【ドイツ語勉強法】初心者が半年で中級に!おすすめ独学法や参考書を紹介

「ドイツ語がカッコイイから身につけたい!」
「英語もままならないけど、ドイツ語にチャレンジしたい!」

この記事では出来るだけ早くドイツ語を覚えたい人のために、おすすめの教材や勉強の段取りをご紹介いたします。
またドイツ語技能検定試験についても細かく解説しているので、興味のある方はぜひ参考にして下さいね!

また本記事ではドイツ語の勉強法の中で、おすすめスクールも紹介しています。

「でもいきなりスクールに入るのは、ハードルが高いよ…」という方には無料カウンセリングも、おすすめ。
独学希望の人でもカウンセリングや体験授業では、今後どのように学習を進めればいいかのヒントを得られます

特に初心者の方にとって、あまり触れる機会のないドイツ語学習において無料体験は効果的です!

ベルリッツは強引な勧誘などは一切ない、優良スクールです。

ベルリッツ

〇簡単なテストで、今の自分のドイツ語レベルを細かく分析
〇体験レッスンでも教育プロの講師が、楽しく様々なレベルのドイツ語会話をしてくれます。

厳しい研修や面接から厳選されたプロの講師がハイクオリティなレッスンを楽しく実施します。
オンライン・通学のどちらも選択が可能で、忙しい人でも通いやすいのも大きいポイント。
低料金のコースから、留学にも劣らないガッツリ学習できるコースまで幅広いです。

Berlitzの公式サイトはこちら

目次

初心者が知っておきたいドイツ語勉強の基礎知識

ドイツ語を勉強する前に、初心者が知っておきたい基礎知識は以下の3点です。

  • 英語とドイツ語の単語は似ている
  • 文法は英語よりも複雑と言われている
  • 中級までの学習時間は約150時間~260時間

1つずつ、解説します。

英語とドイツ語の単語は似ている

英語とドイツ語は、どちらも『ゲルマン語派』のグループに属すると言われています。

つまり英語とドイツ語は同じグループなので、似ている単語がとても多いのです。

例えば英語の【House(ハウス)】は、ドイツ語でも同じく【Haus(ハウス)】と発音します。

中には発音は違えど、同じ綴りで書く単語も。

英語の【Name(ネーム)】は、ドイツ語でも【Name(ナーメ)】と書きます。

他にも英語と似たような単語が、たくさんあります。

文法は英語よりも複雑と言われている

似ている単語が多い英語とドイツ語ですが、文法は全く別物と考えた方が良いでしょう。

1番の違いは、動詞の扱い方です。

ドイツ語文法では、主語によって動詞の形が変化します。

さらに動詞の位置にも厳格なルールがあり、初心者が苦労するポイントです。

最初は大変ですが、ルールは規則的です。

初心者の段階は、まず動詞のルールをしっかり覚えていきましょう。

中級までの学習時間は約150時間~260時間

初級レベル(A2)を取得するまでの学習時間は、約150時間~260時間ほど必要と言われています。

A2とは自分の出身地や学歴について、簡単に説明できるくらいのレベルです。
(参考:Goethe-Institut)

