【初心者向け】プログラマーを目指すおすすめ勉強法!必要なスキルも紹介

初心者向けプログラマーを目指すおすすめ勉強法!必要なスキルも紹介する記事の画像
  • 「プログラマーを目指すためには勉強が必要?」
  • 「プログラマーを目指すためのコツってあるの?」

上記のような疑問をお持ちの方に、今回はプログラマーを目指すための、勉強の重要性について紹介します。

この記事で分かること

  • プログラマーの3つの魅力
  • プログラマーを目指すために勉強すべきこと
  • おすすめ勉強方法、プログラミングスクール
  • プログラマーになるために勉強が必要な理由
  • おすすめのプログラミング言語
  • プログラマーになるためのコツ
  • プログラマーのキャリアパス

本記事を読めば、プログラマーになるための方法や勉強の仕方を知り、今後のキャリアを上手く形成できるでしょう。

後半ではプログラマーのキャリアパスも紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

プログラマーを目指す方におすすめの関連記事
目次

勉強を始める前に!プログラマーの魅力

プログラマーの3つの魅力を紹介する画像

勉強を始める前に、まずはプログラマーの3つの魅力について知りましょう。

プログラマーの魅力

  • 将来性がある
  • 比較的年収が高い
  • 手に職をつけられる

プログラマーになれたら経済的に安定するだけでなく、スキルとしての財産となるなど、さまざまな魅力があるのです。

ここからは、具体的にそれぞれの魅力について確認しましょう。

将来性がある

プログラマーという職業は、将来性のある仕事と言われています。

なぜなら日本におけるIT人材の市場は、年々高まる一方だからです。

経済産業省によると、2030年には最大で約79万人のIT人材が必要というデータを公表しています。

IT人材需給の試算結果の画像引用:経済産業省

プログラマーのようなIT人材が必要な状況下のため、日本ではさまざまな試作が打ち出されています。

日本のIT人材に向けたサポート

  • 2020年度から小学校でのプログラミング教育の義務化
  • 経済産業省によるプログラミングスクールへの給付金支給

今後IT人材が必要になってくるため、プログラマーという職業は安定的で、目指しやすい魅力があるのです。

比較的年収が高い

プログラマーは将来性が高いだけでなく、比較的年収が高いという魅力もあります。

求人ボックスによると、2022年1月のプログラマーの平均年収は、約438万円と公表されています。
(参考:求人ボックス
(2022年1月に求人ボックス上で掲載されていた求人情報から算出した給料情報)

一方で2015〜2019年の日本の平均年収は、下記の通りです。

平均年収
2019年 436万円
2018年 441万円
2017年 432万円
2016年 422万円
2015年 420万円

(参考:求人ボックス

プログラマーの平均年収は、日本の平均年収と比較すると、比較的高い傾向にあるのです。

またマイナビ転職によると、エンジニアの平均年収は309つの職種の中で、1位というデータを公表しています。

2021年版「309職種のモデル年収平均ランキング」では、「システムアナリスト」(1,635万円)が1位で、5年連続となりました。
引用:マイナビ転職

このようにプログラマーは、業界の中でも年収が高く、経済的に余裕を持てる仕事と言えるのです。

手に職をつけられる

プログラマーになることで、手に職をつけられる魅力もあります。

プログラマーはコードを書いて、システムを構築したりアプリを開発するような、プログラミングスキルを習得できます。

またプログラムを組むだけでなく、顧客にサービスを紹介することも業務の1つであり、営業スキルも身に付けられるのです。

プログラマーが身につけられるスキル

  • プログラミングスキル
  • 営業スキル

スキルを身につけることで、今後の転職する際の仕事の選択肢も広がります

またフリーランスのように独立して仕事ができるのも、スキルを身につけられるプログラマーの良さでしょう。

プログラマーは手に職をつけられるので、目指すべき魅力があると言えるのです。

プログラマーを目指すためにすべきこと

プログラマーを目指すために、すべきことは5つあります。

プログラマーになる上で、すべきこと

  • ポートフォリオを制作する
  • IT業界のノウハウを増やす
  • プログラミングスキルを磨く
  • コミュニケーション能力を高める
  • プログラミング資格の取得を目指す

プログラマーは魅力ある仕事だからこそ、簡単になれる訳ではありません。

ここからは、具体的にそれぞれの項目について確認しましょう。

ポートフォリオを制作する

プログラマーを目指すためには、ポートフォリオを制作しましょう。

一般的にプログラマーのポートフォリオとは、自分で開発したサービスやアプリ、プロジェクトなどの実績を指します。

ポートフォリオを制作すれば、自分がプログラマーとして活躍できるスキルを、証明できます

スキルがあることを証明できれば、入社後に戦力になることを企業に訴求でき、職につきやすくなるのです。

ポートフォリオはテンプレートを活用すれば、無料で簡単に作れます。

無料で簡単に作れるポートフォリオ

ポートフォリオ作成可能なテンプレート 特徴
Jimdo ・200万人のユーザーが利用する人気ホームページ作成サービス
・数分でホームページの作成が可能
・SNSやGoogleマイビジネスと連携できる
・見た目の印象にこだわったポートフォリオサイトの作成が可能
WIX ・500以上のテンプレートを利用できる
・クレジットカード不要で利用可能
・クリック1つでスマホ向けに最適化できる
RESUME ・直感的な操作で簡単に利用できる
・これまでのポートフォリオを残せる

IT業界のノウハウを増やす

プログラマーを目指すためには、IT業界のノウハウを増やすことも大切です。

ITは他の業界と比べると、カタカナ読みの用語が多く、トレンド性に長けている特徴があります。

基礎知識がなければ、現場でクライアントと円滑なコミュニケーションができません。

また社内ミーティングでも、知見がなければ恥をかいてしまうでしょう。

そのため入社前には、最低限のノウハウを持っておくことが重要と言えます。

例えばソフトウェアやハードウェア、通信業界のリテラシーを高めることを意識してみるといいでしょう。

Webのリテラシーを高めることが、クライアントとの商談や社内会議などでの柔軟な対応に繋がるのです。

IT業界の知見を高めるためには、日頃からWebで情報収集するなど、インターネットに触れるようにしましょう。

プログラミングスキルを磨く

プログラマーを目指すためには、当然プログラミングスキルを磨きましょう。

一般的にプログラマーが必要なプログラミングスキルとは、言語を扱ってコードを書く実装スキルです。

しかし企業によって、必要とする実装スキルは大きく異なります。

そのためプログラマーが頻繁に使う、プログラミング言語の習得を目指すことをおすすめします。

プログラマーを目指す上で勉強すべき言語

PHP,Ruby,Perl,Java,JavaScript,HTML,CSS

もしくは、就職や転職を希望する企業の募集要項を確認しましょう。

プログラミングスキルを習得するためには、プログラマーを目指すための4つの勉強法をチェックしておきましょう。

コミュニケーション能力を高める

コミュニケーション能力を高めることも、プログラマーを目指す上では欠かせません。

プログラマーの仕事内容は、指示されたコードを打つだけではありません。

社内メンバー同士で役割を決めたり、クライアントと打ち合わせや、商談するのも仕事の1つです。

いくらプログラミングの知見に長けていても、現場では活躍できない可能性も大いにあり得ます。

しかし入社前に仕事として、コミュニケーション能力を高めることは、難しいです。

そのためコミュニケーション能力は、入社後積極的にチームのメンバーと関わることを意識しましょう。

ただ入社前は、面接官や社長との面談もあるため、友人に面談のための練習をお願いすることをおすすめします。

プログラミング資格の取得を目指す

プログラマーを目指すための勉強として、プログラミング資格の取得もいいでしょう。

資格はポートフォリオと同様に、自分のスキルを実績の1つとしてアピールできます。

また資格を取得していれば、「資格手当」として就職後の給料が上がる可能性もあります。

しかし資格手当の有無は、企業によって異なります。

まずは就職、転職希望の企業の福利厚生を確認するのもいいでしょう。

おすすめのプログラミング資格は、4つあげられます。

大学生のおすすめプログラミング資格

  • 情報処理技術試験
  • Pythonエンジニア認定試験
  • Ruby技術者認定試験
  • PHP技術者認定試験

プログラミング資格は、参考書や問題集、Web上の情報を活用することで、簡単に学習できます。

詳細は下記の記事を確認してみましょう。

