的にお金を使うこともできます。

2.中期(5年以内に使うお金)
引っ越し代や賃貸の更新料、旅行費用など、5年以内に使うと思われるお金をこの財布に入れて毎月積み立てておきましょう。かかる金額はひとそれぞれなので、自分の場合はいくらかかるのか計算してみましょう。
ちなみに5年間で100万円使うと考えると、毎月の貯金額は17,000円です! 支出のタイミングに備えてきちんと積立てをしておけば、お金の準備に慌てる必要はありません。

3.長期(将来に必要なお金)
子どもの教育資金や老後資金がこれにあたります。将来の不安が漠然としてあるのなら、なおさら準備しておきたいお金です。
世間一般的に言われる子供の教育にかかるお金は1,000万円以上!
文部科学省の「平成24年度 子供の学習費調査」と日本学生支援機構の「平成24年度 学生生活調査」をみても、幼稚園から大学まで全て公立で769万円、全て私立なら2205万円かかる計算になります。
また平成25年に生命保険文化センターが発表した「生活保障に関する調査」によると、夫婦のゆとりある老後生活に必要な生活費は、定年退職後の20年間で約8,500万円(35.4万円/1ヶ月)だと言われています。

数字だけを見ると不安が増す方がいるかもしれませんが、安心していただきたいのはこれだけの金額を一括で支払うわけではないということです。
将来のためにコツコツお金を準備していけば不可能な額ではありません。ただし、そのためには預貯金だけではなく資産運用も考えていく必要があります。長期の運用だとリスクを低く抑えることも可能なので、若いうちから取り組めば安定した将来はグッと近くなるかもしれません。

4.緊急(予備で貯めておきたいお金)
病気や怪我をした際や、冠婚葬祭などの急な出費が必要になったときのために準備しておくべきお金です。
これらはいつどのタイミングで出費が必要になるのかを予測することが難しいため、貯めるモチベーションが続かない方もいるかと思いますが、いざという時にお金が無いと困るのは自分です。最低でも50万円程度は準備しておけるよう、毎月少しずつ積立てをしておきましょう。

いかがでしたか? 将来の不安が漠然としたものでも、4 つの財布できちんとお金を準備しておくことができれば、いざという時に困ることは少なくなるはずです。今の自分はどれだけのマスを埋めることができているのか、また4つの財布を使いこなせたら、マスの埋まり具合はどう変化するのかをチェックしてみてください。ルールや仕組みを作ることが出来れば、せこい節約は必要ありません!

文●工藤将太郎(株式会社クレア・ライフ・パートナーズ代表取締役社長)
日本生命にて、外資系金融機関や、学校法人の福利厚生制度の構築に従事。「なぜ日本人は生命保険ばかりに偏るのか?」という疑問を持ち、生命保険に頼らない将来対策法を実践し独自のノウハウを確立、2011年に株式会社クレア・ライフ・ パートナーズを創業する。多くの人が思い描く将来を実現してほしいと考え、FPという立場から資産運用の必要性を発信している。

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

貯金・節約の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]