いつか子供がほしいと思っているあなたへ

妊娠や不妊はまだ自分には関係ないから
大丈夫と思っていませんか?
曖昧な知識だけで判断せず、
正しい情報を知ってください。
後悔しないために。

漫画で読む、「不妊」のこと漫画で読む、「不妊」のこと漫画で考える、高齢出産のリスク漫画で考える、高齢出産のリスクデータで見る、相手のカラダと仕組みデータで見る、相手のカラダと仕組み
不妊のカップルは増加傾向!
5組に1組が不妊に悩む時代
あなたは何歳で子供を
つくりたいですか?

不妊を心配している夫婦の割合は年々増加の傾向にあり、2002年は26・1%でしたが、2015年には35・0%となっています。また、実際に不妊の検査や治療を受けた・現在受けている件数も増えており、子供がいない夫婦では28・2%、子供が1人いる夫婦では25・7%となっています。
 その背景には、女性の社会進出や若年層の経済的な不安などにより、結婚する年齢が遅くなったこと。それにともない、子供を望む年齢も高齢化しているからといえます。同時に、不妊治療が広く普及して検査や治療に対するハードルが低くなったことも要因といえるでしょう。
 男女ともに年をとればとるほど、妊娠はしづらくなりますが、20代の夫婦であれば不妊は関係ないかというと、そうではありません。20〜29歳であっても29・8%が不妊の心配をしたことがあり、11・8%が検査や治療を受けているのが現状です。

不妊の心配・治療経験の割合

出典:第15回出生動向基本調査(2015)より
(国立社会保障・人口問題研究所)

カップルの1組/5組は不妊!
こちらも合わせてチェック ●歳でガクッと上がる!?漫画で考える高齢出産のリスクとは データで見る、相手のカラダと仕組みのこと もっと知りたい「不妊」に関する情報・Q&Aはこちらをチェック

提供:東京都 福祉保健局 少子社会対策部 家庭支援課