いつか子供がほしいと思っているあなたへ
漫画で読む、「不妊」のこと漫画で読む、「不妊」のこと漫画で考える、高齢出産のリスク漫画で考える、高齢出産のリスクデータで見る、相手のカラダと仕組みデータで見る、相手のカラダと仕組み
高齢出産(35歳以上)のリスク
芸能人も多い?
35歳以降の出産
母体にも胎児にも
複数の危険がともないます

 高齢出産は「35歳から」とされています。「そのくらいなら、芸能人や周囲にもけっこういる」と思うかもしれませんが、34歳以下に比べると妊娠・出産時にさまざまなトラブルが起きやすくなるのがこの年齢です。
 高齢出産のリスクでまずあげられるのが、流産率の上昇。不妊治療をして妊娠しても35歳では20・3%、40歳では35・1%、44歳以上になると約60%が流産しているという報告があります。妊娠中も妊娠高血圧症や妊娠糖尿病などの合併症を発症しやすくなるほか、早産のリスクが上がる、帝王切開率が上がってしまう、産道が広がらず分娩が長引く等の症状が多くみられます。
 また、胎児に先天的な異常が現れるリスクが増えることも忘れてはいけません。第二子以降が高齢出産となる場合は、初産に比べればリスクは低くなりますが、染色体異常や流産については、同様の確率になります。

不妊治療における年齢と流産率

出典:日本産科婦人科学会2010年データを基に厚生労働省で作成

高齢出産のリスク
こちらも合わせてチェック 6人に1人が悩む!?漫画で読む、「不妊」のこと データで見る、相手のカラダと仕組みのこと もっと知りたい「不妊」に関する情報・Q&Aはこちらをチェック

提供:東京都 福祉保健局 少子社会対策部 家庭支援課