「ジェームズ」や「ロバート」はもういない? アメリカで今ポピュラーな名前ってどんなの!?

2014/11/09

付き合い・人間関係

「ジェームズ」や「ロバート」はもういない? アメリカで今ポピュラーな名前ってどんなの!

日本でも「今年の新生児に付けた名前で多かったもの」といったランキングが発表されますが、このランキングはもちろんアメリカにもあります。命名のトレンドは時代によって変わるといわれますが、アメリカではどうなのでしょうか? 今回は、アメリカの命名ランキングについて調べてみました。

▼こちらもチェック!
「太る」「毎日BBQ」「日本食を振る舞うも不評」日本とはかなり違う? アメリカの「ホームステイあるある」

まず、最新版(2013年生まれ)の最もポピュラーな「男の子の名前」は以下のようになっています。

■男の子の名前 Top10

第1位 Noah(ノア)
第2位 Liam(リーアム)
第3位 Jacob(ジェイコブ)
第4位 Mason(メイソン)
第5位 William(ウィリアム)
第6位 Ethan(イーサン)
第7位 Michael(マイケル)
第8位 Alexander(アレクサンダー)
第9位 Jayden(ジェイデン)
第10位 Daniel(ダニエル)

1位は「Noah」。旧約聖書までさかのぼれる名前ですが、現在でも人気があるのですね。「Jacob」「Michael」「Daniel」も聖書にその由来を持つそうで、根強い人気があるようです。また「Liam」「Mason」「Ethan」「Jayden」は、セレブや映画俳優など有名人の影響で上位に入っているのではないでしょうか。「Alexander」は、あの大王の名前で有名ですが、もともとギリシャ語由来で「人類の守護者」という意味だそうです。

次に最もポピュラーな「女の子の名前」は以下のようになっています。

■女の子の名前 Top10

第1位 Sophia(ソフィア)
第2位 Emma(エマ)
第3位 Olivia(オリビア)
第4位 Isabella(イザベル)
第5位 Ava(アバ)
第6位 Mia(ミーア)
第7位 Emily(エミリー)
第8位 Abigail(アビゲイル)
第9位 Madison(マディソン)
第10位 Elizabeth(エリザベス)

1位は「Sophia」ですが、この背景にはアメリカの人種事情があるそうです。アメリカではヒスパニック系アメリカ人の人口が増加していて、やがてヒスパニック系アメリカ人が最も多い人種になるといわれています。上位にあがった「Sophia」「Olivia」「Isabella」「Ava」などはそのヒスパニック系の名前なのだそうです。また、2位の「Emma」は、ハーマイオニー役でおなじみの「エマ・ワトソン」の影響もあるようですが、ヒスパニック系の子供にもよく付けられる名前のようです(2013年の「Top 10 Hispanic baby names in the United States in 2013」では6位に入っています)。

日本と同じように、アメリカでもその時代の動きによって赤ちゃんの命名が左右されるようですね。ただ、アメリカの場合は、宗教や人種の影響も大きく出ていて、長年ランクインしている名前もいくつかありました。女の子の名前ランキングでは、古風な感じがする「Elizabeth」が10位に入っているのは、日本人からするとかなり驚きの結果ではないでしょうか。

皆さんのイメージするアメリカ人の名前はランクインしていましたか?

データ出典:上記は、アメリカの社会保障局(SSA)のデータに基づいて2014年5月に集計されたものです。
http://www.socialsecurity.gov/...

(高橋モータース@dcp)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]