恋に出会う方法で一番多いのは? [イマドキの恋愛調査]

2014/03/31

新生活・準備

恋に出会う方法で一番多いのは? [イマドキの恋愛調査]

「出会いがない!」と悩んでいる人って、意外と多いんですよね。多くの人は、どんな方法で出会いを探しているのでしょうか?

社会人男女423人に「恋の出会いはどうやって見つけているか?」のアンケートをとったところ、一番多いのが「友達からの紹介」31.2%、続いて、「職場」16.8%、「合コン」13.7%という結果でした。最近はネットなどの交流で見つけようとする人も多いと聞きますが、今回は9.2%とやや少なめでした。

▼こちらもチェック!
ネットでの出会いについてどう思う?→アリ:48.3%「共通の趣味を持った人と出会うのにピッタリ」

■「友達からの紹介」のメリットは?

「友達からの紹介」のメリットは、友達が自分に合うと思う異性を紹介もらえること。さらに、紹介だとピンポイントで会うので、合コンやパーティーなどでは目立たないタイプの人にも、恋をつかめるチャンスが高まることです。

逆にデメリットは、相手が好みのタイプではなかったときに断る際、友達に少なからず迷惑をかけてしまうことでしょう。

■「職場」のメリットは?

「職場」のメリットは、「自然な出会い」だということ。さらに仕事のやり方で人柄が見えるものなので、同じ仕事に携わったりすると、ある程度はお互いに相手の良いところも悪いところも分かった上で付き合えることでしょう。

デメリットは、別れてからも顔を合わせなくてはいけないこと。好きで別れたときは、ある意味地獄です......。軽はずみな気持ちで関係を深めない方が無難でしょうね。

■「合コン」のメリットは?

「合コン」のメリットは、手軽さと複数の異性と同時に出会えるので、好みのタイプの人に出会える可能性が高まること。一方デメリットは、関係が発展しにくいことでしょう。合コン慣れをしてしまう人も多く、その場合、本気度が足りないので、その場限りで終わることも多いのが現実です。

■縁を大切にすることが、恋をつかむチャンスに!

実は、今回のアンケートではもう1つ、こんなことを聞いてみました。「面白い出会いのエピソードがあったら教えてください」。すると、こんな回答がありました。

「よく行くスタバが混んでいて相席になった。また次の週に行ったら横の席にその人が来て話が弾み、それきっかけで付き合うことに」「海外旅行中に旅行先で出会った人と帰国後にもまた偶然会った」「新しく引っ越してきた隣人が職場の同僚となり、隣の席になった」「財布を忘れて、知らない人におごってもらったのがきっかけ」など。

縁って、本当にあるんですよね。ただ、こんなドラマチックなものばかりではなく、もちろん友達に紹介してもらった相手、職場が同じであること、合コンで一緒になったのも、なにかの縁なんです! つまり、出会う人すべてが、実は縁のある人。ささいないことでも、一つひとつの出会いを大切にすることが、結果的に恋をつかむチャンスになるんでしょうね。

文●ひかり

調査時期:2014年2月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:18〜33歳の社会人423人(インターネットログイン式アンケート)

ひかり
恋愛コラムニスト。All About恋愛ガイド。ブログ「ホンネのOL"婚活"日記」は月40万PVほどの人気。新刊『愛される人の境界線 〜「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法〜』(KADOKAWA中経出版)が発売中!ホンネのOL"婚活"日記:http://ameblo.jp/olhonne/

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

新生活・準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]