今話題の「カロパ食品」。食事のカロリーを減らす方法って?

2014/10/20

付き合い・人間関係

今話題の「カロパ食品」。食事のカロリーを減らす方法って?

生活習慣の中でも「食事」は一番、見直しやすい項目ではないでしょうか。

最近、「低カロリーなのに、おいしく腹持ちすること」を売りとした、カロリーパフォーマンスの高い「カロパ食品」が話題となっていますが、みなさんはどのようにして普段の食事をヘルシーにしていますか? 社会人のみなさんに聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
「太る」「不健康」わかっているけど止められない!「夜食」の上手な食べ方とは?

■食べ過ぎないように工夫

・ゆっくり時間をかけて食べる。気づけばお腹いっぱいになっている(女性/25歳/金融・証券)
・おかず一口に対して、ご飯を2、3口食べる(女性/41歳/マスコミ・広告)
・一気に全部食べず、半分食べたらテレビをみて、30分休憩してから続きを食べる(男性/35歳/機械・精密機器)

■「野菜から食べる」は鉄板!

・食事の際は野菜から先に食べることで、カロリーを抑えて満腹になるように工夫している(女性/26歳/運輸・倉庫)
・ドレッシングをかけていないサラダを先に食べる(女性/21歳/食品・飲料)
・野菜のおかずを先に食べて、血糖値の急上昇を防ぐ(女性/29歳/食品・飲料)

■意外と効果的?飲み物を活用

・汁物を飲んでお腹を膨らます(女性/25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・食事の時、汁もので胃を落ち着かせてから、メインを食べるようにしている(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・お茶を食事中に良く飲む。すぐに腹が膨れる(男性/33歳/機械・精密機器)

■油量を減らす

・肉の油は切り取る(男性/25歳/団体・公益法人・官公庁)
・魚は焼き魚や煮魚にして、油を落とす調理の方法で食べる(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・ひき肉を炒める時は、肉に含まれる脂だけで炒める(女性/31歳/その他)

■食材でカロリーオフ

・お米に雑穀をまぜて炊く(男性/27歳/金融・証券)
・豆腐やきのこなど、低カロリーのものを使用する(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁)

■かさ増しでお腹を満たす

・おから・こんにゃく・海藻類などの、かさ増し食材を取り入れるようにしている(女性/30歳/小売店)
・春雨を足す、こんにゃくを足す、鳥胸肉を足す(女性/27歳/その他)

■おやつも工夫!

・おつまみこんぶ。よく噛む必要があって唾液がでて満腹感がある気がする(女性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・繊維がたくさんある、パイナップルのドライフルーツを食べている(女性/36歳/商社・卸)


性別・年齢に関係なく、皆さん食事のとり方には工夫をしているようです。

また、普段料理に使用している「カロパ食材」を聞いたところ、一番多かった意見は「こんにゃく」でした。

こんにゃくは、低カロリーなだけでなく、お腹をきれいにしてくれるスグレモノ。最近では、こんにゃくでできた麺やお米も販売されており、まさしく「カロパ」にはぴったりな食材ですね。

決まった時間に食事がとれなかったり、付き合いや接待で飲み会が続いたりと、社会に出ると、規則正しい食生活を心がけたくても、なかなかうまくはいかないもの。とはいえ、不規則な食生活を続けていると、気づけばメタボ体型に!・・・なんてことにもなりかねません。

最近ではコンビニエンスストアでも、栄養やカロリーに気をつかった食事が多く販売されています。

食生活が乱れている人は、「カロパ」を意識した食事で今一度献立を見なおしてみては?

文●ロックスター

調査時期:2014年10月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]