オフィスでの存在感アリとナシ、得するのはどっち?「アリ:54.4%→困ったときに助けてもらえる」

2014/07/22

対人マナー

オフィスでの存在感アリとナシ、得するのはどっち?「アリ:54.4%→困ったときに助けてもらえる」

オフィスでは存在感がある人もいれば、ほとんど目立たない人もいますよね。仕事上では、存在感があるのとないのでは、どちらが得なのでしょうか? 具体的なエピソードも含めて、社会人に聞きました。

▼こちらもチェック!
本当は私、違うんです! 職場でつけられたこんなキャラ

Q.職場で存在感アリとナシ、どっちが得すると思いますか?

 アリ......277人(54.4%)
 ナシ......223人(44.6%)

「アリ」の方が多かったですが、「ナシ」も約45%と多め。それぞれの理由や具体的なエピソードを見ていきましょう。

■存在感があると「評価が上がった」「人に相談しやすい」

・存在感がある方らしく、頑張っているところを見てもらえて、そんなにたいしたことしてないのに、人事考課の評価が上がった(女性/29歳/金融・証券)
・発言力があるほうが強い(男性/30歳/金融・証券)
・あると気にかけてくれて、愛情ある怒り方をしてくれる(女性/29歳/生保・損保)
・困ったことがあったときに相談して助けてもらい、かつ人脈になった(男性/32歳/医薬品・化粧品)
・いろいろ頼まれごとをするのは、受けたくない内容もあるため歓迎しないが、いざ自分が相手に依頼をするときは、これまでのやり取りもあり、スムーズに受けてもらえるので得した気持ちになる(男性/33歳/運輸・倉庫)
・いないとさみしいとよく言われる。得はしないけどうれしい(女性/27歳/商社・卸)

存在感があると評価されやすく、経験できる仕事も増えますよね。その分、忙しくなりますが、困ったときには周囲に助けてもらえるというメリットもあるようです。

■「失敗がバレやすい」「転職しにくい」というデメリットも

・とにかく昔から目立つようで、学校でもとにかく先生からのターゲットにされていたが、職場でも同じようなことになっている。私が代表で怒られることがすごく多い(女性/27歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・良く行動が面白いと言われ目立っているようなので、失敗がすぐにバレる(女性/31歳/ソフトウェア)
・存在感があると、期待されそうで失敗したときに反動がありそう(男性/29歳/運輸・倉庫)
・存在感強いと転職しにくい(女性/29歳/金属・鉄鋼・化学)
・知らないところで行動が見られている(女性/25歳/電機)
・いちいち誰かに呼ばれて仕事が進まなくなる(女性/28歳/金融・証券)

一方で存在感があると、失敗が目立ちやすいもの。期待が高い分、ガッカリ度も増すでしょう。とはいえ、誰にでも失敗はありますから、気にすることでもないのかも?

■存在感がないと「飲み会に出なくてもいい」「派閥争いに巻き込まれない」

・日頃から存在感を程よく消しているので、飲み会に出なくても何も言われない(女性/26歳/食品・飲料)
・面倒なことを頼まれないので、定時に帰ることができる(女性/33歳/秘書・アシスタント職)
・幹事などめんどうなことがまわってこない(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・存在感をなくしていたことで、自分だけ怒られなかったことがあった(男性/31歳/商社・卸)
・不毛でくだらない派閥争いに巻き込まれないで済んでいる(女性/30歳/小売店)
・会社に存在感のない人が数人いるが、サボるのがうまく、結局いなくてもわからないので、バレなくて羨ましい(女性/33歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

一番多かったのが、「嫌な飲み会に行かなくて良い」という回答。面倒な仕事を頼まれることもなく、無駄なストレスも減らせる分、マイペースがキープできます。

■デメリットは「評価してもらえない」「アドバイスをもらいづらい」

・ナシだと、どんなにアピールしても気づいてもらえないかもしれない(女性/28歳/自動車関連)
・自分は控えめなので、見てくれる上司でないと、頑張りに対し評価が低くなる(男性/29歳/建設・土木)
・存在感がないほうなので、誰かにアドバイスをもらおうとしてもなかなか話し掛けづらい(男性/27歳/金属・鉄鋼・化学)

一方で、よほどアピールしないと評価されにくかったり、他の人にアドバイスや助けを求めにくかったりするという点も。「お菓子が回ってこない」なんて声もありました。

仕事に打ち込みたい人は存在感がある方がよく、自分のペースを確保したい人は存在感がない方がよいよう。自分のストレス耐性度や、環境の向き不向きもあるでしょうね。あなたはどちらが得だと思いますか?

文・OFFICE-SANGA 宮野茉莉子

調査時期:2014年7月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人500人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

対人マナーの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]