社会人が実践している、上司や会社の評価を上げるためにやっていること「飲みに行く」「手柄は必ず報告」

2015/03/28

対人マナー

仕事が一人前にこなせるようになってくると、つい気になってくる上司や会社からの評価。ただ評価はいつも外側から与えられるもの。自分ではどうしようもなくてヤキモキすることもありますよね。そこで、評価を上げたいときには具体的にどうすればいいか聞いてみました。 

▼こちらもチェック!
あなたの協調性診断! 仕事をする上で必要なチームワーク力を診断

Q.上司・会社の評価を上げるためにしていることはありますか?

はい......20.1%
いいえ......79.9%

今回のアンケートでは、なんと上司・会社の評価を上げるために何かやっている人は、わずか2割弱という結果に。会社に無関心な人が増えているのか、それともまた別の理由が? 評価を上げるために工夫している人、そうでない人、それぞれの意見を聞いてみましょう。

■小さなことからこつこつと

・「お疲れ様です」とか「ありがとうございます」といった声かけやあいさつを笑顔でする(女性/38歳/学校・教育関連)
・雑談でもいいので上司と毎日会話をする(女性/30歳/機械・精密機器)
・期限だけはきちんと守るようにしている。信頼されるように努力している(女性/31歳/ソフトウェア)
・評価のためではないが、後輩が見本にしたいと思う先輩でいられるよう、規律を守り、誰とでもフランクに話せる雰囲気で過ごしている(女性/29歳/情報・IT)

上司・会社からの評価を上げるには、笑顔・挨拶・元気のいい返事と、基本的なことを確実にクリアしていくこと。小さな努力の積み重ねの結果が「評価」ですよね。

■コミュニケーション、飲みニケーションを大切に

・一緒に食事に行って、コミュニケーションをとるようにしている(男性/41歳/情報・IT)
・世間話をしたり、悩みを相談したりしてコミュニケーションを強化(女性/27歳/金融・証券)
・なるべく上司から誘われた飲みは参加する(男性/31歳/マスコミ・広告)
・飲みに行くなり、仕事の仕方を変えるなり、その上司に合わせて立ち振る舞う(女性/29歳/その他)

コミュニケーションと飲みニケーションは会社・上司の評価を上げる鉄板の手法。かわいがられる社員は、いつの時代もやっぱりお得? でも、今自分がどんなことに取り組み頑張っているのかをしっかりアピールするというのは、大切なことですよね。

次のページ他にこんなアピール方法も!

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]