上記の例はドイツ政府が認定している教育機関、『ゲーテ・インスティテュート』が公式に発表しているデータです。

6ヶ月後に中級レベルをスタートしようと思うと、最低150時間が必要です。

1ヶ月に25時間以上ドイツ語の学習時間が確保できれば、中級レベルに到達できるようになるでしょう。

しかし今述べたドイツ語の習得に必要な勉強時間は、ボーっとしている時間を含まない中身の伴った時間の目安です。

勉強机に座っているだけでは学習とは言えないので、そのような場合は強制的に学習できるスクールに通うのも1つの方法です。

【ドイツ語勉強法】初心者が効率良く勉強する方法

ドイツ語を効率よく勉強する方法として、以下の3点が挙げられます。

  • ドイツ語のレベルを知る
  • 目標を立てる
  • 学習計画を立てる

1つずつ、解説します。

ドイツ語のレベルを知る

日本で受験できるドイツ語試験は、主に以下の2種類です。

  • 『GOETHE-ZERTIFIKAT』:ドイツ政府認定機関による試験
  • 『ドイツ語技能検定試験(独検)』:ドイツ語学文学振興協会による試験

『GOETHE-ZERTIFIKAT』は、世界中で行われている共通の試験です。

一方で『独検』は、日本人のドイツ語学習者に向けて開催されています。

世界基準の『GOETHE-ZERTIFIKAT』レベルについて、表でまとめました。

レベル できること
A1
  • 日常でよく使われる表現や簡単な文を理解し、活用できる
  • 相手がゆっくりと明確に発音すれば、簡単な言葉でコミュニケーションができる
A2
  • 日常でよく使われる文や表現を理解し、使いこなせる
  • 単純な状況でコミュニケーションでき、日常的になじみのあるテーマについて情報交換できる
B1
  • ドイツ語圏を旅行する時に出会う、ほぼすべての状況に対応できる
  • 身近なテーマや興味のある領域について、簡単な表現でまとまった内容を伝えられる
B2
  • 具体的、あるいは抽象的なテーマに関する複雑な文の主な内容を理解し、自分の専門領域では専門的な議論も理解できる
  • 自然に、滑らかに意思を伝え、ドイツ語を母語とする人と、互いにとくに苦労することなく普通に会話できる
C1
  • 言葉を探しているという印象を与えずに、自然に、滑らかに話せる
  • 複雑な事柄について、明確に、きちんと文章を構成して、詳しく述べられる
C2
  • ドイツ語で読んだり聞いたりすることを、実質上すべて、即座に理解できる
  • 自然に極めて流暢に話し、複雑な事柄においても細かいニュアンスを明確に表現できる

(参考:ゲーテ・インスティテュート)

日本人向けの『独検』と『GOETHE-ZERTIFIKAT』のレベル対比表も、確認しておきましょう。

独検 各級の程度 GOETHE-ZERTIFIKAT
5級 日常生活でよく使われる簡単な表現や文が運用できる A1/1
4級 初歩的な文法規則を使って日常生活に必要な表現や文が運用できる A1/2
3級 初級文法の知識を使い、簡単な会話や文章が理解できる A2
2級 日常生活に必要な会話や社会生活で出会う文章が理解できる B1
準1級 ドイツ語圏の国々における生活に対応できる標準的なドイツ語を、十分に身につけている B2
1級 標準的なドイツ語を不自由なく使え、専門的なテーマに関して書かれた文章を理解し、口頭で意見を述べられる C2/C1

(参考:ドイツ語技能検定試験)

初心者の人は自分がどのレベルになりたいか、表を参考に考えてみてください。

大学進学を目指す場合、B2以上を目標とする人が多く見受けられます。

目標を立てる

ドイツ語学習において、目標を決めることはとても大切なことです。

自分がドイツ語を使って、どのレベルに達したいか具体的にイメージしてみましょう。

例えば、以下の様な目標が挙げられます。

  • ドイツ語圏の大学に通いたい
  • 将来はドイツ語に携わる仕事をしたい
  • 旅行に行って、現地の人と話せるようになりたい

自分のレベルに合わせた検定に向けて、ドイツ語を勉強するのも1つの方法です。

試験・検定などの明確な目標があると、達成するためのモチベーションに繋がるからです。

学習計画を立てる

目標を決めたら、学習計画を立てましょう。

ゼロからドイツ語を始める初心者の人は、独検5級から目指すことをおすすめします。

なぜならGOETHE-ZERTIFIKATの試験では、口頭試験や記述試験も含まれ、少し難易度が高いからです。

一方で独検5級は筆記試験と聞き取り試験のみなので、初心者の人でも挑戦しやすい検定であると言えるでしょう。

独検5級では、以下のような能力が必要です。

挨拶の表現が適切に使える。自分や他人を簡単に紹介することができる。
広告やパンフレットなどの短い文の中心的な内容が理解できる。
必要に応じて簡単な数字やキーワードを書き取ることができる。

(引用:ドイツ語技能検定試験)

