女性だらけの下着メーカー勤務女性に聞く 「女性社会を生き抜くコツ」

2011/08/21

スキルアップ

■お局さまにはあえてオープンに

「いわゆるお局さまと呼ばれる人や、ちょっと気難しそうな女性ほど、あえて気をつかい過ぎず、こちらからオープンになって接するのが一番だと思います。私の社内のお局さまは、みんなから気を使われ過ぎるあまり、いつも孤立しがち。そのせいか、よく一人でランチをとっていたんです。私はそれがずっと気になっていて、ある日勇気を出してランチにお誘いしたんです。その方は『うれしい。私気難しく思われるから、みんな一緒にいたら疲れちゃうでしょう。でも、仕事以外のときはそんなこと忘れてオープンに話したりしたいのよ』と話してくれました。気を使われがちな人ほど、こちらからオープンに接すると心を開いてくれるのだなあと思った瞬間でしたね」

女性同士の職場に限らず応用できそうですね。苦手な人も気難しいと決め付けず、自然体で接してみることが肝心です。

■ひとことアドバイス

「女性ばかりの環境はどろどろしたイメージをもたれがちですが、男性目線を気にせず会話を楽しめたり、男性同士よりもさっぱりした関係を築けたりすることも。もし今、女性社会で悩んでいる人は、まずその先入観をなくす努力をしてみてください」

繊細な気遣いや、同性ならではのオープンな会話ができることなど、女性だらけの環境にも魅力はたくさんあるはず。まずは女性同士で過ごすことの楽しみを見つけて、適度な距離感を持ってつきあっていくのが一番ですね。

(小野田弥恵/プレスラボ)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

スキルアップの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る