双子の神秘! 私が見た「双子あるある」エピソード「ホクロで判別」「二卵性だとガッカリされる」

2014/11/16

新生活・準備

双子の神秘! 私が見た「双子あるある」エピソード「ホクロで判別」「二卵性だとガッカリされる」

「もし自分が双子だったらなあ......」と、子供の頃に想像したことはありませんか? 顔も体格もほぼそっくりな相方がいたら、すごく心強いし、遊び友達としても最高ですよね。そこで今回は、「双子あるある」について、エピソードを集めてみました。

▼こちらもチェック!
大人になった今だから言える! 兄弟・姉妹に嫉妬したこと「姉にだけ成人式に大金」「兄は美形」

■間違われるのは日常茶飯事

・片割れの友だちにしょっちゅう間違われる(女性/28歳/建設・土木)
・もう片方と間違えられても、面倒なので訂正しない双子(女性/36歳/商社・卸)

相方に間違えられるのは慣れっこ。いちいち訂正するのも面倒なんでしょうね。

■ステレオ放送のよう

・同時に同じ言葉を発すること(女性/31歳/商社・卸)

「マナカナ」現象がリアルにあるんですね!

■トラブルに発展!?

・同じようなタイプの人を好きになる(男性/47歳/医療・福祉)

異性の好みは、脳の中の扁桃体という部分で、3歳までに決まってしまうとか。濃密な時間を過ごしてきたはずですから、好みのタイプが似るのも当然ですよね。

■さらに見分けがつかなくなる......

・子ども時の服がペアルック(男性/35歳/小売店)
・子どもの頃は服装も髪型も全く同じで、学校の先生すら見分けがつかない(女性/27歳/機械・精密機器)

同じ顔だけでも判別しにくいのに、おそろいの洋服を着られたら......。わかるのは本人たちだけ!?

■思い切って二者択一

・高校のクラスメートに双子がいたが、他クラスにもう1人がいて、雰囲気で見分けが付かないので用があっても声を掛け難い面があった(男性/34歳/金属・鉄鋼・化学)
・どっちがどっちか分からなくて、苗字でしか呼べない(男性/39歳/その他)

苗字で呼んだはいいものの、大切な用事は本人じゃないと伝わりませんよね。

■実は親孝行

・兄弟が多いことで親の負担を気にしているいい子が多い(女性/26歳/学校・教育関連)

双子の子育ては大変なこと。公立に進学するなど、親になにも言われなくてもちゃんと空気が読めるようになるようです。

■まるで間違い探し

・一卵性双生児は最初に見分け方を聞かれる(女性/27歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・余りにも似ている為、唯一ある違い「ホクロ」などで兄・弟を判断される(男性/42歳/機械・精密機器)

ほくろが顔など、わかりやすい場所にあるといいですけどね......。

■似ているからこそ......

・常に比較される。明るいほう、料理が上手いほうとかで呼ばれる(女性/23歳/生保・損保)
・どうしても兄弟の間で比較されてしまう(男性/27歳/金融・証券)

双子はきょうだいよりもなおさら、比べられてしまうかも。周囲も悪気はないのでしょうが......。

■双子のイメージを壊される!?

・二卵性だとガッカリされる(女性/27歳/金融・証券)

そっくりな双子を見るとテンションが上がりますよね。逆に似ていないとガッカリされるのも双子あるある!?

■本当に双子なの?

・別々の学校に進学した双子は、「自分の片割れがいることを信じてもらえない」と言っていた(女性/28歳/自動車関連)

仲良くなってから「そっくりのきょうだいがいる」と知らされたら、不思議な気持ちがしますよね。

■名前もおそろい?

・似た名前をつけられ、どっちがどっちか覚えるのに時間がかかる(女性/25歳/金融・証券)
・名前がセットっぽくなっている(男性/36歳/印刷・紙パルプ)

きょうだいでも同様のケースは多いですから、双子ならなおさら。

■まさにシンクロ!

・体調を崩すタイミングが一緒(女性/31歳/アパレル・繊維)
・一方が泣くと、もう一方がいつも理由もなく泣いていた。たいへん不思議に思った(男性/56歳/学校・教育関連)
・結婚してからもたまに会うと同じころ髪を切っている(女性/28歳/電機)

これぞ双子の神秘。どうして通じ合うのでしょうか?

■マンガや小説だけじゃない!

・交換して学校に行ったことがあるらしい(女性/32歳/情報・IT)
・一卵性双生児は一生に一度は入れ替わりを考えたことがある(女性/30歳/金融・証券)

バレないかな......とドキドキしそう! もし自分だったら、絶対にやってみたい!

今回のアンケートでは、自身も双子だという人は2.4%でした。みなさんの学校にも、学年に1組以上はいたのでしょうか。皆さんのコメントからも、双子には双子の苦労があることが垣間見えましたが、それでも双子に憧れてしまう人は少なくないでしょうね。

文・OFFICE-SANGA 相羽亜季実

調査時期:2014年11月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]