15年前は400円、10年前は280円!? 今はまた値上げ......。これまで牛丼の値段はどう推移してる?

2015/04/29

貯金・節約

先日、大手牛丼チェーン店『すき家』の牛丼価格の値上げが発表されました。これまで291円だった価格が350円になるそうです。一時期は、大手チェーン3社の牛丼価格はどこも200円台でしたが、少しずつ上がっていますね。では、こうした牛丼の価格は過去にはどれくらいだったのでしょうか? 大手チェーン3社の、過去の牛丼価格を調べてみました。

▼こちらもチェック!
こんなご褒美が効果的!「仕事のモチベーションになるもの」診断

■値上げ・値下げのタイミングはほぼ一緒?

まずは2015年4月時点での牛丼(牛めし)の並盛りの価格を見てみましょう。

・すき家......350円
・吉野家......380円
・松屋......290円(プレミアム牛めしは380円)

現在200円台なのは松屋のみ。他の2社は300円台となっています。では3社それぞれの過去の価格はどうだったのでしょうか? 牛丼の価格戦争が激化し始めた2000年以降の価格を見ていきましょう。まずは業界最大手の『すき家』から。
※期間限定キャンペーン価格は除く

●『すき家』の牛丼価格

・2001年3月......400円→280円
・2004年9月......280円→350円(BSE騒動後の販売再開価格)
・2009年4月23日......350円→330円
・2009年12月7日......330円→280円
・2014年4月1日......280円→270円
・2014年8月27日......270円→291円
・2015年4月15日......291円→350円

『すき家』の2000年以降の牛丼の価格はこのように変わっています。2001年に400円から280円になった際は多くの人が驚きましたね。ただ、価格の変更は皆さんがイメージしているほど「頻繁」ではないようです。ここ5年ほどの間に集中しているのでそう感じるのかもしれません。

次は『吉野家』の価格を見てみましょう。

●『吉野家』の牛丼価格

・2001年7、8月......400円→280円(西日本、東日本の順に値下げ)
・2006年9月......280円→380円(BSE騒動後の販売再開価格)
・2013年4月18日......380円→280円
・2014年4月1日......280円→300円
・2014年12月17日......300円→380円

『吉野家』の牛丼の並の価格はこのように推移しています。昨年は2度値上げが行われ、現在の380円という価格になりました。ただ、それでも1990年代の400円よりは安い値段です。ちなみに、それ以前は350円や200円という時期もあったそうです。もちろん物価が今とは全然違うので、一概に「昔の方が安かった」とはいえませんが......。

最後は『松屋』の牛めしの価格です。

次のページ松屋の価格は安い?

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

貯金・節約の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]