わかっているけどやめられないダメなクセ

2013/09/24

付き合い・人間関係

わかっているけどやめられないダメなクセ

子どものころから続いている変なクセのひとつやふたつ、誰しも持っているかと思います。これが笑って許せるものならいいけれど、他人に知られたらドン引きされるような代物なら、さあ大変。社会人になったのを機に慌てて改めようと思っても、ちょっとやそっとでは治らないんですよね。そこで、20〜30代の社会人男女に「わかっちゃいるけどやめられないダメなクセ」を聞いてみました。



【ストレス発散】

・「ライブでのヘッドバンギング。ヘドバンしてこそライブ! って自分の中で勝手に思っている。負担がかかる縦のヘドバンはしないなど気をつけてはいるが、翌日は絶対に筋肉痛......」(女性/21歳/医療・福祉)

・「氷を食べる」(女性/24歳/商社・卸)

・「ガソリン(車?)の無駄遣い。ストレス解消の一部で、車に乗ってアクセルを踏むのが快感になっている」(男性/26歳/自動車関連)

・「ストレスが溜まった時の暴食。禁煙していることもあり、ストレスがすべて食に向かうことをとめられない」(女性/26歳/小売店)



日ごろのストレスが溜まりに溜まると、どこかで発散しなければ気が持ちません。



【ちょいエロ】

・「エロい妄想。エロいことをたまにすること。本能として」(男性/23歳/医療・福祉)

・「夏は暑いから家の中で全裸」(女性/24歳/食品・飲料)

・「女子の胸を見てしまう本能。やめたい」(男性/29歳/電機)

・「風俗通い。お金がもったいないし、恥ずかしくて人に言えないから」(男性/29歳/自動車関連)



健康な人なら当然といえば当然......かなあ。



【倹約】

・「副業。暇つぶしになるから」(男性/24歳/小売店)

・「金券ショップを巡り、節約すること。お金の節約になってはいるが、時間はかかっているので、対価が微妙だなと思いながらもやめれない」(女性/27歳/)

・「アンケート。回答ポイントがたまる」(男性/27歳/建設・土木)



このくらいの年齢なら遊びたい盛りのような気もしますが、皆さん金銭感覚がしっかりしています。



【子どもみたいな癖】

・「赤ちゃんみたいにタオルが手放せない」(女性/24歳/電機)

・「きれいな硬貨を使わずとっておくこと。使うのに抵抗があるので」(女性/24歳/運輸・倉庫)

・「ホットケーキミックスを生で食べる。焼くよりおいしい」(女性/24歳/機械・精密機器)

・「かさぶためくり。触ってると取りたくなるから」(女性/25歳/機械・精密機器)

・「地震がこわいからトイレのドアは閉めない」(女性/33歳/情報・IT)

・「お風呂でカフェ。お風呂で冷たいアイスカフェオレを飲むとおいしいので」(女性/26歳/学校・教育関連)



大人になっても童心を持ち続ける人たちです。これなら周りにバレてもカワイイと思ってもらえるかも。



【不摂生】

・「ポテチを2袋一気に食べる。ポテチが美味しくて食べ過ぎるから」(男性/31歳/情報・IT)

・「歯を磨いたあとに甘いものや炭酸飲料などを摂ってしまうこと。普通、歯を磨いたあとはブレーキがかかると思うのだが、私の場合、寝る前に食べるのをやめられない」(女性/25歳/金融・証券)

・「定期的にドカ食いをしてしまうこと。自分の食欲を制御できなくなってしまうことがある。やめたいと思いつつ、やめられない」(女性/28歳/学校・教育関連)

・「休日家から一歩も出ない。土日で約48時間は外出一切なし。家遊びが好き。気候的にも出る気がしない」(女性/34歳/情報・IT)



食べ物の誘惑は拒むのに強い精神力が要求されるもの。年齢を重ねるごとに痩せにくくなっていくので、要注意ですよ!



【迷惑】

・「お酒を飲んだらゲップをしてしまう。スッキリするから」(女性/24歳/小売店)

・「部屋で屁をこく。品のある行動ではない」(女性/28歳/その他)



ゲップやおならなど、身体から出るものはだいたい他人に迷惑をかける恐れがあります。鼻をつままれないように気をつけて。



いかがでしたか? かわいいものからヘビーなものまで、人の数だけクセはあるみたいです。いいクセは伸ばし、悪いクセは自分の胸の内にそっと隠しておけるといいですね!



文●齋藤ジョン市(清談社)



調査期間:2013年7月

アンケート対象:フレッシャーズ調べ

集計対象件数288件(インターネットログイン式アンケート)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]