「太る」「毎日BBQ」「日本食を振る舞うも不評」日本とはかなり違う? アメリカの「ホームステイあるある」

2015/02/04

社会人ライフ

「太る」「毎日BBQ」「日本食を振る舞うも不評」日本とはかなり違う? アメリカの「ホームステイあるある」

皆さんは、海外に留学したことはありますか? 留学やホームステイをしてみると、海外の文化や生活の違いに気づくことが多いですよね。とくに、多くの人が留学先として選ぶアメリカでは、留学やホームステイをしたからこそわかる「あるある」がたくさんあるみたいです。そこで、今回は、「アメリカのホームステイあるある」について、経験者に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
「入国審査でキレられる」「道案内できない」ネイティブには通じない? 自分の英語力の低さに愕然とした瞬間

●太る! 食べる量が私の倍以上だと思う。量だけじゃなく、肉類も多いし、ポテトとか高カロリーのものが多いので。日本に帰ってから痩せるのに大変だった。服が入らないんだもの(女性/31歳/情報・IT)

「アメリカに行くと太る」という回答は多かったです。

●ホストファミリーの用事をけっこうやらされる。買い物の手伝いや芝刈りなども手伝った(男性/30歳/情報・IT)

ファミリーですからね。それも勉強になるのではないでしょうか。

●学校のランチがおいしくないから、ファストフード頼りになってしまう。これで太ったりする(女性/33歳/情報・IT)

「学校のランチがおいしくない」という回答は他にもありました。日本ほどいろんなメニューが用意されている学食はあまりないそうですよ。

●アメリカ人はバーベキュー好きすぎ!(男性/49歳/情報・IT)

バーベキューはアメリカの文化ですよね。お父さんが鍋奉行ならぬ、「バーベキュー奉行」となって一切を仕切ることも珍しくないとか。

●なぜかアジア系の人ばかりで集まってしまう(男性/35歳/情報・IT)

それも大事な友人になるかもしれません。

●せっかくアメリカにいるのに、学校とホスト家との往復であまり行動範囲が広がらない(女性/24歳/その他)

クルマが運転できたら違うのかもしれませんね。

●学校に通うためのバスが苦手。最初はすごくビクビクしていた(女性/29歳/情報・IT)

海外ドラマの見過ぎかもしれませんが、ジョックスな生徒にいじめられるかも......なんて思うのでしょうね。

●他のアジア諸国の人と間違われる。私は中国人に話しかけられて、「何だ中国人じゃないのか」と言われた。結局その人と仲良くなった(笑)(女性/29歳/情報・IT)

アメリカの人に間違えられることはありそうですが、アジアの人から同じ国の人だと思われることもあるのですね。

●日本の料理を作ってくれと言われてやってみるとあまりウケない(笑)。みそ汁などを作ったのですが微妙だった(男性/27歳/金融・証券)

「お好み焼き」や「焼き鳥」を作るとウケたかも。

●「君は無口だな。あんまりしゃべらないんだな」と言われる(男性/33歳/情報・IT)

英語は使わないと身に付かないですから、積極的に話しかけないといかんですね(笑)。

●ホストファミリーのパーティーがうるさくて夜眠れない。友達がたくさん来て夜遅くまで騒ぐというアメリカのパーティーのスタイルは日本人にはなじまないと思う(男性/26歳/通信)

アメリカの人ってほんとにパーティーが好きですよね。毎日のようにパーティーをされては、日本人の体力では持ちません......。

●アニメや漫画に興味のある人が興味津々で話し掛けてくるが、自分は全く詳しくないので相手を失望させる。そっちは全然詳しくないんだってば! 申し訳ありません(女性/23歳/情報・IT)

謝っているところが日本人らしいですよね。

●泣かないと思っていても帰国の日には号泣してしまう。ホストファミリーのみんなとハグしながら泣いた。いい思い出(女性/22歳/情報・IT)

いい話です。そのお付き合いが一生続くといいですね。

いかがだったでしょうか。今回紹介したのは、比較的いい経験をした人からの回答です。なかにはひどいホストファミリーに当たって、お金だけとられたなんて経験をする人もいます。仲介する業者や人をよく選んで、いいホストファミリーに当たることが、ホームステイ成功のための第一歩だそうです。これからホームステイを考えている人は、お宅選びは慎重に決めたほうがいいかもしれませんね。

(高橋モータース@dcp)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]