インターンシップを就活に120%活かすための3つのポイント

学生の窓口編集部
2015/06/24
インターン
あとで読む

「就活のためにインターンシップはするべきか?」というのは就活生のよくある悩みのひとつ。就活のために絶対インターンをしなければいけないわけではありませんが、せっかくインターンシップに参加したのなら、それを就活にしっかり活かしたいもの。そのポイントを3つご紹介します。

イメージ写真

1.自分の好き・嫌い、得意・不得意に気づく

インターンでは企業や仕事についての話を聞いたり、業務を体験したりできます。その過程で自分の好き・嫌い、得意・不得意を感じられることが、就職活動で志望先を選ぶ上での大きなヒントになります。

たとえば、人に対して気を利かせてサービスをするのが好き!と感じられる人もいれば、細かいデータを分析して戦略を考えるのが得意という人もいるでしょう。逆に、イメージでは「いいな」と思っていた仕事も、実際に知ると、仕事にするより消費者として趣味にしておくほうがいいと感じることもあるのではないでしょうか。

また、グループワークによって、一緒にインターンをしたメンバーから自分の長所について聞けることもあります。なにごとも、深く関わったり客観的な視点で見てもらったりしてはじめて気づくことがあるので、就活の前にそれを体験できるメリットは大きいです。

次のページ実感をこめて語れる体験、コトバを増やす

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催