これが大人なの? 背伸びしすぎて傷ついた「大人」の恋愛エピソード「いつも二番手」「一夜を経験も後悔」

2015/03/05

社会人ライフ

これが大人なの? 背伸びしすぎて傷ついた「大人」の恋愛エピソード「いつも二番手」「一夜を経験も後悔」

若いうちは大人としての自覚を持とうと背伸びする人も多いはず。恋愛についても「自分は大人なんだから大人の恋をしたい!」と憧れた人もいるのではないでしょうか。そんな背伸びをしたせいで傷ついてしまった恋について聞いてみました。

▼こちらもチェック!
恋愛上級者と初心者、付き合うならどっち? 女性は上級者、男性は初心者を好む傾向あり!

■我慢するのが大人

・社会人になってすぐに、バーで知り合った年上の男性と付き合うようになった。カッコイイし、優しいし、理想的な人だったのだが、土日には会ってくれない。なんと実は結婚している男性だった。ここで取り乱してはダメだと、聞き分けのいいフリをしてずっと浮気相手をしていた(26歳/女性/販売)

我慢しても幸せはやってきませんが、我慢することが大人のたしなみだと思ってしまったのかも?

■恋人だよね? の一言が聞けなくて

・成り行きで職場の先輩と男女の関係に。「付き合おう」とかは言われていなかったけれど、恋人のつもりでいたら相手はただの気まぐれだったと知って......(25歳/女性/建築)

大人はわざわざ付き合おうなんて言わないんだよ......なんてセリフを耳にすることがありますが、やっぱり言ってほしいですし、確信がほしいですよね。

■ずっと二番手

・一度、彼女がいる人と付き合って以来、誰かの一番になれなくなってしまった。二番手って気楽だから。本命ほど縛られなくて自由。これが大人の女なのかなあ、って。あんまり恋にがむしゃらになるのもカッコ悪いし。でも、寂しいと感じることも(30歳/女性/自動車)

一番になるとある程度の束縛は覚悟しないといけないかもしれませんが、それが時には心地よく感じることもあるはず。束縛が一切ないということは、誰のものでもないということですもんね。

■ピュアなままでいい

・ある日の合コン。終電がなくなってしまい、その日出会った女の子の家に流れで行くことに。最初はDVDを見たりしていたんですけど、女の子が『する?』と。割り切った大人の付き合いと言えばそうかもしれませんが、翌日になってなぜか少し落ち込んだ(24歳/男性/建築)

難しい判断ですが、そういう事態に追い込まれたくないのならば、まずは終電に間に合うように帰ってみてはいかがでしょうか。

■帰りたくない

・「今日は帰りたくないの」と意中の男性に言ってみたら、ホテルは取ってくれたのに、本人は何もせずにご帰宅。泊まるところがないと思ったから用意してくれたらしい。やさしいのはいいけれど、そういう意味じゃない。大人ぶって遠回しに言わないで、ちゃんと伝えればよかった」(25歳/女性/化粧品)

大人ぶろうとすると、言葉足らずになることが多いのでしょうか。伝えたいことはちゃんと声に出して言うのは大人になってからも大切なことです。

■無理にエスコート

・年上の彼女と付き合っていたとき、店を決めることや送り迎えなどのエスコートをずっとしていたけど、それでも年下というだけでかわいがられている気がしちゃって、結局うまくいかず別れた。背伸びしていたんだなあと今になって思う(28歳/男性/金融)

「年下なのに男性」という男らしさをみせたいときや年上に甘えたいときの使い分けが難しかったのかもしれませんね。それでも良き思い出になっているといいのですが......。

無理に背伸びをしても、息切れしてしまうだけ。年齢など関係なく、マイペースに恋を進めていけるほうが幸せなのかもしれません。あなたは背伸びの恋で傷ついたことはありますか?

ふくだりょうこ+プレスラボ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集





    ピックアップ [PR]