え、そんなに高いの!? 外国の銀行の利子ってどんなもの?「アルゼンチン→25%」「ウクライナ→21%」

2015/01/23

投資・ローン


日本の銀行の利子が低いということは、銀行口座を開設している人なら誰でも知っていることですよね。でも、どこの国の銀行もそんなもんじゃないの? なんて疑問を浮かべた方もいるはず。そこで、今回は海外の銀行の利子について調査してみた。

▼こちらもチェック
「貯まる体質」を目指す第一歩! 社会人になったら始めたい「財形貯蓄」とは?

■日本は300万円を1年間預けて「750円」!

まず、日本の銀行の利子を見てみましょう例えば『みずほ銀行』の「スーパー定期300」という預金コースで300万円を預けると、1年の利息は「0.025%」。300万円の「0.025%」というと、「750円」。多くの日本の銀行がこのくらいの利息です。では、気になる海外の銀行は......?

■アルゼンチン「25.0%」! ウクライナ「21.0%」! モンゴル「15.1%」!

例えば、先日国債がデフォルトした「アルゼンチン」。アルゼンチンの銀行の定期預金の金利は軒並み20%を超えています。恐ろしいことに「25%」という銀行もあります。

アルゼンチンの銀行『ICBC Argentina』では、1年間の定期預金(Term Deposit)の金利を「25.0%」としています。ただし「アルゼンチンペソ」の価値がとても危ういので、25%の利子が無事に付いたとしても、通貨の大暴落で結果大損という事態もあり得るのです。

ウクライナの銀行『Prominvestbank』では、1年間の定期預金(Term Deposit)の金利を「21.0%」としています。驚くべきは、1カ月の定期預金(Term Deposit)の金利が「21.60%」だということ。これは裏を返せば、「1カ月後にここまでインフレが進んでてもおかしくない」ということが言えるのです。お金を預けるのに勇気がいりますね!

ちなみに、日本に力士を多く輩出している国、モンゴル国も金利の高い国です。モンゴルの『KAHN BANK』では、1年間の定期預金(Term Deposit)の金利を「15.1%」としています。かなり高いですが、やはりインフレが心配な国でもあります。

■ロシアも高いよ! 「9.50%」!

現在、絶好調で通貨暴落中のロシアの銀行の金利も高いです。ロシアの銀行『ROSBANK』では、1年間の定期預金(Term Deposit)の金利を「9.50%」としています。2年間預けると「9.70%」。3カ月でも「8.35%」もあります。

現在の状況を見ていると大変に危ないのですが......。

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

投資・ローンの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]