フレッシャーズ マイナビスチューデント-学生のための社会人準備応援サイト

失敗談に学ぶ!貯まらない社会人座談会

社会人になれば毎月お給料が入り、生活も安定。将来のために貯蓄も……なんて考えたりもしますが、意外と社会人になってもお金は貯まらないもの!? そこで今回は、「貯めようと思っても貯められない」という社会人に集まってもらい、その理由を探るべく座談会を開催しました。

失敗談に学ぶ!貯まらない社会人座談会

写真左:岡島さん(賃貸物件で一人暮らし)、写真中:相澤さん(実家暮らし)、写真右:石垣さん(寮暮らし・今年4月から一人暮らしを予定)

給料の何日前からピンチになる?

まずは、お給料日の何日前にピンチになったり、お金がカツカツになってしまうのかを聞いてみました。
岡島さんは月に3回クレジットカードの引き落としがあるため、お給料が振り込まれても10日間ほどしかホクホクできないとのこと。相澤さんも同じように給料日から10日ほどでピンチに陥ることが多いとのことです。石垣さんは、そこまでピンチに陥ることはないものの、給料日直前になるとあまり出費はしたくない状態とのこと。状況はそれぞれですが、基本的には余裕をもって次の給料日を迎えることは少ないようですね。

今までで一番ピンチだったエピソードは?

カツカツになるタイミングはさまざまな3人ですが、次は「これまでで一番ピンチだった金欠エピソード」を聞いてみたところ……

「入院で予想外のお金が…」(岡島さん)

岡島さんの一番のピンチエピソードは、社会人2年目のときの「急な入院」にまつわるもの。当時医療保険に入っていなかったため、思った以上の請求が来てしまい親に立て替えてもらってなんとか切り抜けたそうです。ちなみに最近はご祝儀貧乏に陥っているそうで……。

「旅行先で使いすぎた!まさかの引き落とし額
が!」(相澤さん)

相澤さんは旅行先で思った以上に使いすぎた経験が何度もあるとのこと。

旅先で予想以上にクレジットカードを使い、妹に借りて(!)何とかなったそうですが、ピンチにならないようにしっかりと支出の把握はしておきたいですね。

「金欠タイミングでまさかの出費! 友人に借りるしか……」(石垣さん)

毎月そこまでピンチに陥ることはないという石垣さんですが、これまでで一番ピンチ陥ったのが恋人の両親が急に上京することになった際のエピソード。おいしいお店に招待したいと思ったものの、給料日前でお金がなく、友人にお金を借りる羽目に……。

ピンチになる原因は? 何にお金を一番使っているの?

次に、3人に「毎月何に一番お金を使っているのか」を聞いてみました。
岡島さんは洋服代、相澤さんと石垣さんは交際費に一番お金を使っているとのことですが、毎月の支出内訳はどのようになっているのでしょうか? 3人に支出の円グラフを作成してもらいました。

これを読んでいる女性の皆さんも、同じような人が多いのではないでしょうか。岡島さんの場合、洋服代にお金を掛けすぎてしまい、毎月若干のマイナスが発生するほど。年2回のボーナスでマイナス分を補てんしているようですが、いつまでうまく補てんし続けられるのかなど不安はあります。

お酒が大好きで交際相手と頻繁に飲みに行っているため、「とにかく交際費が高い!」との自覚あり。相手も同じようにお酒が好きなため、休日は食事だけで1~2万円の出費になることも……。この交際費の高さが毎月のネックとなっているようですね。

石垣さんも相澤さんと同じように「交際費」に一番お金がかかっているとのこと。実は石垣さんは若くして課長職のため、部下にごちそうすることが多く、交際費が給料の4割近くを占めるそうです。

岡島さんは財形貯蓄で毎月手取りの7.5%を貯蓄に回しており、相澤さんも結婚資金として毎月3万円を貯金しています。石垣さんは貯金という明確な形では貯めていないようですが、積立型の保険に加入。ただ、みなさん貯金はしているものの、月によってはマイナスになる月があるなど、支出の見直しが必要かもしれません。

FPに聞いた! 理想の支出内訳は?

ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに、新卒手取り平均20万円の、実家暮らしと一人暮らしの家計内訳例を聞いてみました。

実家暮らしの内訳

住居費が必要ない分、実家に入金するお金として計算。被服費、美容費は2万円ですが、初年度はある程度社会人としての洋服が必要となるためこの金額。徐々に減らしていくのが理想とのことです。数カ月貯めてご祝儀や旅行など、"使う貯蓄"である予備費も2万円は必要とのことでした。

一人暮らしの内訳

一人暮らしの方はやはり住居費が高くなっている分、貯蓄額は3万円と実家暮らしの半分に。また食費や娯楽費、あるいは貯蓄額を下げないと予備費に回すお金まで捻出することが難しくなるようですね。

「クレジットカードを一本化して管理しやすくしてみよう!」

岡島さんは財形貯蓄で先取り貯金の習慣を作っている点は素晴らしいとしながらも、引き落とし日の異なる複数のクレジットカードを利用している点を問題視。管理しやすくするために、カードは1枚など限定するのがオススメとのことです。

「どうしても減らせない支出は他でカバーする努力を!」

交際費の目安は10%程度。現状46%ですので、相当オーバーしています。とはいえ、パートナーと共通の趣味でもありますから、急に削るのは大変でしょう。その場合は、被服・美容代など、他の部分から削る努力を。一緒に暮らし始めると、パートナーとのデート代は今よりも抑えやすくなるのでは、とのことでした。

「保険内容を把握して削れる特約がないかチェック!」

石垣さんの場合は、月4万円の保険に注目。保障内容をしっかりと把握し、削れる特約があるか確認するべき、とのことです。他にも、4割もの交際費も、会社の承認を受ければ「特定支出控除」として確定申告で経費計上することができるとのアドバイスがありました。

ファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢さん

岡山県出身。1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)
CFP認定者、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー。さまざまなテレビ、ラジオ番組にアドバイザーとして出演。著書に『貯金80万円、独身の私にもできた! 自宅マンションを買って「お金の不安」に備える方法(日本実業出版社)』など。

計画的にお金を使う・貯めるためのポイント

FPのアドバイスを参考に、将来を見据えてしっかりと貯蓄に励みたいところです。それには、以下のような細かいことから意識していくことが大事です。

ATM入出金手数料は最小に抑える!

基本的には無料時間内に利用するべきですが、時には手数料が必要になる時間に利用しないといけないことも……。そうしたケースを想定し、できるだけ手数料がかからない、また手数料無料の時間が長い銀行を選びたいところです。コンビニでも入出金手数料が無料だと便利ですよね!

キャンペーンを活用しよう!

銀行によってさまざまな金利プランやキャンペーンを展開しています。その中から自分の貯蓄スタイルに合ったプランをチョイスすると、自分のペースに合わせてよりお得な貯蓄が可能です!

クレジットカードはできるだけまとめよう!

クレジットカードにも様々なものがあります。たとえば、海外旅行保険が自動で付帯されるものや(利用付帯の場合は航空券代をカードで支払う必要がある)、特定のガソリンスタンドでカードを利用するとガソリン代が割引されたりなど。自分のライフスタイルに合ったカードを見つけて、できる限り1つにまとめることにより、毎月の収支が把握しやすくなります。

農家の方以外 でも使える「JAバンク」がアツい!

※ご利用に際しては、組合員加入の為の出資が必要となる場合があります。
※法令等により一定の制限があります。

入出金手数料無料ATM ネットワークがアツい!

JAバンクのキャッシュカードなら、全国のセブン銀行、イーネットATM、ローソンATMでも平日日中の入出金手数料が無料!余計なATM入出金手数料がかからなくて済みます!

JAバンクに給振を指定するとクオカードがもらえるキャンペーンがアツい!

JAバンクで新たに給与受取口座指定をし、キャンペーンに応募した方に対して、松下奈緒さんのクオカードをプレゼント!詳細は下記キャンペーン概要をご覧ください。

JAカードで受けられる特典がアツい!

1 JAカードで新たに携帯電話料金をお支払いいただくと、三菱UFJニコスギフトカード1,000円をプレゼント
2 JAカードで新たに携帯電話のお支払いをするとポイントが最大1年間2倍に!
3 JA-SS、ホクレンSSでJAカードを利用するとガソリン代の割引が受けられる。
※一部対象とならないSSもあります。平成30年3月31日利用分まで。
4 JAカードは、持っているだけで海外旅行保険サービスが自動で受けられるから、海外旅行の際に、保険をつけ忘れる心配がありません! その他にもいろいろな特典およびサービスがあります。

JAバンクでは口座開設等の手続きをインターネットで受付けています。 詳しくはお近くのJA窓口もしくは、JAバンクホームページ(http://www.jabank.org/)でご確認ください。 ※一部利用できない県もあります。

初任給を手にする前に知っておきたい! 貯めになるお金の話

JAバンクとは

JAバンクは、JA(農業協同組合)・信連(信用農業協同組合連合会)・農林中金(農林中央金庫)で構成されるグループの名称です。JAの組合員でなくても利用することができ、全国に民間最大級の店舗数を展開しています。貯めるだけでなく、住宅・教育ローンやマイカーローンも取り扱っており、また年金の受取をお手伝いしてくれます。

マイナビ学生の窓口 フレッシャーズ広告企画/提供:JAバンク