「インドの象タクシー」「スイスの登山鉄道」海外旅行で印象深かった乗り物は?

2015/04/02

新生活・準備

海外旅行の楽しみのひとつに、移動手段があげられます。その国ならではの乗り物や、日本にもあるけど乗り方が少し違っていたりするものなどさまざまですが、どの国の乗り物にもそれぞれの個性があって、新鮮ですよね。今回は、そんな海外旅行先で印象深かった乗り物について、社会人男女にアンケート調査を行いました。

▼こちらもチェック!
コミュ力診断テスト! あなたのコミュニケーション能力はどれくらい?

■鉄道

・アメリカの地下鉄。車内が汚くてビックリだし、ドアが閉まるのが早いから(男性/31歳/運輸・倉庫)
・上海(中国)のリニアモーターカー。車内にスピードメーターがあり、時速400km出しているのを見ることができた。さすがに時速が300kmを超えてくると外は何があるのかほとんど見えない(男性/45歳/その他)
・オランダで乗った旅客車。非常に古くて乗り心地はいまいちだったが、景色はよく楽しめた。後に鉄道ファンの同僚に見せたら、うらやましがるほどの珍しいディーゼル車だったらしい(男性/50歳以上/電機)
・スイスの登山鉄道。前から憧れていたのもあるけど、スイスの山をゆっくり上っていくのが、景色もすばらしく感動的だった。また、標高が上がると寒くなり、さらに山の中まで入っていくので景色が一変して面白かった(女性/35歳/建設・土木)
・フィンランドの鉄道。だんだん風景が市街地から北欧の針葉樹林に変わっていく様や、車内のアメニティの充実ぶりに感動した(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁)
・オーストリアの岩塩坑でトロッコに乗った。暗い中、トロッコで進むのは面白かった(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学)

外国の鉄道では、そこから見える景色も素晴らしいですよね。日本では見ることのできない景色を見ながらの移動はまさに感動モノ!

■車、バイク

・フィリピンのバイク。一台のバイクに8人ぐらい乗った(女性/37歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・台湾のバス。超早いし、全部の停留所に止まらないし、駅名を言われても全然わからないし、もう帰れなくて死ぬわと思った(女性/26歳/機械・精密機器)
・カナダで氷河の上を走る車。「クレバスにはまると出られませんよ」と言われてドキッとした(女性/39歳/自動車関連)

アジアの乗り物は、ファンキーというか、なかなか驚くほどの人数が乗っていたりして衝撃ですよね。それにしても、「一台のバイクに8人」乗っている光景を、どうしても想像できません......(笑)!

■飛行機

・スペインでプロペラ機に乗った。人生で初めてプロペラ機に乗ったので、最初は大丈夫か心配だったけど楽しかった(男性/44歳/情報・IT)
・カンボジアの飛行機。着陸の時に煙が充満してきた。外は雷。本当に死ぬかと思った(男性/48歳/アパレル・繊維)
・ドアが閉まりきっていない中華航空。ドア横の席で風と音がひどかった(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・アメリカのグランドキャニオンにいったときのセスナ機。凄く揺れるし、落ちそうで怖かった(女性/31歳/マスコミ・広告)

飛行機ではみなさん、なかなか怖い思いをされているよう。雷が鳴り響く中、機内に煙が充満してきたら誰だって死を覚悟すると思います......(笑)。

次のページこんな優雅な体験をした人たちも!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]