そろそろ準備すべき? 不動産のプロに、損をしないための「賃貸物件を借りるときの心得」を聞いてみた!

2015/02/06

入社準備


■物件を決める際の優先順位は!?

——賃貸物件を決めるときのポイント、その優先順位は?

「間取り」「南向き」「駅近」「バス・トイレ別」など、人によってさまざまな条件があると思います。それは皆さんそれぞれですので一概にはいえませんが......、一番重要なのはやはり「賃料」です。

無理して賃料を出すことは考えない方が良いと思います。賃料は毎月必ず発生するコストですから、これを無理しない、できるだけ安価に、妥協できる金額にしておくことです。その分は生活の余裕になる、そう考えるのが良いでしょう。

ちなみに「家賃は生活コストの1/3未満になるように」とは、よくいわれるところです。賃貸物件を探すときには、これを常に頭に置いておくのが良いと思います。

■時期を外してみるのも一つの手!

——これから新入社員になる! という人にアドバイスはありますか?

そうですね。大学を卒業して、新入社員になるという人では、全ての人が引っ越すわけではありませんよね。大学時代に住んでいたところから通勤するという人もいらっしゃるでしょう。そういった人は、繁忙期を外して物件を探すというのも一つの手です。

——どういうことでしょうか。

11月、12月、そして翌年の3月までというのは、一年の中でも一番引っ越しの多い、賃貸物件の動きの激しい時期なのです。実は4月、5月もこれに続きます。というのは、引っ越ししたものの「ここじゃなかった」という人、また配属が決まって異動になった人などがこの時期に移動するのです。

でも、7月、8月には動きが止まります。繁忙期は動かず、この時期に賃貸物件を探すと、意外な掘り出し物が見つかることがあります。また、この時期は移動する人が少ないので、条件交渉を優位に進めることができますよ。

——ありがとうございました。

フレッシャーズの皆さんは参考になりましたでしょうか? まず賃料の上限を決めて、そこから出ないことを念頭に、気になった物件を実際に見て決めましょう! またできるだけ早く動きだすのがいいようです!

(高橋モータース@dcp)

関連キーワード:

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

入社準備の人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集

     ビジネス用語・カタカナ語80選

     先輩社会人の働き方本音トーク

     キャリアロードマップの一歩目

    ピックアップ [PR]

    イベント

    もっと見る