【どっちがおすすめ?】プログラミングと動画編集を徹底比較

「動画編集とプログラミングってどっちが稼げるの?」
「動画編集とプログラミングってどっちが難しいんだろう?」

この記事はそんな疑問を持った人に、おすすめです。

この記事で分かること

  • 動画編集とプログラミングの将来性
  • どちらが難易度が高いか
  • メリット、デメリット
  • それぞれの向いている人、向いていない人
  • おすすめのスクール

この記事で伝えたいポイントは、以下の通りです。

動画編集とプログラミングは、どちらとも将来性のある仕事です。

自分に合うのはどちらか、雇用形態適性といった視点で考えることが大切です。

ぜひ最後までお読みください。

またこの記事では動画編集とプログラミングのおすすめスクールも、それぞれ紹介しています。

「なんでスクールなんて紹介するの?」
そう考えているあなたに結論から申し上げます。

  • IT系のスキルは独学で身につける初心者が多く、知識があれば良質な案件が取りやすい。
  • IT技術の習得で1番の懸念とされている「挫折」を回避できる可能性が高い。
  • 無料カウンセリングだけでも現場で求められる人材や、優先的に身につけるスキルがわかる。

上記のようなメリットがあるからです。

また独学を検討している人も、無料相談会で今後の学習計画を立てるのも、効率よくスキルアップする方法の1つです。

ぜひ参考にして下さいね!

>>>>>動画編集の人気記事はコチラ!<<<<<
【2022年最新】おすすめ動画編集スクール15選を徹底比較!選び方や目的別で紹介

目次

【どちらかを選ぶ前に】プログラミングと動画編集の特徴

プログラミングと動画編集の特徴は、以下の通りです。

プログラミングの特徴「覚えると様々なものが作れる」

プログラミングはスキルを身につけると、様々なものが作れるのが特徴です。

プログラミングとは

コンピューターに対し特定の言語や式を用いて、指定のアクションを正しく行うように命令すること。

プログラミングをすることで、ウェブサイトやゲームアプリなど、便利なシステムを作れます。

それだけでなくIoT家電の製作やAI開発に関われたり、作れる幅が広いです。

またプログラミングを覚えると、システムエンジニア(SE)になれます。

システムエンジニア(SE)とは

クライアントの問題解決のため、要望を聞きながらプロジェクト全体を管理する仕事。

プログラミングをするための設計書を作成したり、自らがプログラミング業務を兼任する場合もある。

プログラマーとSEはしばしば混同されますが、SEはマネジメント業務が中心です。

平均年収もプログラマーよりSEのほうが130万円多いと厚生労働省の調査で明らかにされています。

プログラマーの給料が低いわけではありませんが、SEになるためにプログラミングを始める人も多いです。

またあらかじめどういったジャンルのSEになりたいか決め、プログラミングスクールで効率よくスキル習得する人もいます。

この記事のスクール紹介箇所まで飛ぶ

プログラミングの仕事をもっと知りたい人におすすめ

動画編集の特徴「未経験でも始めやすい」

動画編集は未経験でも始めやすいのが、特徴です。

動画編集とは

動画を切り取ったり、音楽や字幕(テロップ)やエフェクトを入れて、もとの動画よりも見やすい動画にする作業のこと。

未経験でも始めやすい理由は、以下の通りです。

  • 動画編集ソフトの機能性が高い
  • 感覚的にある程度作業できる

編集はYouTubeのようなものから、PVのように映像全体のカラーや速度を調整し、カッコよく仕上げるものなど様々です。

既にソフトにあるフィルターやエフェクトを感覚で動画に挿入するだけでも、ある程度はそれらしく仕上がります。

さらに人気ソフトはテロップ入力やフィルター作業自体を簡略化できる、自動機能が多数搭載されています。

そのため動画編集を始めたてでも、案件を獲得できるケースがしばしばあります。

スキルを磨けば磨くだけ収入アップが見込める職種なので、スクールに通って案件をより獲りやすくする方法もあります。

この記事のスクール紹介箇所まで飛ぶ

動画編集の仕事をもっと知りたい人におすすめ

【人手不足!】プログラミングはどのくらい稼げるか

プログラミング業界の相場と市場規模について、説明します。

業界の相場

プログラマーの平均年収は、438万円です。

国税庁が発表した日本の平均年収は約430万円なので、それに比べると8万円高いです。

引用:求人ボックス給料ナビ

企業に勤めずフリーランスで働く場合、1つの案件の相場は50万円からと言われています。

案件は使う言語によって相場が変わるので、あらかじめ調べておくのをおすすめします。

求人サイトの案件で、しばしば見かける言語ごとの相場は、以下の通りです。

原語 相場
FORTRAN、COBOL、C 60万円前後
C++ 65万円前後
C# 66万円前後
PHP、Unity、Java 70万円前後
JavaScript 72万円前後
Python 77万円前後
Ruby、Kotlin、Swift 80万円前後
GO 81万円前後

1つの案件が決まってしまえば、まとまった報酬を貰えるのが、プログラミングの良いポイントです。

プログラミングの市場規模

結論から言うとプログラミング業界は、圧倒的な人手不足です!

ITにおける人材不足は2030年には約16~79万人になる、と経済産業省の調査でも言われています。

引用:経済産業省「IT人材需給に関する調査」

オンライン通信やIoT家電などITの需要に比例し、プログラミングの市場価値も高まるでしょう。

プログラミングは単価が高いという理由だけでなく、今後の市場推移も含め、安定して稼げる職種だと言えます。

【動画市場拡大中!】動画編集はどれぐらい稼げるか

動画編集業界の相場と市場規模について、説明します。

業界の相場

動画編集の平均年収は415万円です。

国税庁が発表した日本の平均年収は約430万円なので、それに比べると15万円低いです。

引用:求人ボックス給料ナビ

クラウドワークスでしばしば見かける動画編集の相場は、以下の通りです。

クラウドワークスとは

個人・法人問わず、業務委託の仕事をインターネット上で発注・受注できる仕事マッチングサイトのこと。

案件 動画の尺 相場 編集内容
Tick Tockや、

動画素材の切り取り

 

30秒~5分前後

 

~3000円

・動画の切り取りのみ

・簡単なエフェクト

YouTubeなどでの

ブログ風動画や、

短い動画

 

5分前後

 

5,000円前後

・簡単なエフェクト

・テロップ入れ

・BGM挿入

 

YouTubeなどでの

解説動画

 

10分前後

 

5,000~10,000円

前後

・※「ゆっくりムービーメーカー」を用いての編集が多い

・テロップや参考画像の挿入

 

YouTubeの動画や、簡単なプロモーションビデオ

 

 

10分以上

 

 

10,000~30,000円以上

・基礎的な編集だが、長時間の動画

・ハイセンスなエフェクトの挿入

・動画自体の企画構成

※2ちゃんねるでよく使われる、動画のテキストを自動音声で読み上げてくれる無料ソフト

これらを見ると、「動画編集って年収も低いし、単価も安くて稼げないんだな」と思う人もいるかもしれません。

しかしそれは違います

動画編集が稼げない職種と感じる理由は、以下の通りです。

  • 本業が他にある人が、副業にすることが多いから
  • 編集が簡単だったり動画の尺が短い案件は、その分単価が安くなるから

動画編集は本業としての人だけではなく、学生や主婦などがお小遣い稼ぎとして副業にすることが多いです。

そのため他と比べて平均年収が下がりますが、動画編集が稼げない職種ということではありません。

また1年単位の案件があるプログラミングに対し、動画編集は数日で終わらせられる案件もあります。

それだけでなく動画編集は、出来る映像制作のスキルが増えると大幅に案件の単価が上がります。

スキル別の案件の相場は、以下の通りです。

スキル 納品までの期間 相場 概要
企画スキル 2~4週間 50,000~100,000円 撮影以外の動画制作の業務全般
アニメーションスキル 2週間~3か月 100,000~3,000,000円 3モーショングラフィックスやフルアニメーションなど、種類によって金額変動
撮影スキル 1日 50,000~300,000円 機材やスタッフの動員数によって金額変動

こうしてみると動画編集も1つの案件で高額を稼げることが、わかります。

動画業界の市場規模

結論から言うと動画市場は、拡大中です

動画広告の市場は2025年には1兆465億円になる、とサイバーエージェントの調査でも発表されています。

引用:サイバーエージェント動画広告市場の調査

コロナの影響で動画コンテンツが急速に社会に浸透するのに伴い、動画編集の仕事も増えていくでしょう。

動画編集は案件の相場今後の見通しを考えると、しっかり稼げる職種であると言えます。

【難しいのはどっち?】プログラミングと動画編集、どちらを選んでも正解

プログラミングと動画編集はどちらが難しく、どちらを選ぶと良いのかは、以下の通りです。

  • どちらを選んでも正解
  • プログラミングのほうが難しい

どちらを選ぶのが正解か

結論から言えばどちらの職種を選んでも、正解です。

プログラミングを選んでも動画編集を選んでも、将来性があり稼げます。

どちらも正解だなんて、なおさら選ぶのが難しいと感じますよね。

そんな時は「どちらが自分に向いているか」、という視点で比較してみるのがおすすめです。

なぜなら自分に向いている方をあらかじめ調べておけば、仕事を始めた時の嫌なギャップを軽減できるからです。

難しいのはどちらか

スキルを習得していく上で動画編集と比較し、難しいのはプログラミングです。

なぜなら動画編集機能性の高いソフトが多いので、初心者でもある程度感覚で作業できます。

YouTubeなど動画コンテンツは日常的に身近なので、自然と編集の完成形を頭にイメージしやすいのもポイントです。

それに対しプログラミングは日ごろ使わない特殊な言語を用いて、コードを書いていきます。

最初から難しい専門用語を用いて学習していくので、簡単に身につけられるスキルではありません。

そのためプログラミングはスクールに通い、学習する人が多いです。

【本業向け】プログラミングに向いている人

プログラミングに向いている人は、以下の通りです。

  • 企業に就職など、本業にしたい人
  • 好奇心があり、クイズなどの問題解決が好きな人
  • めんどくさがりな一面がある人

企業に就職など、本業にしたい人

就職や転職などで本業を探している人に、向いています。

スキルや言語によって差はありますが、プログラミングの平均年収は438万円と、日本の平均年収よりも8万円高いです。

企業求人も多数あり、未経験者を積極採用している企業も多数あります。

もちろんスキルがあればあるだけ、年収は上がります。

フリーランスは不安だし、企業に会社員として勤めたい」と考えている人は、プログラミングを選んだほうが安心でしょう。

好奇心があり、クイズなどの問題解決が好きな人

問題に直面した時に焦らず問題解決に努められる人は、プログラミングに向いています。

プログラミングは原因不明のシステムエラーになることが、しばしばあります。

どんな時でもパニックになることなく、原因を解明しなくてはなりません。

好奇心があり問題解決を楽しめる人は、そういったトラブルを知識としてすぐに吸収しやすいです。

経験値が上がり出来ることが増えるのに比例して、収入もどんどん上がっていくでしょう。

めんどくさがりな一面がある人

めんどくさがり屋な人は、意外にもプログラマーとしての素質があります。

なぜなら「このコードわざわざ打ち込む意味ある?」という思考は、無駄な工程を見つけるきっかけになるからです。

この思考はプログラマーの三大美徳としても、有名です。

プログラマーの三大美徳

Perl言語を作ったLarry Wall氏が掲げた気質で、「怠惰」「短気」「傲慢」のこと。先を見据えて簡単かつスムーズに作業でき、誰が見ても完璧なプログラミングを目指すための指針。

プログラミングの根本の1つには、作業の効率化、簡略化という目的があります。

「始めてみたいけどめんどくさいな~」と考えている人こそ、向いている職種かもしれません!

プログラミングに向いていない人

プログラミングに向いていない人は、以下の通りです。

  • すぐに収入を得たい人
  • 論理的思考力がない人
  • 勉強が苦手な人

しかし向いていない人でも、解決策はあります!

すぐに収入を得たい人

すぐに収入を得たい人は、プログラミングに向いていません。

なぜならプログラミングのスキル習得までには約1000時間かかる、と言われているからです。(参考:株式会社侍のエンジニア調査)

毎週学習に数時間あてられたとしても1年以上はかかり、独学の場合はそれ以上にかかるかもしれません。

しかしその分プログラミングが仕事になってからは、安定した収入を稼げます。

解決策としてプログラミングスクールなどに通えば、もっと効率よくスキルの習得が可能です。

いつまでにプログラミングで収益を得たいのか目標を決め、学習の目途を立てましょう。

論理的思考力がない人

論理的思考力がない人には、プログラミングは向いていません。

プログラミングは文字の羅列や数式など様々なコードがありますが、それらを暗記しただけでは、意味がありません。

原因に基づいた問題解決や、指示書通りの動きが出来るコードを打ちこむ必要があります。

素早く問題の道筋を立て解決できないと、プログラミングの仕事をつらいと感じてしまうでしょう。

ただ日ごろの何気ない会話で論理的に話すことを意識すれば、少しずつ改善は図れます。

自分の感情に対し「なぜ今こんな気持ちなんだ?」と原因を考えるのも、論理的思考力を養うトレーニングとしておすすめです。

勉強が苦手な人

勉強が苦手な人は、プログラミングに向いていません。

プログラミングは仕事で通用するレベルのスキル取得まで、かなりの勉強時間が必要です。

もちろん最低限のスキルを得られたから終わり、というわけではありません。

新しい言語の習得や、新しいコードの知識など、プログラミングの勉強に決まった期間はありません。

しかしプログラミングは基礎さえ固めれば、あとはコードの種類の暗記などそこまで大変ではありません。

論理的だからこそパターンも見つけやすく、そういった「型」を見つけることで、勉強もスムーズに進められるでしょう。

プログラミングをしたら、どんなメリットがあるか

プログラミングのメリットは、以下の通りです。

  • 日常生活で論理的に行動できる
  • IT機器に対応できる

論理的思考が身につく

プログラミングはエラーなどの問題を論理的に解決するので、日常でも論理的に行動できる能力が身につきます。

感情論で話しても相手は意味をよく理解できなかったり、納得できない場合が多いです。

論理的に行動できると人とのコミュニケーションで生じるトラブルの減少や、日常的な作業の効率化が、期待できます。

プログラマーという職種に限らず、生きていくうえで必要な能力を身につけられるのは大きなメリットです。

日常生活の中で、IT機器に対応できる

5Gが始まり通信環境が良くなる中でIoT家電など、日常生活でIT機能が搭載されているものが増えてきました。

プログラミングの仕事をすると私たちの生活に密接した、コンピューターへの知識もつきます。

エラーの原因解決方法の調べ方が分かるようになり、今後も展開していくIT社会に対応できるでしょう。

プログラミングの最大のデメリットは「挫折のしやすさ!」

プログラミングの最大のデメリットは、勉強中に挫折しやすいことです。

引用:PR TIMES「株式会社SAMURAIのプログラミング学習の挫折についてのアンケート」

株式会社SAMURAIのアンケートでは、回答者の約9割が「プログラミング学習の挫折をした経験がある」と回答しました。

とくに独学での挫折率は高く、分からないことをすぐに聞けない環境は、プログラミング学習において危険です。

挫折しないための策としてプログラミングスクールに通う、という手があります。

プログラミングスクールに通えば迅速な質問対応や、初心者でもわかりやすい授業をしてくれます。

確かな知識を効率よく得られるので、本気でプログラミングを仕事にしたい人にはおすすめです。

【副業向け】動画編集に向いている人

動画編集に向いている人は、以下の通りです。

  • 副業などでサクッとお金を稼ぎたい人
  • プラモデルを作ったり、地道に作業するのが好きな人
  • YouTubeなど動画を観るのが好きな人

副業などでサクッとお金を稼ぎたい人

動画編集は副業などでサクッとお金を稼ぎたい人に、向いています。

動画編集はプログラミングと比べて単価が安い分、案件にかける時間が短く済むものも多いです。

「会社が終わってから暇な数時間でお小遣い稼ぎがしたい」と、空いた時間の有効活用を考えている人に、おすすめです。

地道に作業するのが好きな人

地道な作業をコツコツと没頭できる人は、動画編集に向いています。

動画編集はテロップ入れや素材のカットなど、同じ細かい作業を繰り返すことが多いです。

パズルプラモデルなど1つの作業に没頭できる人は、動画編集も丁寧に出来るでしょう。

地道な作業に自信のない人は自動編集機能が多いソフトを使うと、作業の手間が省けます。

自動テロップ機能や自動カラー調整など、動画編集ソフトによって機能は違うので、自分の編集に合ったものを選びましょう。

YouTubeなど、動画を観るのが好きな人

日ごろからYouTubeなどで動画視聴している人は、動画編集に向いています。

なぜなら日頃から動画を視聴している人は、人気の動画の編集方法が、自然と頭に入るからです。

動画コンテンツはトレンドが目まぐるしく入れ替わり、視聴回数の多い動画の編集テイストも変化します。

動画視聴という自分の好きなことをしながら、編集の知識が身に付くので一石二鳥です。

動画編集に向いていない人

動画編集に向いていない人は、以下の通りです。

  • 自分を売り込むのが苦手な人
  • 自己管理能力がない人
  • クリエイティブではない人

しかし改善策はあります!

自分を売り込むのが苦手な人

自分を売り込むのが苦手な人は動画編集の仕事に、向いていません。

なぜなら動画市場の拡大に比例して動画編集者が増え、初心者層の案件に多数の応募がくることがあるからです。

案件を獲得するには他の応募者との差別化を図り、依頼者に「この人の編集が1番いいな」と思わせることが大切です。

交渉などで自分を売り込むのが苦手な人は、ハイクオリティのポートフォリオを作ると、依頼者の目に留まりやすくなります。

またアニメーションスキルなど高いスキルを必要とする上級者になるにつれ、案件の倍率は下がっていきます。

動画編集スクールでポートフォリオを作成しながら、効率よく高度なスキルを身につけるのも、おすすめです。

自己管理能力がない人

自己管理能力がない人は、動画編集に向いていません。

動画編集は納期までの戦いで、それまでのスケジューリングを全て自分で行い、納品します。

誰からの管理もなく好きな時に編集できるので、「今日は疲れてるし明日やろう」と作業をいくらでも後回しにできます。

後回しを繰り返すと最悪の場合は納期までの納品ができず、案件がなかったことになります。

自己管理が苦手な人は納期に沿った細かいスケジュールを作るのがおすすめです。

そのスケジュールに沿って行動すれば、納期まで大幅に遅れることもなく、余裕をもって動画編集ができます。

クリエイティブではない人

クリエイティブな作品を見たり創作に興味がない人は、動画編集に向いていません。

なぜなら様々なアートからインスピレーションを受けるのは、編集のクオリティを高める大きな要素になるからです。

興味がない人は歌や映画や本など、まずは興味のある分野を探すところから始めるのも、おすすめです。

好きな作品のどこが良いと思ったのかを考えてみて、それを編集にどう影響させられるか考えてみましょう。

自分のセンスを高め、動画のクオリティを高く仕上げることを常に意識できるといいですね。

動画編集をしたら、どんなメリットがあるか

動画編集をするメリットは、以下の通りです。

  • プライベートでも使えるシーンが多い
  • webクリエイター系の仕事に転職しやすい

プライベートのイベントでも使えるシーンが多い

動画編集を仕事に出来るレベルの編集スキルがあれば、プライベートの動画編集も簡単にできます。

例えば旅行で撮った動画をオシャレに編集したり、子どもの成長記録を1本の動画にまとめられたりします。

他にも同窓会や結婚式など、動画編集スキルが必要になる場面は意外と多いです。

友人の結婚式家族の誕生日など大切な人に喜ばれる、心のこもったプレゼントを贈れるのは大きなメリットです。

webクリエイター系の仕事に転職しやすい

動画編集スキルを身につけると、webクリエイター系の仕事に転職しやすいです。

動画編集で学んだデザインスキルソフトの使用経験などは、サイト設立やバナー広告でも役立つことが多いです。

また動画編集やwebクリエイターのワークスタイルは、フリーランスだけではありません。

一般企業のwebコンテンツを担当したりweb制作系の会社に勤めるなど、企業に就職する場合もあります。

「今後もしかしたらwebデザインなどもやってみたいと思うかもしれない」、という人には動画編集はおすすめです。

動画編集最大のデメリットは「初心者向け案件の倍率が高い!」

動画編集の最大のデメリットは動画編集を始める人が増加し、初心者向け案件の倍率が上がったことです。

動画市場が拡大し、簡単な動画の切り取りやテロップ入れなど、初心者でも出来る案件自体は増えています。

しかしそれに伴い初心者も増えているので、倍率が高い案件もしばしばあります。

撮影や企画など動画編集に関連したスキルを得て、案件の幅を増やし、他の初心者とをつけることが大切です。

動画編集は上級者になればなるほど、案件の倍率は下がり人手が足りなくなります。

まずはできる案件をどんどんこなし、動画編集のスキルアップを目指しましょう。

おすすめのプログラミングスクール紹介4選

おすすめのプログラミングスクールは、以下の通りです。

スクール名 特徴

DMM WEBCAMP

転職サポートがしっかりしているため、
転職率98%、うち離職率1%


SAMURAI ENGINEER

質のいい講師とのマンツーマン学習により、
プログラミング学習の挫折率8%


TECH CAMP エンジニア転職

過去5,000回以上更新されている、
初心者でもわかりやすい教材を使用

tech boost

受講期間、習う言語、メンタリング回数を
自由に選べて、受講者満足度が高い

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

引用:DMM WEBCAMP公式サイト

プログラミングスクールを続けられるか不安な人に、おすすめです。

料金(税込) 15,500円/月~
メリット 全額返金保証がある
※返金条件はコースによって異なる
デメリット 事前選考で落ちると転職保証コースを
受けられない

DMM WEBCAMPは講師とマンツーマンで学習ができる、プログラミングスクールです。

転職率98%、うち離職率1%という驚異的な実績を持っています。

ただし面談やタイピングといったテストでコース選考を受け、落ちた場合は転職保証コースが受講できません。

とはいえDMM WEBCAMPは未経験者向けのスクールなので、テストは特別難しいものではありません。

試験に受かった場合は、より堅実に目標に合わせた転職活動が出来ます。

また万が一転職が失敗してしまった場合は、受講料を全額返金する制度のコースもあります。

DMM WEBCAMPは無料体験があるので、まずはカウンセリングなどで自分に合ったコースを紹介してもらうのが、おすすめです。

DMM WEBCAMP 公式サイトを確認する

DMM WEBCAMPについてもっとよく知りたい方は以下の記事をチェックしておきましょう。

【DMM WEBCAMP 関連記事】
DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミは?受講生の声から料金や学習内容を徹底調査

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER

引用:侍エンジニア公式サイト

プログラミングの勉強の分野を自由に選びたい人に、おすすめです。

料金(税込) 4,098円〜/月
メリット 1人1人に合ったカリキュラムを
作ってくれる

デメリット
過去に炎上があり
評判の悪い口コミもしばしばある

SAMURAI ENGINEERは3年以上活動している実績のあるプログラマーが、徹底したマンツーマン指導を行います。

実際にゼネラルリサーチによるインターネット調査では、挫折率8%という結果を出しています。

ただSAMURAI ENGINEERがサイト運営の仕方で炎上した過去から、ネット上には評判の悪い口コミも多く見られます。

そのためSAMURAI ENGINEERに通うか悩んでしまうかもしれません。

しかし現在ではSAMURAI ENGINEERはガラッと変わり、受講者を第一に考える体制をとっています。

コースによっては自分で学びたい言語学習テーマをカスタマイズでき、自分の目標に合ったカリキュラムをより細かく組めます。

現在はレッスン満足度の高いスクールなので、まずは公式サイトを確認し、安心して通ってください。

侍エンジニア公式サイトを確認する

SAMURAI ENGINEERの評判や口コミについて気になった方は以下の記事を読んでみましょう。

【SAMURAIENGINEER 関連記事】
【評判】侍エンジニアの口コミは?料金・サブスクの全貌を徹底解説!

TECH CAMP エンジニア転職

TECH CAMP エンジニア転職

引用:テックキャンプ公式サイト

出来るだけ早く最低限のプログラミング学習を終わらせたい人に、おすすめです。

料金(税込) 19,600円/月~
メリット 最短10週間で学習を終わらせられる
コースがある

デメリット
経験豊富な講師に当たらない場合もある

TECH CAMPはRuby言語の開発者が監修を務める、プログラミングスクールです。

学習面での質問対応、学習の進捗管理、転職サポートそれぞれにスタッフをつけ、3人体制で受講者をサポートします。

仕事をしながら勉強を進める間・休日プランと、10週間で就職できる状態に持っていく短気集中プランがあります。

デメリットは卒業生が就職するまでの間、講師として働いている場合もあるため、講師の質に差があることです。

ただ卒業生と受講生は同じ教材を使っているため、受講生の疑問点をくみ取りやすく、寄り添って受け答えをしてくれます。

本当に自分と合わない講師に当たってしまった場合は、遠慮せず他のスタッフに相談しましょう。

テックキャンプ公式サイトを確認する

TECH CAMPについて、理解をもっと深めたい方には以下の記事をおすすめします。

【TECH CAMP エンジニア転職 関連記事】
テックキャンプ(TECH CAMP)の評判は悪い?料金や受講生の口コミ、転職など徹底解説

tech boost

tech boost

引用:tech boost(テックブースト)|キャリアの幅を広げるテクノロジーコミュニティ

オンラインでもすぐに質問対応をしてほしい人に、おすすめです。

料金(税込) 32,780円(税込)/月~
メリット チャットでの質問対応が速い

デメリット
質問対応するスタッフが固定ではないため、
一からの説明が必要な場合もある

tech boostは受講期間、習う言語、メンタリング回数(1時間スタッフを独占できる集中学習サポート)を自由に選べます。

自分に必要ないものを除くことで料金も下がるので、無駄のない環境で学習できます。

またオンラインでのチャット対応はとにかくレスポンスが速く深夜でもすぐ回答が返ってくることが多いです。

それだけでなくメンタリングはメンターが1時間つきっきりで、学習サポートをしてくれます。

ただメンターは固定されず毎回違う人がメンタリングをするので、同じ質問を2回に分ける人は、やりにくい場合があるでしょう。

しかし講師は全員プロのエンジニアなので、メンターによる大きな質の違いはありません。

仕事としての観点からもアドバイスをしてくれるので、卒業後も役立つ知識を得られます。

tech boostの公式サイトを確認する

おすすめの動画編集スクール4選!

おすすめの動画編集スクールは、以下の通りです。

スクール名 向いている人
STUDIO US

未経験で最短ルートでお金を稼ぎたい人


デジタルハリウッド STUDIO by LIG

プロのwebクリエイターと
たくさん交流したい人

ムークリ

少人数で動画編集の講座を受けたい人

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
(web動画クリエイター総合コース)
webデザインと動画編集を
同時進行で勉強したい人

STUDIO US

引用:STUDIO US公式サイト

未経験から最短ルートでお金を稼ぎたい人に、おすすめです。

料金(税込) 分割:4,584円〜
一括:55,000円(2ヶ月)
メリット 毎月最新教材が追加される
デメリット 転職のサポートはない

STUDIO USは未経験が2ヶ月の受講で副業で5万円稼げるようになることを、目指しています。

就職を目指すというよりもフリーランス向けの講座が多く、基礎を固める動画編集コースは55,000円(税込)で受講可能です。

転職サポートはありませんが案件紹介はありますし、スキル習得に特化しているため、現場で需要の高い人材を目指せます。

STUDIO USがおすすめの理由

  • 完全オンラインで、忙しい人でも24時間こまめに学べる
  • 比較的コスパが良い
  • ポートフォリオを何個も作成できるので、営業の際に非常に便利

定期的なライブ授業や毎月の教材更新で、質のいい自習勉強ができインプットとアウトプットもバッチリです。

STUDIO USで作れるようになる作品

引用:STUDIO US公式サイト

無料の説明会も行っているので、まずは説明会から参加してみるのも、おすすめです。

STUDIO US公式サイトを確認する

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

引用:デジタルハリウッド STUDIO by LIG公式サイト

沢山のプロクリエイターと繋がったり話を聞いたりしたい人に、おすすめです。

料金(税込) 分割:3,548円〜
一括:330,000円- (3ヶ月)
メリット コミュニティが強く、
企業や生徒同士が繋がりやすい
デメリット 受け身の姿勢でいると
最大限に学べられない

大手web制作会社LIGが運営しているので、プロクリエイターだけでなく、LIGの社員が講師をしてくれます。

受講生、卒業生限定の案件・求人サイトもあり、1人1人にあった案件を紹介してくれます。

デメリットは受け身の姿勢で通うと、本来学べる知識などを十分に得られないことです。

なぜならデジタルハリウッドは授業外でも、プロのクリエイターとの交流会やセミナーなど、有益な情報を聞ける機会が多いからです。

課題で成果を出せば企業からのスカウトオーディションに参加出来たり、スクール関係者から案件依頼が来ることもあります。

「受講者の中で1番いい作品を作るぞ!」という意気込みや競争心がある人に、おすすめです。

デジタルハリウッド STUDIO by LIG公式サイトを確認する

ムークリ(MOOCRES)

引用:MOOCRES公式サイト

動画業界の現場に対応できる動画編集を学びたい人に、おすすめです。

料金(税込) 660,000円 ※分割対応可
メリット カリキュラムの3割が常に最新に
アップデートされる
デメリット 自分のペースで授業を受けられない

ムークリは実際にあった案件をもとに授業が展開される、超実践的がキーワードの動画編集スクールです。

平日はオンライン授業、休日はオフラインでライブ授業があります。

またカリキュラムの3割は各講師によるオリジナルで、動画制作業界の最新のニーズに合わせた講義を常に更新します。

デメリットは授業日が決まっているので、自分のペースで授業を受けられないという点です。

ただ授業についていけなくなりそうな時は、質問の専用チャットがあり、授業のアーカイブも何度でも視聴できます。

開講時間も休日19時、平日20時と仕事終わりでも通いやすい時間帯です。

IT/プログラミングスクールTechAcademyが連携しているので、卒業後の案件提供もサポートしてくれます。

MOOCRES公式サイトを確認する

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座(web動画クリエイター総合総合コース)

引用:ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座公式サイト

動画編集と同じくらいweb制作に力を入れたい人に、おすすめです。

料金(税込) 一括:745,800円~
分割:30,000円~
(※入学金で別途10,000円かかる)
メリット Web制作全体のことを学べる
デメリット 学費が高い

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座の授業は、webサイト制作やWord Pressなど、webコンテンツ系も多く扱っています。

webコンテンツの総合的な知識が身に付くので、卒業生の中には未経験からwebデザイナーに転職した人もいます。

デメリットは、学費が高いところです。

ただweb制作と動画編集が一度に学べることを考えると、コストパフォーマンスは悪くないでしょう。

また教育訓練給付金の対象なので終了後、受講料の20%が支給されるのもうれしいポイントです。

動画編集以外のスキルを身につけられるので、他の動画編集者と差別化しやすいです。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座公式サイトを確認する

【まとめ】動画編集とプログラミングは、どちらも将来性のある仕事!

最後にこの記事のまとめです。

  • 動画編集もプログラミングも将来性があり稼げる職種
  • 副業の場合は動画編集、本業の場合はプログラミングがおすすめ
  • 難しいのはプログラミング

どちらが正解というのはありませんが、それぞれのメリットとデメリットを考慮して、自分に合っている方を選びましょう。

動画編集とプログラミングそれぞれの、向いている人と向いていない人は、以下の通りです。

向いている人 向いてない人
 

 

プログラミング

・企業に就職など、本業にしたい人

・好奇心があり、クイズなどの問題解決が好きな人

・めんどくさがりな一面がある人

 

・すぐに収入を得たい人

・論理的思考力がない人

・勉強が苦手な人

 

 

動画編集

・副業などでサクッとお金を稼ぎたい人

・プラモデルを作ったり、地道に作業するのが好きな人

・YouTubeなど動画を観るのが好きな人

 

・自分を売り込むのが苦手な人

・自己管理能力がない人

・クリエイティブでない人

動画編集とプログラミングそれぞれの、メリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット デメリット
 

プログラミング

・日常生活で論理的に行動できる

・IT機器に対応できる

 

・挫折しやすい

動画編集 ・プライベートでも使えるシーンが多い

・webクリエイター系の仕事に転職しやすい

 

・初心者の案件倍率が高い

おすすめのプログラミングスクールは、以下の通りです。

スクール名 特徴

DMM WEBCAMP

転職保証の選考がある分、
転職サポートが手厚い

SAMURAI ENGINEER

プログラミング学習挫折率を下げるため、
実務経験3年以上のプロが行う学習サポート

TECH CAMP エンジニア転職

10週間でプログラミングスキル習得、
初心者でもわかりやすい教材を使用

tech boost

とにかくチャット回答が速い
メンタリングなど学習サポート万全

おすすめの動画編集スクールは、以下の通りです。

スクール名 向いている人
STUDIO US

未経験で最短ルートでお金を稼ぎたい人


デジタルハリウッド STUDIO by LIG

プロのwebクリエイターと
たくさん交流したい人

ムークリ

少人数で動画編集の講座を受けたい人

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
(web動画クリエイター総合コース)
webデザインと動画編集を
同時進行で勉強したい人

プログラミングも動画編集も未経験から新しく始める仕事として、かなりおすすめの職種です。

今からスキルを磨けば今後の市場拡大に伴い、大きな収益を見込めます。

悩んでいる人はスクールの無料説明会などに参加し、どちらの職業が自分に向いているか検討してみて下さいね!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる