今考えるべきマネーライフ。社会人は、老後までにいくら貯めたい? 平均は「4000万円」以上

2015/03/25

今考えるべきマネーライフ。社会人は、老後までにいくら貯めたい? 平均は「4000万円」以上

少子高齢化や年金減額、医療費や介護費の負担増に消費税増税にと老後にまつわる不安がいっぱいな現代社会。できるなら、今の内に貯金はたくさんしておきたいですよね。

そこで今時の社会人は、老後までにいくら貯めたいと思っているのか聞いてみました。





回答結果は平均「4360万円」。

いったいどうしてでしょうか? それぞれの回答理由を見ていきましょう。





■最低でも1,000万

・1,000万円。最低これくらいはないと、自分達の老後に年金がもらえるかもわからないので(女性/26歳/食品・飲料)

・1,000万円。これで足りることはないだろうが、これくらいは無いと不意の出費に耐え続けられるかどうか......。稼ぎ続ける事も視野に入れたいもの(男性/35歳/金属・鉄鋼・化学)





金銭面で老後のリスクを回避するには最低でも1,000万円はためておきたい、と考える人が多いよう。確かに老後だから急な出費がないとは限らないですよね。





■年金だけでは生活費が足りないから、2,000万円

・2,000万円。60歳から80歳までの分として、年間100万円は最低でもないと年金をもらえたしとしても生活できないと思うので(女性/22歳/建設・土木)・2,000万円。もっと必要なのはわかっているが、これくらいが限界かも。理想は5,000万円くらいだが(男性/30歳/その他)





また老後の生活費のやりくりを年金だけに頼れないと考えている人は、2,000万円の貯金を考えていました。年金にプラスしてこれだけあれば安心です。





■年300万円で10年生きられるから3,000万円

・3,000万円。月10万円かかるとして、10×12カ月×20年=2,400万円、それでは足りないのでプラスアルファをしてそのくらい。どうせ年金はもらえないだろうし(女性/28歳/建設・土木)

・3,000万円。年間300万消費したとして、10年は生きられるようにしたい(女性/23歳/団体・公益法人・官公庁)





さらに一切年金支給を期待していない人は、3,000万円の貯金を考えているのだとか。無収入でも10年、20年生きられる貯金があればかなり安心です。





■無収入で25年生きる、医療費・介護費負担も考えるなら4,500万円〜5,000万円?

・4,500万円。年金はあてにならないので、60歳定年・85歳で天寿と仮定したとき15万円×12×25で単純計算したから(男性/39歳/その他)

・5000万円。夫婦ふたりで老後を過ごすのに、医療費や介護費を考えたらそのくらいのたくわえがあったほうが安心だから(女性/32歳/その他)





寿命を85歳と考えるなら4,500万必要という意見も! また生活費だけでなく医療費や介護費も考えるなら5,000万円必要という意見もありました。





■90歳まで生き、老人ホームに入るなら1億円!

・9,000万円。老後30年だとすると、一年300万円使える計算で(女性/34歳/学校・教育関連)

・1億円。年金は当てにならないし、老人ホームに入ることの資金も考えると1億円ぐらいは必要と思う(男性/32歳/機械・精密機器)





90歳まで生きる算段を組んでいる人、老後は老人ホームで暮らす人は9,000万円〜1億円の貯金を考えているよう。壮大な貯金計画です!





老後の暮らしを考えるなら、早いうちから貯金は取り組んでおくべきもの。ただし、いくらくらいためておけばいいのかは意外とよくわからないですよね。今から老後のためにいくら貯金するか計画を立てるなら、ぜひ上記のみなさんの意見を参考にしてみてください。





調査期間:2015/3月(フレッシャーズ調べ)

調査対象:社会人男女

有効回答件数:329件

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]