「とんでもなくぼったくられた」「運転手が居眠り運転をしていた」タクシーでの大迷惑なトラブル体験

2015/03/30

社会人ライフ

■海外でのトラブル

・夜にローマでタクシーに乗らざるをえなくなった時があり、駅に泊まっていたタクシー(白タクではない)に乗ったところとんでもなくぼったくられ、明らかにおかしいと思ったが怖くてそのまま支払ってしまった。地下鉄で1ユーロの距離だったのに......(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁)

夜だし、異国だし、怖いですよね。悔しいですが......。

・海外のタクシーで「メーターをオンにして」と言っても、壊れている、深夜料金だからとごねられた(女性/26歳/食品・飲料)

言い値で払わなきゃいけないなんて、恐怖です(笑)。

・香港出張中、タクシーを利用したら全く違うところに連れていかれた。幸い通訳がいたので、クレームしたら料金は取られなかった(男性/50歳以上/機械・精密機器)

聞き間違いだったんでしょうか? 通訳の方がいると心強いですね。

■その他

・自分の乗ったタクシーが交差点で信号待ちをしている時に追突されてしまい、警察の事故処理が長引き、無線で後続車を呼んでもらい乗り換えて目的地へ行った(男性/50歳以上/団体・公益法人・官公庁)

急いでいるからタクシーに乗っているのに、とんだ災難でしたね。

・下車後に自宅のブロックを壊されて、逃げられたことがある。すぐに警察に連絡し、相手が特定されて解決した(男性/46歳/医療・福祉)

こんなのすぐにバレるに決まってるのに、なんで逃げたんでしょうね?

・左折してと言ったのに右折されそうになったので、「左ですけど」と指摘したら「右折って言ったじゃないか」とキレられた(女性/33歳/運輸・倉庫)

こういう、言った言わないの話ってめんどくさいですよね〜。

・運転手が居眠り運転をしていた。意識が飛んでいる時間は2〜3秒だったので何とか無事に目的地までたどり着けたが、死ぬかと思った(男性/32歳/電機)

めっちゃ怖いです!

・「近い所までだけど」と断ってから乗ったら、降りるときにドライバーに文句を言われた(女性/33歳/医療・福祉)

だったら乗る前に断れよ! って話ですよね。

みなさん、いろいろなトラブルに遭っているようです。もちろんちゃんとした運転手さんがほとんどだとは思いますが、なかにはぼったくろうとする人や道を知らない人など、プロ意識の低い人がいるのも事実。運悪くそんなタクシーに乗ってしまったときは、できるだけ自分の意思を伝えて交渉したり、タクシー会社にクレームを入れるなどして、少しでもイヤな思いをしないですむようにしましょうね!

(文/オチアイユキ)

調査時期:2015年2月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人500人 (インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る