プログラマーを目指すための4つの勉強法

プログラマーを目指すための4つの勉強法を紹介する画像

プログラマーを目指すための勉強方法は、4つあります。

プログラマーを目指すための勉強法

  • スクールに通う
  • 学習サイトを活用する
  • 大学や専門学校で学習する
  • バイトやインターンを始める

上記の勉強方法をすることで、就職前にプログラマーとしての経験やスキルを積めます

ここからは、具体的にそれぞれの勉強法について確認しましょう。

スクールに通う

プログラマーを目指すためには、プログラミングスクールの受講をおすすめします。

プログラミングスクールには、プログラミング未経験でも通えるスクールがあり、スキルを習得できるメリットがあります。

またメンターや質問できる体制が充実しているため、完全な独学と比較すると、挫折しにくい良さもあるのです。

プログラミングスクールによっては、就活や転職支援も行っており、安心してプログラミング学習を進められるでしょう。

ただ他のプログラミング勉強法と比較すると、受講料がかかるという懸念点があげられます。

料金を抑えたい場合は、短期的なコースや分割払いでの受講がいいでしょう。

おすすめのプログラミングスクール
(各プログラミングスクール名をタッチすると詳細説明に飛べます)

プログラミングスクール 料金 特徴
DMM WEBCAMP 15,500円(税込)/月~ ・未経験者97%
(参考:DMM WEBCAMP公式サイト
・1対1のキャリアサポート
・無制限に質問し放題
侍エンジニア 4,098円(税込)/月~ ・実践スキルが身に付くプログラミングスクールNo.1
※参考:侍エンジニア公式HP
・現役エンジニアが入学から卒業までサポートしてくれる
ポテパンキャンプ 13,900円(税込)/月~ ・Webエンジニアの輩出No. 1の実績
(プログラミングスクール10社を対象にしたサイト比較イメージ調査)
・Web系開発企業への内定率100%

(※分割手数料に関しましては、ご契約のカード会社によって異なりますので、直接カード会社にお問い合わせください。)

プログラミングスクールについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしておきましょう。

学習サイトを活用する

プログラマーを目指すために活用できる学習サイトを紹介する画像

学習サイトを上手く活用して勉強することで、プログラマーを目指すこともできます。

学習サイトは月額1,000円程度で、プログラミング学習ができるため、コストを抑えられる良さがあります。

またネット環境さえあれば、どこでも学習できるので、場所に囚われることもありません

大学の授業や仕事で忙しい社会人でも、自分のタイミングでプログラミング学習できるのも学習サイトの魅力でしょう。

ただ疑問点があっても質問できる講師やスタッフがいないため、挫折するリスクが考えられます。

学習のモチベーションを保つのが苦手な方は、メンターを活用できるスクール受講がいいでしょう。

おすすめ学習サイト

学習サイト 特徴
Progate ・2,400,000以上の利用ユーザー
・16個のプログラミング言語を学習できる
ドットインストール ・1つのコンテンツが約3分で視聴可能
・約450個のレッスン提供
Udemy ・プログラミング以外のスキルも学習できる
・視聴コンテンツによって金額が異なる

学習サイトについてもっと知りたい方は、以下の記事を読んでみましょう。

大学や専門学校で学習する

プログラマーを目指せる、大学や専門学校で勉強するのも方法の1つです。

大学や専門学校によっては、ITや情報の学習に特化した学部や学科が揃っています。

大学であれば4年間、専門学校の場合は2年間と、長期的に専門分野を学習できます。

そのため総合的なプログラマーとしてのスキルを習得できるでしょう。

また大学の講師の中には、プログラマー就職できる企業の人脈が広く、就職先を斡旋してくれるかもしれません。

しかし大学や専門学校は、すぐに就職することが難しく、また年齢によっては入学できない懸念点があるでしょう。

プログラマーを目指せる大学・専門学校

プログラマーを目指せる大学・専門学校 学部・学科
北海道情報大学 ・経営情報学部システム情報学科宇宙情報専攻
・経営情報学部システム情報学科システム情報専攻
東京電機大学 ・システムデザイン工学部情報システム工学科
・未来科学部情報メディア学科
デジタルハリウッド大学 ・デジタルコミュニケーション学部