また学習時間や語彙数の目安は、以下の通りです。

  • ドイツ語の授業を約30時間以上受講しているか、同程度の学習経験をしている
  • 語彙:550語

上記の情報を参考に、試験日から逆算して学習計画を立ててみましょう。

ライフスタイルに合った勉強時間、勉強法を取り入れてみてくださいね。

初心者におすすめのドイツ語勉強法3選

初心者におすすめのドイツ語勉強法は、以下の3種類です。

  • 独学で勉強する
  • スクールに通って勉強する
  • インターネットを利用して勉強する

1つずつ、解説します。

1. 独学で勉強する

「自分で計画して実行するのが楽しい」という人には、独学をおすすめします。

独学最大の特徴は、自分のペースで勉強できるところ。

参考書なども自分で選べ、学習範囲なども管理できます。

とはいえ継続が難しく、挫折してしまう人も多いのが現実。

独学がしんどいと思った時は、以下の項目で紹介している初心者が独学で成功するコツを参考にしてみてください。

2. スクールに通って勉強する

スクールは一人ひとりの課題に合わせたアドバイスやサポートを受けられるのが、大きな強みです。

「1人で学ぶより、誰かと一緒に頑張りたい」という人にも、スクールをおすすめします。

スクール最大の特徴は、他の人との関係を築きながらドイツ語を勉強できるところ。

マンツーマンレッスンの場合、プロの講師に学習進捗などを相談できます。

グループレッスンだと同じ目標を持って勉強できるので、モチベーションの維持にも繋がりますよ。

こういった「分からないことがあった時に頼る相手がいる」という環境は、語学習得に非常に影響します。

実際に語学学習(英語)に関する意識調査では、以下のような結果が出ています。


引用:PR TIMES『英語学習の挫折に関する実態調査』

また同調査では独学で挫折する時期で最も多いのは、学習を始めて3ヶ月経過した頃ということがわかりました。

始める前や直後はやる気に満ち溢れ、独学を楽しく進められるでしょう。
しかし上記のような課題から徐々に学習にかける時間が減り、せっかくの有益なスキルを習得する機会を逃してしまいます。

この記事では、おすすめのスクールもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

今すぐおすすめのスクールを見たい人はコチラ

3. インターネットを利用して勉強する

独学やスクールで勉強しつつ、予備教材としてインターネットコンテンツを活用しましょう。

近年では英語だけでなく、様々なドイツ語教材が提供されています。

参考書とは違った角度から情報が入ることで、より理解が深まるかもしれません。

今回ご紹介するインターネットコンテンツは全て無料なので、気になる人はぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめのドイツ語サイトはコチラ

おすすめのYouTubeチャンネルはコチラ

おすすめのアプリはコチラ

【ドイツ語勉強法】初心者が独学で成功するコツ

初心者の人が独学で成功するコツを、分野別にご紹介します。

単語の勉強法

初心者の人は、自分の興味・関心がある分野の単語から勉強を始めましょう

基礎単語も大事ですが、覚えなくてはいけない単語は参考書にたくさん載っています。

挫折しないためにも、興味のある単語を覚えることから挑戦してみてください。

自分だけのオリジナル単語帳を作れば、自己紹介の時にも役立ちます。

始めから検定対策をしたい人には、以下の本をおすすめします。

参考にしてみてください。

文法の勉強法

ドイツ語文法を身に付けるためには、何度も繰り返して問題を解くことが重要です。

動詞の変化など覚えることはたくさんありますが、ドイツ語にはルールが決められています。

何回も繰り返すことで「この主語にはこの変化」と、自然に文法を覚えられるようになりますよ。

以下の項目では文章を何回も書いて文法の定着を目指せる、おすすめの参考書をご紹介しています。

リスニングの勉強法

音声を聞きながら、テキストを追える教材を準備することをおすすめします。

なぜなら単語の発音を正しく理解して、聞き取れないと会話が成立しないからです。

まずはドイツ語を話している音声を、正確に理解できることを目標にしましょう。

テキストを見ずに理解しようとすると、意味も発音も分からずに挫折してしまう可能性があります。

以下の項目では、スクリプトと音声がセットになった参考書をご紹介しています。

参考にしてみてくださいね。

会話・筆記の勉強法

会話や筆記を勉強するには、ネイティブにチェックしてもらう環境を用意しましょう。

おすすめは『HelloTalk』という、言語交換アプリです。

ドイツ語を勉強したい日本人と、日本語を勉強したいドイツ語圏の人を繋げてくれる仕組みです。

お互いの言語に磨きをかけるための、パートナーを探せます。

ネイティブに自分の発音や文章をチェックしてもらえると、自信にも繋がります。

以下の項目で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【独学の挫折率は高い】挫折しそうな時は

分野別に勉強法のコツをご紹介しましたが、独学を続けるのは中々大変です。

仮に「毎日1時間勉強しよう」と決めても、その日の体調や気分で勉強できないことも、よくあるでしょう。
そんな時は無理せず、1ページだけ参考書を読んで終わるなど、勉強量を調節してみましょう。

