PR

みんなの“あたりまえ”を支えるシゴト。

産業や生活の基盤となる「社会インフラ」。
人々の「あたりまえ」を支えるインフラ関連の仕事は
やりがいも十分、
就職先としてとても魅力的な選択肢の1つ。

電力、ガス、水道……
身近なインフラはいろいろあるけれど、
みんなの「あたりまえ」を支える仕事って、
具体的には一体何があるんだろう……?

身のまわりを見渡してみよう

みんなの“あたりまえ”に
貢献できる仕事って?

学生が「社会インフラ」ときいて真っ先に思い浮かべるもの

※社会インフラに関するアンケート/有効回答数403件/学生の窓口調べ(2019年10月)

回答は多岐にわたり、学生の中にどうやら「社会インフラと言えばこれ!」という固定イメージはないよう。中には「思い浮かばない」「わからない」という意見も見られました。「あたりまえ」だからこそ、普段その存在を意識することが少ないということでしょうか。

もしかすると、普段あなたが
意識していないところにも
「あたりまえ」を支える仕事は
存在しているかもしれません。

想像してみよう。

あなたがいつも通る道が、整備されていなかったら?
砂利道やデコボコ道だったら?

徒歩で、自転車や自動車で。
普段わたしたちが道路を快適に通行できる「あたりまえ」は、
道路舗装のシゴトのおかげ。

身近だからこそ見落としがちな道路のこと。
この機会に考えてみませんか?

企業一覧

提供:(一社)日本道路建設業協会