思わず恋がしたくなる!? 胸がトキメク少女漫画の告白5選「フルーツバスケット」「僕等がいた」

2015/04/12

新生活・準備

名作と呼ばれる少女漫画は、ストーリーやキャラクターの魅力だけでなく、「告白シーン」の「キュン度」も段違い。例えば、実写化もされた人気漫画『花より男子』で、道明寺が「好きだ。気がおかしくなるほど惚れている」と告白したシーンなどは、キュンとした女性が多いでしょう。今回は、こうした少女漫画の「思わずときめいてしまう告白」を5つ紹介します。

▼こちらもチェック!
社会人の恋愛を長続きさせるには? 「恋と仕事両立度」診断!

■名言や名ぜりふを見るとまた読み返したくなる?

●「おまえと一緒にいたい...っ これから生きていくならおまえと一緒がいい おまえじゃなきゃ嫌だ 好き...だから...っ」草摩夾(フルーツバスケット)

『花とゆめ』で1998年から2006年にかけて連載された『フルーツバスケット』に登場したせりふ。主人公の透に、夾がこう告白しました。ようやく夾が透と向き合い、告白した瞬間なので、キュンとすると同時に「おおーっ!」となった人もいるでしょう。このせりふの前に言った「最後のチャンスをくれないか」もいい言葉でしたね。

●「好きなんだ千早が 千早の伸ばしたことのない爪が好きだ 指が 髪が バカみたいに大きく開く口が 笑ってる顔が ずっとずっと小さいころから」真島太一(ちはやふる)

「競技かるた」を題材にした少女漫画『ちはやふる』。主人公の千早に幼なじみの太一が告白したときのせりふです。幼いころからの凝縮された恋心を一気に解き放った瞬間でした。太一派の人は大いにキュンキュンするシーンでしたが、この後の流れはとても切ないもので......。

●「高橋、一度しか言わないからよく聞いて 好きだよ」矢野元晴(僕等がいた)

『僕等がいた』で矢野が高橋へ告白した際の言葉。作中には、他にもさまざまな「愛の言葉」がありますが、シチュエーションも相まって、シンプルながらキュンとなるものでしたね。竹内派の人もきっとキュンキュンしたと思います。

●「俺と付き合ってください! ずっと大事にするから」風早翔太(君に届け)

アニメや実写化もされている『君に届け』で、風早君が爽子にこう伝えました。ちょっと回りくどい風早君にしては珍しいシンプルな告白でした。月並みな告白ですが、風早君が言うと破壊力抜群です。

●「おれがおれの手で幸せにしてやりたいと思うのは おまえだけだ」須藤晃(天使なんかじゃない)

永遠の名作といわれている『天使なんかじゃない』で、晃が翠にこう告白しました。不良っぽいちょっとキザな男性からのストレートな告白。しかもヘルメットをかぶせてあげながらです。女性読者はキュンキュンしまくりです。少し古めの作品ですが、読んだことがない人はぜひ読んでみてください。

数多くある恋愛漫画の「告白」の中から、今回は5つピックアップしてご紹介しました。「こんな告白がされたい」という女性も多いのではないでしょうか? さすがにキザすぎるものもありますが、男性のみなさんはぜひ参考にしてみてください!

(中田ボンベ@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]