それでもモチベーションが上がらない場合は、やはりスクールを利用するのもおすすめです。
なぜなら独学で生じる以下のような懸念点を、払拭できるからです。

独学する場合の懸念点

  • ドイツ語の習得までに時間がかかる可能性
  • ネイティブのような自然なドイツ語を習得できない可能性
  • 正しいと思って覚えた内容が間違っている可能性

ドイツ語は「習得難易度の高い言語ランキング」でも、基本的に上位にランキング入りする言語です。
そのためドイツ語学習の仕方を理解できたとしても、実際1人で取り組むとモチベーションの継続が困難でしょう。

特に言語習得は様々な場面で大きなメリットとなり、今後のキャリアにも大きくかかわります。
せっかくドイツ語の習得を決意したにもかかわらず、挫折してしまうのは本当にもったいです。

「でもスクールって高そうだし、通い続けるのがめんどくさい」
上記のように考える方もいっらっしゃるでしょう。

しかし実際スクールの費用や受講期間に対して、以下のような方法もよく用いられます。

  • 最初の基礎固めの短期間だけスクールに通い、その後すぐ独学に切り替える
  • 月額制や単発で受講できるスクールに通う

自分が目標としているレベルまで通うと決めれば、ダラダラと通い続ける必要はなくなります。
基礎だけスクールで固めれば基盤ができるため、その後は独学でも正しいドイツ語を学びやすいです。

スクールによっては1レッスンが500円前後のコースを用意しているところも、あります。
忙しくて続けられないかもしれないと考えている人は、オンラインコースを検討してみるのも1つの方法です。

また無料体験レッスンを利用して語学学習のポイントや、今後の方向性を決めるのも効果的です。
日本でドイツ語を学習できるサービスはまだまだ少ないので、こういった無料体験は貴重な体験になるでしょう。

今すぐおすすめのスクールを見たい人はコチラ

【ドイツ語勉強法】おすすめのスクール

ドイツ語を習得にあたり非常におすすめなのは、以下のスクールです。

Berlitz(ベルリッツ)

引用:ベルリッツ公式サイト

レベル 初級~上級
こんな人におすすめ マンツーマンでのレッスンを希望する人

ベルリッツの特徴は、レッスン時に使う言語はドイツ語のみというところ。

半強制的にドイツ語しか使えない環境なので、ぐんぐんドイツ語を吸収できます。

もちろん講師はベルリッツの厳しい試験に合格した教育のプロなので、ご安心ください。

ドイツ語しか使えなくても生徒の様子を配慮しながら、丁寧に教えてくれます。

受講料は高いと感じる方もいるかもしれませんが、生活費も別途でかかる留学よりもコスパは良いです。

レッスン料金の例は、以下の通りです。

料金 約6,000円台~(税込)/回
レッスン時間 1回40分

※入会金など別途費用が必要(参考:ベルリッツ公式サイト)

「本気でドイツ語を学んで、ネイティブのようにドイツ語を話したい!」という方におすすめの、質のいいスクールです。

学習カウンセラーのサポートもあり、学習進捗を相談できるのも安心できるポイント。

無料体験もできるので、気になる人はぜひカウンセリングとレッスンを試してみてくださいね。

ECC外語学院 ドイツ語コース

引用:ECC外語学院公式サイト

レベル 初心者
こんな人におすすめ 何から手をつければいいかわからない人

ECC外語学院の特徴は受講者がドイツ語の適性があるかなど、初心者に寄り添ったサポートをするところです。

きちんと声に出して発音しながら、少人数の生徒同士でもコミュニケーションをとっていきます。

レッスン料金の例は、以下の通りです。(どちらも別途で教材費などが必要です。)

月払いコース

料金 9,268円(税込)/1ヶ月
レッスン時間 週1回、1回50分(全40回)

ドイツ語2ヶ月集中トライアルスレッスン

料金 33,000円(税込)/2ヶ月
レッスン時間 週1回、1回75分(全6回)

(※教材費など別途費用が必要)

マンツーマンレッスンもあるので気になる人は、公式サイトを確認してみましょう。

レッスン以外の交流会なども定期的に開催しており、同じコミュニティの人との接触回数を増やせます。

クラスレッスン内、外で主体性を育てることも意識しているので、コミュニケーションスキルも向上するでしょう。

 

NOVA


引用:駅前留学NOVA公式サイト

レベル 初級~上級
こんな人におすすめ 授業日・授業スタイルなど自由にカスタマイズしたい人

NOVAの特徴は入会金が全コース一切かからないため、すぐに受講できるところです。

講師は全員厳選されたドイツ人講師で、レッスン日も講師も自由に選択できます。
そのため気に入った講師がいればその講師に固定でき、気分によっては講師を変えられるのです。

レッスン料金の例は、以下の通りです。

料金 12,200円(税込)※/月4回
レッスン時間 1回40分(グループレッスン)

※月会費込み

またコースの中でマンツーマンレッスンと、グループレッスンのどちらも受講できるのもポイント。
グループレッスン3回分で、マンツーマンレッスンを1回受講できます。

マンツーマンレッスン・グループレッスンの組み合わせ例

【グループレッスン月4回コース(12,200円(税込))の場合】
グループレッスン1回とマンツーマンレッスン1回

【グループレッスン月8回コース(22,000(税込))の場合】
グループレッスン2回とマンツーマンレッスン2回

NOVAはオンライン・オフラインどちらも対応しており、講師は明るくて優しい人ばかりです。

無料体験もできるので、気になる人はぜひカウンセリングとレッスンを試してみてくださいね。

Goethe-Institut(ゲーテ・インスティテュート)

引用:ゲーテ・インスティテュート

レベル 初級~上級
こんな人におすすめ 現地での留学や就職を考えている人

ゲーテ・インスティテュートの特徴は、まるで留学のような気分を味わえるところ。

基本的にドイツ語でレッスンが進められるので、初心者から単語や発音に早く慣れられます。

レッスン料金の例は、以下の通りです。

通学制クラスレッスン

料金 スタンダード8

82,000円(税込)/8週間

レッスン時間 週2回、1回3時間

オンラインクラスレッスン

料金 エクステンシヴ8・オンライン

67,000円(税込)/8週間

レッスン時間 週6~7時間

※A1.1~A2.2コースの場合

(参考:ゲーテ・インスティテュート東京校)

通学教室は、東京・大阪・京都で展開しています。

クラスレッスンでは受講生同士の繋がりを持てるので、モチベーションの維持にも繋がりますよ。

Vollmond(フォルモント)

引用:フォルモント

レベル ゼロから始める初級~上級
こんな人におすすめ 日本人講師から習いたい人

フォルモントの特徴は、全てのレッスンがオンラインで完結するところ。

プライベートレッスンから少人数レッスンまで、幅広い内容のレッスンを展開しています。

レッスン料金の例は、以下の通りです。

プライベートレッスン

料金 1500円(税込)前後/30分

※講師により異なる

レッスン時間 30分・60分・90分から選択

少人数レッスン

料金 ゼロからドイツ語文法クラス

16,500円(税込)/全8回

レッスン時間 週1回、1時間

(参考:Vollmond)※提供レッスンは、時期により異なる。

上記でご紹介したコース以外にも、会話コースやテキストコースも選択可能です。

自分の目的に合わせて、レッスンをカスタマイズできます。

【ドイツ語勉強法】おすすめの本

ドイツ語の勉強に役立つ、おすすめの本(参考書)は以下の通りです。

  • ゼロから始める初心者『オールカラー 基礎から学べる はじめてのドイツ語文法』
  • 単語『新・独検合格 単語+熟語1800』
  • 文法『しっかり身につくドイツ語トレーニングブック』
  • リスニング『耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング』
  • 会話『気持ちが伝わる! ドイツ語リアルフレーズBOOK』

1つずつ、ご紹介します。

ゼロから始める初心者『オールカラー 基礎から学べる はじめてのドイツ語文法』

引用:Amazon

レベル 初級
こんな人におすすめ いつでも見返せる文法書を手元に置いておきたい人

この本の最大の特徴は、フルカラーで情報が見やすくまとめられているところ。

初級から中級の文法を中心に、図解も交えて解説されています。

練習問題もついているので、知識の定着にも役立ちますよ。

分からないことが出てきたときにいつでも見返せるよう、手元に置いておきたい1冊です。

単語『新・独検合格 単語+熟語1800』

引用:Amazon

レベル 初級~中級
こんな人におすすめ 検定に出てくる単語を、漏れなく学びたい人

この本の最大の特徴は、基礎的な単語を網羅的に学べるところ。

単語が名詞や動詞別に整理されており、独検のレベルごとに紹介されています。

巻末には生活に必要な単語がグループごとにまとめられており、自分に必要な単語をすぐに探せるのも嬉しいポイント。

これからドイツ語圏で生活する人にとっても、役立つ単語や熟語を学べます。

文法『しっかり身につくドイツ語トレーニングブック』

引用:Amazon

レベル 初級~中級
こんな人におすすめ 基礎文法をできるだけ早く固めたい人

この本の最大の特徴は練習問題が多く、文法のルールを徹底的に叩き込めるところ。

399ページにも及ぶ、厚さ約2cmの文法トレーニング本です。

実際に文章を書くことで、よく間違えるところを発見できるようになります。

基礎的な文法を全て学習できるため、独学者からも人気の本です。

リスニング『耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング』

引用:Amazon

レベル 初中級~中上級
こんな人におすすめ 色んな分野のリスニング対策をしたい人

この本の最大の特徴は、少し長い文章の聞き取り練習ができるところ。

日常生活からドイツの歴史まで幅広く取り扱っており、検定のリスニング対策にも役立ちます。

ドイツ語に合わせた日本語訳も載っているので、しっかり復習もできますよ。

分からない単語は意味を調べた上で、ネイティブの発音を繰り返し聞いて覚えましょう。

会話『気持ちが伝わる! ドイツ語リアルフレーズBOOK』

引用:Amazon

レベル 中級~上級
こんな人におすすめ 自然な会話文を学びたい人

この本の最大の特徴は、教科書ではあまり使われていないフレーズを学べるところ。

文法学習を一通り終えると、ネイティブとの会話を楽しみたいですよね。

口語的な表現がたくさんちりばめられており、表現の幅がグッと広がります。

文法の解説はほぼされていないので、中級者以上の人におすすめです。

【ドイツ語勉強法】おすすめのドイツ語サイト

独学の勉強に役立つおすすめのドイツ語サイトは、以下の通りです。

  • DW Deutsch lernen
  • Deutsch perfekt

1つずつ、解説します。

DW Deutsch lernen

引用:DW Deutsch lernen

レベル 初中級~上級
こんな人におすすめ 聞き取り練習を強化したい人

DW Deutsch lernenの特徴は、動画コンテンツが豊富なところ。

動画には練習問題もついているので、理解度チェックもできます。

引用:DW Deutsch lernen

「参考書の勉強に少し飽きたなぁ」と感じた時に、気分転換に使ってみるのも1つの方法です。

自分の興味あるテーマを選べるので、飽きることなく学習できますよ。

ニュースなどの時事問題も取り扱っており、上級者からも人気のサイトです。

Deutsch perfekt

引用:Deutsch perfekt

レベル 初中級~上級
こんな人におすすめ 読解力を鍛えたい人

Deutsch perfektの特徴は、【易しい・普通・難しい】までの3段階のテキストが用意されているところ。

タイトル横にレベル表示されているため、独学の場合でも自分に合ったテキストをすぐに見つけられます。

少し難しい単語には注釈がつけられており、さらに易しいドイツ語で解説されています。

引用:Deutsch perfekt

色々な種類のテキストを読めるので、読解練習におすすめです。

【ドイツ語勉強法】おすすめのYouTube

独学でのドイツ語勉強に役立つおすすめのYouTubeチャンネルは、以下の通りです。

  • ドイツ情報YouTuberあつこGerman info-channel
  • Easy German

1つずつ、解説します。

ドイツ情報YouTuberあつこGerman info-channel

引用:YouTube

レベル 初級者
こんな人におすすめ 日本語でドイツ語を学びたい人

チャンネル最大の特徴は、これからドイツ語を始める人に向けて易しく解説しているところ。

