社会人に聞いた、あなたの「おふくろ」の味ってなに? 人気は「味噌汁」「ポテサラ」「カレー」

2015/04/26

付き合い・人間関係

ときどき、母親の作ってくれた料理の味が無性に恋しくなることはありませんか? 特に親元を離れてしまうと、なかなか食べられない母の手料理。家庭ごとに、いろいろな「おふくろの味」があることでしょう。そこで今回は、社会人に「おふくろの味といえばコレ!」というメニューを教えてもらいました。

■「おふくろの味」の定番メニュー

・お味噌汁。外で食べるお味噌汁とは何か味が違う、我が家の味(女性/30歳/金融・証券)
・卵焼き。お弁当の定番だった(女性/22歳/その他)

こういった基本の家庭料理は、家によって味が全然違うからおもしろいですよね。

■おふくろの一工夫

・唐揚げ。自分の家では、衣にふりかけの「ゆかり」を入れて作っていて、おいしかった(女性/24歳/建設・土木)
・ハンバーグ。隠し味で必ず入れてくれるスパイスがとてもうまい(男性/25歳/運輸・倉庫)

「ゆかり」入り唐揚げは、サッパリ食べられそう。ハンバーグの「必ず入れてくれるスパイス」も気になります。

■自分で作ると何かが違う!

・ポテトサラダ。どうやってもあの味を再現できない(男性/38歳/通信)
・野菜炒め。母さんしか出せない味(男性/22歳/商社・卸)
・唐揚げ。唐揚げは簡単なのに、お母さんと同じ味が出せない(女性/26歳/食品・飲料)

筆者もときどき母から作り方を聞いて「おふくろの味」再現に挑戦しますが、どうしても同じ味にはなりません。やはり経験がものを言うのでしょうか......?

■手の込んだ料理をありがとう

・茶碗蒸し。茶碗蒸しが大好物だったので、リクエストをできるときはいつも茶碗蒸しをリクエストしていた。今思えば、面倒な料理を嫌がらず作ってくれていた母には感謝(女性/37歳/その他)
・茶碗蒸しが好物だったので、落ち込んでいるときやお祝いのときに食べ放題並みにたくさん作ってくれた。お餅が入っている茶碗蒸しは「当たり」で、家族みんなで「入っていた、入っていなかった」と言って一喜一憂していた(男性/22歳/学校・教育関連)

「当たり」入り茶碗蒸しはうれしいですね! 食卓が盛り上がりそう。

■懐かしの家カレー

・カレー。カレーなんてどこも同じと思っていたが、ほかの家のカレーを食べて母が作ったカレーが好きだと思った(女性/23歳/機械・精密機器)
・圧力鍋で作るので、ほかの家、お店のカレーとはひと味違っていた。父が辛いモノが苦手だったので、少し甘口かもしれない(男性/30歳/学校・教育関連)

カレーも、家庭によって味がかなり違いますよね。お店のカレーもおいしいですが、家カレーはまた別モノです。

■これもまた「おふくろの味」

・コロッケ。焦げ焦げで特徴があったから(男性/36歳/機械・精密機器)
・お好み焼き。非常に重たくて、胃がもたれるほどだった(男性/22歳/自動車関連)

焦げていたけど、胃もたれしたけど懐かしい......。それが「おふくろの味」なのです。

■なぜかカレー味

・ロールキャベツ。カレー風味で店では食べられない(女性/32歳/医療・福祉)

実は、筆者の母が作るロールキャベツも昔からカレー味。一般的なロールキャベツがカレー味ではないと知ったときは、衝撃でした。

■おふくろの味といえば煮物!

・肉じゃが。経験がものを言うメニューな気がする(女性/27歳/団体・公益法人・官公庁)
・肉じゃが。クタクタに煮込んであって、ジャガイモがそこまで好きではないのに、おいしいと思えるから。外で食べたりすると形が上手く残っていたりして、逆に違うと思う(男性/35歳/金属・鉄鋼・化学)

煮込みすぎてグズグズになった肉じゃがを、ご飯にかけて食べるとおいしいです。

■母の特製○○

・イカの塩辛。店で売っているやつじゃなくて、生のイカから作っている(男性/22歳/学校・教育関連)
・肉まん。小さいときに手作りで作ってくれて、おいしかったから(女性/23歳/金融・証券)

イカの塩辛や肉まんの手作りなんて、とても料理上手なお母さんですね。

■白いご飯は何よりのごちそう

・ご飯。お母さんは、炊飯器ではなく土鍋でご飯を炊く。炊飯器で炊くのとまったく味が違うので、食べるたびに母の味だなと思う(女性/23歳/その他)

たしかに、土鍋で炊いたご飯は一味違います。そんなおいしいご飯をいつも食べていたなんて、うらやましい......。

みなさんにとっての「おふくろの味」は登場しましたか? 忙しくて、なかなか実家に帰れないという人も多いことでしょう。ふと「おふくろの味」が懐かしくなったときは、なんとか時間を作って、里帰りをしてみてはいかがでしょうか。「ねえ、アレ作ってよ」と甘えられたら、きっとお母さんもうれしいはず!

文・OFFICE-SANGA 森川ほしの

調査時期:2015年3月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人344人(インターネットログイン式アンケート)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

付き合い・人間関係の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]