7割以上が……。仕事とプライベートどっちが大事? 「仕事が中心の生活」「プライベートのための仕事」

2015/07/06

社会人ライフ

■「プライベート」の方が大事だという理由を教えてください

●生きている意味は

・生きるための手段として仕事があるので(女性/28歳/商社・卸)

・仕事を頑張ってもあまり報われないから(女性/38歳/金融・証券)

・仕事を生きがいにしても自分に返ってこないことが多いと思う(女性/27歳/金融・証券)

・自分の時間を大切にしないで、何のために生きているかわからない(女性/33歳/医療・福祉)

生きる意味として、仕事は手段なだけだという意見がもっとも多く寄せられております。目的は自分の人生の充実と言うことで、それが大事ということですよね。

●人生は長い

・仕事をする時期は人生の一時期でしかないので(女性/40歳/学校・教育関連)

・仕事は定年で終わるので(女性/35歳/機械・精密機器)

・何のために働くのかを考えたら(男性/35歳/小売店)

・仕事は生活の一部なだけ(女性/33歳/運輸・倉庫)

長い人生の中で、仕事をしている時期ってほんの一部なんですよね。22歳から60歳で考えても40年弱ですからね。半分くらいということになりますよね。

●プライベートのために

・プライベートを充実させるために仕事をしているので(女性/33歳/医療・福祉)

・プライベートは一生ついてくるものだから(女性/29歳/医薬品・化粧品)

・プライべートの充実が仕事に活きてくるので(女性/25歳/医薬品・化粧品)

・プライベートをどれだけ楽しめるかが勝負だと思うので(女性/29歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

やはりプライベートのために働いているのですという意見、多く寄せられています。またプライベートが充実していることで仕事もいい結果となるという意見も。

いかがでしたか? もちろん人それぞれ、意見が分かれるところだとは思いますが、現代人にとってはモーレツに働くというよりも、しっかり人生を楽しむということが重要のようですね。高度成長期の社会人に聞いたらどのような結果となっていたでしょうか? それとの比較もしてみたいですね。

文●ロックスター

調査時期:2015年6月

アンケート:フレッシャーズ調べ

集計対象数:社会人男女493人(インターネットログイン式)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

 ビジネス用語・カタカナ語80選

 キャリアロードマップの一歩目

  • ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る