『実践ドイツ語講座』シリーズでは日本語で解説されているため、ゼロから始める人にとって取り組みやすい内容です。

ドイツ語講座以外にも、現地の生活情報が紹介されています。

実際の暮らしが見られ、独学でも勉強に対するモチベーションも高まるチャンネルです。

Easy German

引用:YouTube

レベル 初中級~上級
こんな人におすすめ ドイツ語を英語やドイツ語で学びたい人

チャンネル最大の特徴は、動画全てにドイツ語と英語の字幕がついているところ。

英語がある程度分かる人は、内容も理解しやすいでしょう。

街角のドイツ人にインタビューをしており、色々な人の意見や考えを聞けます。

アクセントも人によって違うので、独学の際は聞き取りの練習にもなりますよ。

【ドイツ語勉強法】おすすめのアプリ

独学のドイツ語勉強に役立つアプリは、以下の通りです。

  • HelloTalk
  • NHKゴガク

1つずつ、解説します。

HelloTalk

引用:HelloTalk

レベル 初中級~上級
こんな人におすすめ 会話力、文章力を伸ばしたい人

HelloTalkの特徴は、ドイツ語ネイティブの人と言語交換ができるところ。

日本語を学びたいドイツ語ネイティブと、ドイツ語を学びたい日本人がコンタクトを取れます。

アプリ内ではお互いメッセージのやり取りができるため、ある程度単語を理解できる必要があるでしょう。

翻訳機能もあるので、分からないことがあれば独学でもすぐに調べられます。

メッセージを校閲できる機能もあり、ネイティブに文章をチェックしてもらえると、自信に繋がります。

NHKゴガク

NHKゴガク

引用:NHKゴガク

レベル 初級~中級
こんな人におすすめ 学習習慣をつけたい人

NHKゴガクの特徴は、1回15分の放送で気軽にドイツ語講座を聴けるところ。

月曜から金曜まで、『まいにちドイツ語』の初級編と応用編が放送されています。

引用:NHKゴガク

アプリをダウンロードしておくと、1週間分のストリーミング放送を聴けるのも嬉しいポイント。

平日は講座を聴いて土日は復習する、といった学習習慣をつけられるアプリです。

自分に合ったドイツ語勉強法を見つけよう

ドイツ語学習では、ルールを覚えると色々な文章に応用できるようになります。

今回の記事でご紹介した、ポイントや教材をおさらいしておきましょう。

ドイツ語スクールに通うメリット

  • 安い料金設定のスクールも増えてきているので、コスパが良い
  • 自分に合ったプランで学習を進められる
  • ドイツ語を教えるプロのため、日本人がつまずきやすい文法を知っている
  • 挫けそうなときに、講師やメンターがサポートしてくれる
  • 受講料を払うことで、ある程度無理して学習時間を作るマインドになる
  • サポートが手厚いからこそ、学習を継続できる

スクールであれば上記のように、これらの課題を払拭できます。
独学希望の人も、無料体験レッスンでドイツ語学習の方向性などを決めてみると良いでしょう。

分野別おすすめの参考書

分野 参考書名
単語 『新・独検合格 単語+熟語1800』
文法 『しっかり身につくドイツ語トレーニングブック』
リスニング 『耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング』
会話 『気持ちが伝わる! ドイツ語リアルフレーズBOOK』

レベル別おすすめの参考書

レベル 参考書名
初心者向け 『オールカラー 基礎から学べる はじめてのドイツ語文法』
中級者向け 『耳が喜ぶドイツ語 リスニング体得トレーニング』
上級者向け 『気持ちが伝わる! ドイツ語リアルフレーズBOOK』

おすすめのスクール

スクール名 こんな人におすすめ
NOVA 授業プランをライフスタイルに合わせてカスタマイズしたい人
ECC外語学院
何から始めたらいいかわからない人
ゲーテ・インスティテュート 現地での留学や就職を考えている人
ベルリッツ マンツーマンでのレッスンを希望する人
フォルモント 日本人講師から習いたい人

おすすめのサイト

サイト名 こんな人におすすめ
DW Deutsch lernen 聞き取り練習を強化したい人
Deutsch perfekt 読解力を鍛えたい人

おすすめのYouTube

チャンネル名 こんな人におすすめ
ドイツ情報YouTuberあつこ

German info-channel

日本語でドイツ語を学びたい人
Easy German ドイツ語を英語やドイツ語で学びたい人

おすすめのアプリ

アプリ名 こんな人におすすめ
HelloTalk 会話力、文章力を伸ばしたい人
NHKゴガク 毎日の学習習慣をつけたい人

目標に合わせて、自分に合った勉強法を探してみてくださいね。

ドイツ語を勉強して、夢を叶えましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる