ベンチャービジネスの寵児に聞く! 大学生起業家が成功するためのヒント【前編】

2015/06/22

社会人ライフ

対人マナー

近年は大学生によるネットビジネスの起業が盛んですが、その多くがサービスの収益化に苦しみ、継続できていないのが現実です。ではどうすれば学生の起業を継続・成功させることができるのでしょうか。学生時代に創業してからさまざまな事業の経験を積み、多くの成功を収めてきたビジネスアイデアの天才・ビジネスコンサルタントの渡邊健太郎さんに聞きました。



必ず成功する「ビジネスの4原則」とは?

――大学生起業家のビジネスで利益が出にくいのは、その多くが「学生向け」サービスであることも一因ではありませんか?

「大学は人生の分岐点なので、ここで得た学生の顧客が生涯に渡って利益をもたらしてくれる、そんなビジネスモデルを描くことも可能ですよね。でも、大学生には身近にもっと大きなチャンスがあります。それは大学OBの経営者の存在です。ゼミの教授にお願いして、卒業生で社長になった人を紹介してもらうんです。僕自身もよく頼まれて、起業を志す学生の相談に乗ったりしますが、誰だって、後輩が自分のところに来てくれれば可愛いし応援したいと思いますよ。先輩を頼っていけば、顧客として契約も取れたりするので、企業相手のビジネスも軌道に乗りやすい。大学生なら、このヒューマンインフラを利用しない手はありません」(渡邊氏、以下同)


――では、大学生起業家のビジネスが成功する秘訣は何でしょう。

「特に学生限定ではないのですが、『ビジネス成功の4原則』を提唱しています。 第1は『立ち上げコストを限りなくゼロに』。今はパソコンや回線料も安いし、無料のウェブサービスもたくさんあります。初期費用がほぼゼロで起業できるので、チャンスは多い。逆に、事務所や店舗を持つようなビジネスは、大学生にはお勧めできません。 第2は『月極でお金が入る仕組みを作る』。毎月一定の収入があり、しかも小額多数であるほどビジネスは安定します。一般ユーザーでもいいですが、企業との契約も欲しい。こんな時こそ、先ほどお話した大学OBのいる会社が頼りになると思います。 第3は『利益率の高いビジネスをする』。粗利は少なくとも7割以上は欲しい。そして第4は『在庫を持たない』。これら4つの原則を守り、あてはまるものが多いほどビジネスがうまくいく確率は高くなります」



人が避ける業界にこそチャンスがある!

――学生は4原則を守ってどんなことを始めるのが良いのでしょうか?

「やはり学生が始めやすいのは、アプリ開発や情報メディアの制作でしょうね。 ただ、みんながやりたいことは結局どれも似てきてしまいます。そこで強く勧めたいのが『人がやりたがらないこと』に関わるビジネス。今や3Kや5Kと言われる世界には、ビジネスチャンスが山のようにあります」


――キツイ・汚い・危険、といったものですね。たとえばどういう事業でしょうか?

「たとえば最近、飲食業はキツいと若者に徹底的に敬遠されていて、人手不足が深刻になっていますよね。そこでもし若者をモチベートする画期的な人材派遣のしくみが開発できたら、飲食業界が殺到するでしょう。今年話題になっているネット上の風評監視システムなども、若干後ろ向きですけど、企業のニーズはとても多い。東南アジアには、日本製のバキュームカーを払い下げて衛生&堆肥ビジネスを展開する若者もいます。これも敬遠されがちな分野ですが、非常に有益で将来性がありますね。 これからのベンチャーは、ビジネスの4原則を守り、みんなが避ける分野に参入することができれば成功は近いと思います。現代は『ブラック』と言われるところにこそ、光があるんです」




渡邊健太郎(わたなべ けんたろう)

専修大学在学時にエンパワーメント(現ネットランドジャパン)を創業。現在は、中小企業の中に埋もれたビジネスの種を掘り起こしながら、次世代起業の可能性を探る。 アイデア発想やビジネスモデルについて教えるセミナーも開催。 著書に『アイデア鉛筆 たった一振りでチャンスをつかむ面白発想法』(日本能率協会マネージメントセンター)、『ビジネスは「客数」×「客単価」×「購入回数」だけで出来ている!』(ごま書房新社)他多数。

(取材・文/鈴木恵美子)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

社会人ライフの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]