もううんざり!100回は聞いた父親世代の武勇伝「一晩で大金を散財」「小学生の頃に絵で入賞」

2015/01/18

社会人ライフ

もううんざり!100回は聞いた父親世代の武勇伝「一晩で大金を散財」「小学生の頃に絵で入賞」

大人の中には若い人をつかまえて、何かと昔話をしたり、過去の栄光を語ったりする人がいますよね。父親だと何度も何度も同じ話を聞かされ、うんざりしてしまうことも。今回は、「もう100回は聞いた」という父親の武勇伝について大学生300人に調査しました。

▼こちらもチェック!
同じことの繰り返し! うんざりしてしまう自慢話「よくナンパされる」「ミスコンに選ばれた」

■子ども時代の自慢話

・小学生のときに生徒会長をしていたという自慢話。何回も聞いたので飽きた(女性/22歳/団体・公益法人・官公庁)
・絵のコンクールに出て入賞したという自慢話。いいかげん小学生時代の栄光を語るのはかっこ悪いと気づいてほしい(女性/22歳/情報・IT)

唯一の自慢話が、小学生の頃の話というのは、なんだか少し悲しい気もしますね。

■昔モテていた話

・昔はモテたという自慢話(男性/22歳/不動産)
・彼女が途切れたことがないという武勇伝(女性/22歳/その他)

「昔はモテていた」と言われても......。年をとった今の様子からでは、なかなか信じられない?

■秀才でした自慢

・塾に行かずに良い高校に入り、生徒会長をしていたという話(女性/21歳/運輸・倉庫)
・父はそれなりの国公立の大学卒で、二人で話をする時にいつもその話題を持ってくるのがうっとうしい(男性/21歳/金融・証券)

何度も聞かされると、どんなにすごい話でもどうでもいい話になりますよね。頭の良さを自慢されると「それに比べてお前は......」とお説教まではじまりそう。

■昔のヤンチャ話

・ヤンキー時代の喧嘩自慢(女性/23歳/その他)
・中学生の頃、地元で一番強い不良だった話。何回も聞くと恥ずかしい(女性/21歳/小売店)

喧嘩した話やヤンチャしていたときの話は、正直なんの自慢話にもなりませんよね。

■バブルのときの話

・一晩でうん十万つかっていた話。バブルだからできたのであって、実力じゃないと思う(女性/22歳/自動車関連)

・バブル世代での就職活動について、「どんな会社からも簡単に内定が出て、すぐに就職活動なんて終わった」という自慢。就職氷河期の学生に言うべきセリフではないだろうと思った(男性/21歳/機械・精密機器)

バブルの頃を思い出すのは楽しいかもしれませんが、聞く側はちょっと不快かも!? 実力ではなく時代に流されていただけのようにみえてしまいますよね。

■仕事自慢

・自分なしでは仕事は回らないという内容。家での自堕落な姿ばかり見せられては、説得力がない(男性/23歳/団体・公益法人・官公庁)
・仕事で成功した、貢献したという話。アドバイスを教えてほしいのに、肝心なところは教えてもらえずただの自慢に(女性/21歳/その他)

自慢ばかりしているところを見ると、本当に仕事で功績をあげているのかと、つい疑ってしまいます。

■なぜ自慢げ?

・バイクで大怪我した、ということを自慢げに話されたが、自慢するようなことじゃないと思った(女性/22歳/情報・IT)
・夜遊びで家が建つほどお金を使ったという自慢。もっと考えて生活しろよと思った(男性/22歳/金融・証券)

ケガの自慢をしてどうするのでしょう......。夜遊びで使ったお金はもったいないけど、それだけ自由に使えるお金があるなんてうらやましい!

■過去の栄光

・昔は痩せていたこと。当時の体型を今の年齢で再現してもらいたい(女性/24歳/食品・飲料)
・高校野球で、地区予選の決勝まで行ったことを何回も聞かされてうんざり(男性/30歳/機械・精密機器)

スタイルやスポーツのセンス......一番輝いていた頃の話を、何度も話したくなる気持ちは、ちょっと分かるかも!?

■他にも......

・大学生のときに、全財産100円でパチンコしたら勝って生き延びた、という話。それは凄いことだとは思うけど、100円になる前になんとかしろよと思った(女性/21歳/食品・飲料)
・小学生の時に、12月まで半袖半ズボンで登校していたという話。健康体なのは凄いと思うが、そこまでやせ我慢をする必要性もなかったのではと思う(女性/22歳/マスコミ・広告)

ギャンブルで生き延びた話や、子ども時代の服装のことを鼻高々に自慢されても、困っちゃいますよね。

コンクール受賞や仕事での貢献っぷりなどの優等生な自慢から、ケガやサボり、夜遊びなどのちょいワル自慢まで様々な武勇伝が集まりました。せっかくの良い話・おもしろい話も、何度も繰り返されるとありがたみがなくなりますよね。武勇伝を語るときは、うんざりされてしまわないよう、気をつけたいものです!

文・ロックスター

調査時期:2015年1月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:内定の出た大学生300人

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る