バイトやインターンを始める

プログラミングに触れられるアルバイトやインターンを行うことで、勉強することもできます。

アルバイトやインターンは、正社員と比較すると自由度が高く、プライベートの時間を確保してスキルの習得が可能です。

またバイトやインターンの最大のメリットは、給料を受け取って学習を進められることです。

学習サイトを利用したり、スクールを受講したりしても、費用を支払うのは自分です。

しかし給料をもらえてプログラミング学習できるのは、バイトやインターンだけの魅力と言えるでしょう。

ただ基本的にプログラミングに触れられるバイトやインターンは、ノースキルで始めることが難しいです。

そのためまずは独学や大学の授業等で、プログラミングを学習し、一定のスキルを習得しましょう。

必要なプログラミングスキルの度合いは、バイトやインターン先で異なります。

募集要項を確認し、必要なプログラミングスキルを習得してください。

プログラマーを目指すために勉強が必要な理由

プログラマーを目指すために勉強が必要な理由は、2つあります。

プログラミングの勉強が必要な理由

  • ノースキルは就職が難しい
  • 自分に最適な働き方を知れる

上記の通り、プログラミング学習は自分にとっての良し悪しを知れ、今後の働き方を大きく左右するのです。

ここからは、具体的にそれぞれの理由について確認しましょう。

ノースキルは就職が難しい

プログラマーを目指すために勉強が必要な理由は、スキルがなければ就職が困難だからです。

基本的にプログラマー就職の条件として、スキルがあることが前提です。

もちろん企業の中には「未経験大歓迎」と、プログラマーの募集要項が掲載されていることもあります。

しかし実際問題、スキルや知識が皆無の状態では就職できる可能性の方が低いです。

例えばマイナビ転職では、下記のようなプログラマーの募集要項を確認できました。

マイナビ転職のプログラマーの募集要項の画像引用:マイナビ転職

しかし【応募条件】には、プログラミングスキルが必要であることが、記載されていました。

マイナビ転職のプログラマーの応募条件の画像引用:マイナビ転職

上記の求人のように、完全未経験でプログラマーとして就職できる企業は、少ない傾向にあるのです。

また仮にノースキルでプログラマー就職できたとしても、就職後に苦労することが多くあります。

そのためプログラマーを目指す方は、勉強することが大切と言えるのです。

自分に最適な働き方なのか知れる

プログラマーを目指すために勉強をすることで、自分に最適な働き方を知れるかもしれません。

もちろんプログラマー就職を検討している方は、何かしらの動機があるでしょう。

例えば年収の高さに魅力を感じていたり、人と話す機会が少ないなど、さまざま動機があるはずです。

しかし魅力に感じるプログラマー就職でも、業務内容が自分と不向きの可能性も十分に考えられます。

そのため勉強することで、プログラマーの仕事内容を理解し、自分の理想とのギャップをなくすことが重要なのです。

このようにプログラマーを目指すための勉強は、最適な働き方を知れる機会になります。

プログラマーを目指すためのおすすめプログラミング言語

プログラマーを目指すために勉強すべき、おすすめプログラミング言語は7つあります。

学習におすすめプログラミング言語

  • PHP
  • Ruby
  • Perl
  • Java
  • JavaScript
  • HTML
  • CSS

プログラミングは言語によって、特徴やできることなど大きく異なります。

ここからは、具体的にそれぞれのプログラミング言語について確認しましょう。

PHP

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語1つ目は、PHPです。

PHPの特徴

  • ECサイトやSNSを開発できる
  • CMSを簡単にカスタマイズできる
  • プログラミング言語学習の人気ランキング1位
    (2020年1月~11月31日までに受講を開始したSAMURAI ENGINEERの受講生)
    (参考:侍エンジニア
  • 「Webアプリケーションの開発に携わりたい」
  • 「さまざまなゲーム開発の業務を行いたい」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語PHPの勉強に取り組みましょう。

Ruby

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語2つ目は、Rubyです。

Rubyの特徴

  • SNSの「ログイン」やポータルサイトの「ユーザー登録」の要素が作成可能
  • 文法が簡易的で、シンプルなコードを書ける
  • Webサイト上から特定の情報を抽出できる
  • 「ECサイトやSNSの構築に関わりたい」
  • 「アプリケーションの開発を行いたい」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語Rubyの勉強をしましょう。

Perl

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語3つ目は、Perlです。

Perlの特徴

  • 文字列や数値を自動的に変換するなど、テキスト処理に優れている言語
  • システムやアプリの機能を少ない記述量で実行できる
  • 保守性やメンテナンス性に長けており、広い範囲での運用が可能
  • 「新規でのシステム開発に取り組んでみたい」
  • 「システムの保守や運用を経験してみたい」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語Perlを勉強しましょう。

Java

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語4つ目は、Javaです。

Javaの特徴

  • システムやWebサービス、アプリなど幅広い分野で活用されている
  • 覚えることが多く、比較的難易度の高いプログラミング言語
  • 活躍できる環境が多く、さまざまな企業が求めている
  • 「アプリケーションやゲームを開発したい」
  • 「大規模な業務システムの開発を担当したい」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語Javaを勉強しましょう。

JavaScript

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語5つ目は、JavaScriptです。

JavaScriptの特徴

  • 手軽に学習しやすい、比較的難易度の低いプログラミング言語
  • 最低限の開発環境でコードを書ける
  • ユーザーと直接的に触れるフロントエンドを対応している
  • 「フロントエンドエンジニアになりたい」
  • 「WebサイトやWebサービスを作りたい」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語JavaScriptを勉強しましょう。

HTML

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語6つ目は、HTMLです。

HTMLの特徴

  • テキストの大きさを変更できる
  • テキストや画像、表などを表示できる
  • サイトにリンクの挿入も可能

HTMLとCSS、JavaScriptを押さえれば、シンプルなWebサイトを構築できます。

  • 「フロントエンジニアとして仕事がしたい」
  • 「Webのデザイン分野に興味がある」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語HTMLを勉強に注力しましょう。

CSS

プログラマーを目指す際におすすめのプログラミング言語7つ目は、CSSです。

CSSの特徴

  • HTMLと併用して使用するプログラミング言語
  • ウェブサイトの装飾をする役割がある
  • 文字のフォントやカラーなどを変更できる
  • 「Webデザイナーとして仕事をしたい」
  • 「プログラムを作ることに興味がある」

そんな考えをお持ちの方は、プログラミング言語CSSを勉強しましょう。

プログラマーを目指すための勉強のコツ

プログラマーを目指すための勉強のコツは、3つあります。

勉強の3つのコツ

  • インプットとアウトプットを繰り返す
  • 毎日少しでもプログラミング言語に触れる
  • 明確な目標や就職先候補を決める

勉強のコツを押さえれば、効率的にプログラマーを目指せます。

ここからは、具体的にそれぞれの勉強のコツについて確認しましょう。

インプットとアウトプットを繰り返す

プログラマーを目指すためには、インプットとアウトプットを繰り返す学習を意識しましょう。

プログラミングの授業を聞いたり、学習動画を見ると”できる”と錯覚しやすいです。

しかし「知っている状態」と「実際にできる状態」には、大きな違いがあります。

そのためインプット学習だけでは、プログラミングを学習したとは、言い切れないのです。

自分で実際にできる状態になるためにも、アウトプット学習も意識しましょう。

プログラミングのアウトプット勉強例

  • 既存のコードを変更している
  • 実際にコーディングしてWebサイトを作成してみる
  • 学習内容を友人や知人に説明してみる

少しでも毎日プログラミング言語に触れる

隙間時間でも、プログラミング言語に触れることを意識しましょう。

人によっては、短期的に集中してプログラミング言語を習得したい、と考える方もいるはずです。

しかし確実に理解したスキルでも、数ヶ月経てば忘れる可能性が高いです。

通勤や休み時間、就寝前でも構わないので、できるだけ毎日プログラミングに触れることが大切と言えます。

コツコツと毎日継続して勉強することが、スキルとして積み上がり、プログラミングの上達に繋がるのです。

短期的な努力は、プログラミング学習において非効率なので注意しましょう。

明確な目標や就職先候補を決める

プログラマーを目指すためには、明確な目標や就職先候補を決めましょう

目標や就職先を決めることは、プログラミング学習において3つのメリットがあげられます。

目標や就職先を決めるメリット

  • モチベーションを保ちやすく挫折しにくい
  • プログラミングの上達が早くなる
  • 有効的な時間の使い方ができるようになる

就職先を決めなければ、先が見えずだらだらと勉強を続けることになるでしょう。

例えば目標として、プログラミング言語の習得を掲げるのがおすすめです。

「4月の末までにプログラミング言語HTMLを習得する!」など、具体的な目標がプログラマーを目指すコツです。

プログラマーを目指すためにおすすめなスクール

プログラマーを目指すためにおすすめなスクールは、下記の3つがあげられます。

おすすめプログラミングスクール

  • DMM WEBCAMP
  • 侍エンジニア
  • ポテパンキャンプ

自分に最適なプログラマーを目指す方法を確立させるためにも、それぞれのスクールについて確認しましょう。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPのバナー画像引用:DMM WEBCAMP公式サイト

DMM WEBCAMPの概要

特徴 ・未経験者向けプログラミングスクールNo. 1(※)
・最短1ヶ月でスキルの習得を目指せるコースを提供
・現役エンジニア講師によるトータルサポート
料金 169,800円(税込)〜

※(ゼネラルリサーチによるプログラミングスクール会社10社を対象としたサイト比較イメージ調査)
(参考:DMM WEBCAMP公式サイト

実際にDMM WEBCAMPを受講した方の口コミは、下記となります。

自分にはできないと思っていたプログラミングが仕事になり、新たな自分の発見になったと思います。
またラーメン屋では昼夜が逆転するようなこともあったのですが、転職してからは安定して働くことができるようになりました。
引用:DMM WEBCAMP公式サイト

最初は、経理の職種でも転職活動をしていました。
面接も何社か行ったのですが、なんか全然ワクワクしなくて、転職してもまた同じ状況になると感じたんです。
様々な業界を見ていく中で、IT企業が掲げているビジョンにワクワクして「未来が変わるんじゃないか」って思ったんです。
自分が今まで「繰り返しの業務」だったので、それとは逆の「日々変わっていくIT業界の企業、仕事」に惹かれました。
引用:DMM WEBCAMP公式サイト

無料カウンセリングが1時間30分あったんですけど、その時間内でもすごい熱意があるスクールだなっていうのが伝わってきて、そこに魅了されたというか。ここなら大丈夫だなっていう気持ちになったのが理由です。
引用:DMM WEBCAMP公式サイト

DMM WEBCAMPは実際の学習を体験できる、無料体験を実施しています。

詳細が気になったり疑問点がある方も、まずは公式サイトにて無料体験に申し込みましょう。

DMM WEBCAMP 公式サイト:https://web-camp.io/commit/

あわせて読みたい

侍エンジニア

侍エンジニアのバナー画像引用:侍エンジニア公式サイト

侍エンジニアの概要

特徴 ・挫折しないプログラミングスクールNo. 1(※)
・全てのコースで質問できる環境を提供
・専属のマンツーマンによる徹底指導
料金 教養コース4週間プラン:一括66,000円(税込)
入学金:9,9000円(税込)

※(全国の20代〜50代の男女1021名対象)
(参考:侍エンジニア公式サイト

実際に侍エンジニアを受講した方の口コミは、下記となります。

凝り性だったので、理想通りにいかないと何時間も詰まってしまっていたりしたんですが、インストラクターさんに、「完璧を求めないことはとても重要だよ」と言われ、それ以来「とにかく形にする」というところを目標にして制作に力を入れました。インストラクターさんがいてくれたおかげで気づけたので、とても助かりました。
引用:侍エンジニア公式サイト

転職のサポートの時、前職の残業時間のこととかも考慮してくれて、働きやすい企業を探してくれました。「こうしなきゃだめ」とか「希望に合わないけどこっちのほうがいい」みたいな押し付け感もなくて、本当に僕のことを考えて選んでくれた感じがして嬉しかったです。
引用:侍エンジニア公式サイト

対面でのレッスンだったので、環境構築とか案件とかも、一緒に作業をしたりしながら指導してくれました。教えてもらうというより、共同作業している感覚でした。対面ならではの「実際の仕事の様子が見れる」というのも良かったです。
引用:侍エンジニア公式サイト

プログラミング学習のイメージがしにくい方でも、無料カウンセリングを活用すれば、気軽に相談でき、イメージが膨らむでしょう。

侍エンジニアの無料カウンセリングは、参加特典として学習メソッドも受け取れるので、ぜひ利用してみましょう。

侍エンジニアの公式サイトから、無料カウンセリングに予約申請が可能です。

侍エンジニア公式サイト:https://lp.sejuku.net/portal/

あわせて読みたい

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプのバナー画像引用:ポテパンキャンプ公式サイト

ポテパンキャンプの概要

特徴 ・Webエンジニアの輩出No. 1の実績(※1)
・Web系開発企業への内定率100%(※2)
・約1,000回の改良を重ねたオリジナルカリキュラム
料金 受講料金:440,000円(税込)

※1(プログラミングスクール10社を対象にしたサイト比較イメージ調査)
※2(参考ポテパンキャンプ公式サイト

実際にポテパンキャンプを受講した方の口コミは、下記となります。

カリキュラムを進める中で質問があった時に、すぐに回答をもらえたのが助かりました。 またプログラミングスクールに求めていたのが効率的に成長できるロードマップだったので、ここまでやれば転職可能性が高くなりますという基準があってよかったです。それがあるから日々頑張ることができました。 プルリクベースの開発フローを実戦に近いかたちで学ぶこともできました。
引用:ポテパンキャンプ公式サイト

結論から言うとすごくよかったです。 評判で聞いていた通り、カリキュラムは難しかったですが現役のエンジニアさんから現場目線で細かいレビューをもらえたので一つ一つ課題をこなしていく中で成長実感がありました。 また内定して企業の選考の際に評価いただいたのが、Gitを使ったプルリクベースの開発フローを経験していた点です。これは独学ではなかなか学ぶ機会がなかったと思うのでポテパンキャンプを通して実践形式で学ぶことができてよかったです。
引用:ポテパンキャンプ公式サイト

ポテパンキャンプのカリキュラムは、自分としては簡単すぎず難しすぎずといった感じでした。現役エンジニアさんからのレビューでは、自分の意識外のところを指摘いただくことが多く新たな発見があってよかったです。
引用:ポテパンキャンプ公式サイト

ポテパンキャンプは、約1分程度で無料のカウンセリング申し込みが可能です。

プロのカウンセラーがコースの詳細や転職について、丁寧に説明してくれます。

プログラミング学習に興味のある方は、ぜひ公式サイトからカウンセリング予約を実施しましょう。

ポテパンキャンプ公式サイト:https://camp.potepan.com/

あわせて読みたい

プログラマーは就職後も勉強は必要

プログラマーは就職前だけでなく、就職後も勉強することが必要な職業です。

なぜならプログラマーのようなIT市場は、流動性の激しい特徴があるからです。

例えばプログラマーが使うプログラミング言語は年々増えており、より最新の言語スキルの習得が望ましいです。

またITインフラも、数十年前はオンプレミスが主流でした。

オンプレミスとは、システムの構築から運用まで自社で行う形態を指します。

しかし近年は、費用の高さや導入期間、セキュリティ面を考慮し、クラウドに移行している企業が多いです。

このように数年前のスキルが、通用しなくなるかもしれないのがプログラマーのようなIT業界なのです。

そのためプログラマーは、現状のノウハウやスキルに満足することなく、常にトレンドを追い求められます。

プログラマーとして勉強し続けたときのキャリアパス

プログラマーとして、勉強し続けたときのキャリアパスを4つ紹介します。

プログラマーのキャリアパス

  • データベースエンジニア
  • インフラエンジニア
  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

プログラマーを目指す方の中には、就職後の昇進も視野に入れている方も多いはずです。

ここからは、具体的にそれぞれのキャリアパスについて確認しましょう。

データベースエンジニア

プログラマーとして勉強し続けたときのキャリアパス1つ目は、データベースエンジニアです。

データベースとはWeb上の飛び交う情報を、整理した集まりのことを指します。

例えば、電話帳や商品の一覧、ユーザー情報などが代表的なデータベースです。

データベースエンジニアの概要

特徴 ・データベースの開発や設計、運用、管理まで行う
習得すべきプログラミング言語 ・Python
・Java
・PHP
・SQL
・コマンドライン

データベースエンジニアは、専門性が高い職業の1つです。

そのためプログラマーとして就職し、実務経験を重ねることで目指せます。

また「オラクルマスター」や「データベーススペシャリスト」などの、専門性に長けたスキルの取得も重要です。

インフラエンジニア

プログラマーとして勉強し続けたときのキャリアパス2つ目は、インフラエンジニアです。

インフラとはサーバーや通信回線、パソコンを構築するなどの運用体制を指します。

インフラエンジニアの概要

特徴 ・IT基盤の設計や運用、構築
習得すべきプログラミング言語 ・Python
・Ruby
・Shell
・TTL
・BAT

インフラエンジニアになるためには、サーバーやネットワークの知識を増やすことを意識しましょう。

またシステム障害に対応できるようなスキルも必須なので、プログラマーとして経験を積むことが大切です。

システムエンジニア

プログラマーとして勉強し続けたときのキャリアパス3つ目は、システムエンジニアです。

プログラマーは仕様書をもとにコードを書くことが、メイン業務です。

一方でシステムエンジニアは、仕様書を作成したり要件定義したりなど、プログラマーの上流工程に位置します。

システムエンジニアの概要

特徴 ・クライアントの要望ヒアリング
・コードを書くための仕様書作りをする
・プログラマーの上流工程で仕事をする
習得すべきプログラミング言語 ・C言語
・Java
・JavaScript
・Python
・Swift
・PHP

システムエンジニアは、未経験で仕事に従事することが難しい職業です。

プログラマーとして設計業務などのスキルを身に付け、経験を積むことで目指せるでしょう。

プロジェクトマネージャー

プログラマーとして勉強し続けたときのキャリアパス4つ目は、プロジェクトマネージャーです。

プロジェクトマネージャーやPMとも呼ばれ、システムエンジニアやプログラマーの上流工程を担う職業です。

プロジェクトマネージャーの概要

特徴 ・プロジェクトチームの編成
・プロジェクトの推進・管理
・チームのマネジメント
習得すべきプログラミング言語 ・Ruby
・java
・Python

基本的にプロジェクトマネージャーは、コードを打つことがありません。

しかし多くのエンジニアをマネジメントする役割があるので、さまざまな言語の知識やスキルが必須です。

システムエンジニアとして経験を積むことで、プロジェクトマネージャーを目指せるでしょう。

プログラマーを目指して日々の勉強に励もう!

今回はプログラマーの魅力や勉強法、プログラマー就職のためのコツなどを紹介しました。

プログラマーは他の仕事にはない、さまざまな魅力があります。

プログラマーの魅力

  • 将来性がある
  • 比較的年収が高い
  • 手に職をつけられる

しかしプログラマーは未経験で就職することが難しく、勉強方法やポイントを押さえる必要があります。

プログラマーの勉強

勉強すべきこと ・ポートフォリオを制作する
・IT業界のノウハウを増やす
・プログラミングスキルを磨く
・コミュニケーション能力を高める
・プログラミング資格の取得を目指す
勉強方法 ・スクールに通う
・学習サイトを活用する
・大学や専門学校で学習する
・バイトやインターンを始める
勉強のコツ ・インプットとアウトプットを繰り返す
・少しでも毎日プログラミング言語に触れる
・明確な目標や就職先候補を決める

プログラマーは未経験での就職が難しい反面、自分の努力や勉強次第では目指せる職業です。

今回紹介した内容を参考に、ぜひプログラマーを目指して、日々の勉強に注力しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる