「水泳→水に入る機会がない」「そろばん→電卓がある」社会人になって「使いどころが無い」と感じた習い事

2014/10/02

付き合い・人間関係

「水泳→水に入る機会がない」「そろばん→電卓がある」社会人になって「使いどころが無い」と感じた習い事

小さいころ、両親にすすめられてスイミングやピアノなどの習い事をしていた人は多いでしょう。なかには、いくつも習い事を掛け持ちしていた人もいるのではないでしょうか? しかし残念ながら、社会に出てから振り返ってみると、その習い事は「全く役に立たなかった......」と感じている人も多いようです。そこで、実際にどのような習い事についてそう思ったか、聞いてみました。

▼こちらの記事もチェック!
「アナタの特技は何ですか?」どのくらいの自信があれば特技って言える?「英語→電話でも対応できる」「ピアノ→人さまに聴かせられる」

■「そろばん」「書道・習字」経験者は多いけど......。

・そろばん。電卓があるから(男性/34歳/学校・教育関連)
・そろばんは楽しかったけど、計算機でできる(女性/43歳/医療・福祉)
・書道。普段あまり字を書かないので(女性/32歳/小売店)

計算・読み書きの基本を鍛える習い事だけに、経験者は多数。社会人ともなると、自己紹介のときに特技として話せる程度にしか役に立たないのかもしれません。でも、書道は使う機会もそこそこありそうな気も......!? 書道や習字で達筆を身につけた人なら、結婚式の記帳などの字を書く機会に、一目置かれそうですね。

■体力だけはついた?! スイミングスクール

・水泳。水に入らない限り何もメリットがない(女性/28歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・8年もやった水泳。大人になったら泳がないから(女性/31歳/金融・証券)
・スイミング。泳ぐ機会などほぼないから(女性/25歳/小売店)
・水泳。日常生活で海やプールに行かないので(女性/34歳/機械・精密機器)

スポーツ系の習い事で一番回答が多かったのは、水泳でした。成長期の子どもが体力を付けるにはもってこいの習い事ですが、大人になってしまうとプールや海で泳ぐ機会も減るので、「役に立っている!」と実感できるシーンはめったになくなってしまうのでしょうね。

■才能さえあれば......音楽系の習い事

・アコースティックギター。音楽は今の職種には無関係だから(男性/41歳/自動車関連)
・ピアノ。幼少時にやめてしまい、もうほとんど弾けないから(女性/27歳/その他)
・ピアノは弾かないと弾けなくなるし、仕事で使うことはない (女性/32歳/情報・IT)

ピアノをはじめ、楽器を習っていた人もたくさんいました。せっかく小さい頃に教室に通っていても、練習を怠るとすぐに腕がなまってしまうのが残念ですね。趣味で楽器を続けている社会人もいますが、習い事をやめると同時になんとなく弾かなくなってしまう人も多いようです。

■役に立たないものはない

・特になし。例えば英検を勉強したところで英会話は上達しないが、英語を学べるし、話のネタにもなるのでコミュニケーションに役立つ(男性/30歳/その他)

今の仕事や生活には役立たなかったとしても、いつか別の場面で役立つときがあるはず、と思えるのは大切なことですね!

多くの習い事については「今の仕事や生活で使う機会がない」と感じている人が多いようです。とは言え、いつかは「習っていてよかった」と思える機会が来るかもしれません。自分から、習い事で身につけた特技や習慣を活かせる方法を考え、実践してみてもよいのでは? 

調査期間:2014/9(フレッシャーズ調べ)
調査対象:社会人男女
有効回答件数:500件

文/ふくだりょうこ+プレスラボ

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]